KindleUnlimitedのおすすめ本をチェック
お金

楽天Pay(ペイ)とは?楽天カードを持ってるなら使わないと損!

ども!超楽天カードマンです。

我が家は毎月楽天カードで20万円近く支払っています。

楽天カード 楽天Pay 利用明細

楽天のサービスをもっとお得に利用できないものかと日々考えております。

ところで、楽天の決済サービス「楽天ペイ」をご存知でしょうか?

楽天ペイは楽天カードを持っているのであれば使うべきお得なサービスです。

本記事では楽天ペイについて、できるだけわかりやすく紹介していきたいと思います。

楽天ペイとは

楽天ペイとは 悩む女性

楽天ペイとは簡単に言うとクレジットカードの代わりに使うスマホのアプリです。

楽天ペイは楽天Edyのようにお金をチャージして使うものではありません。

お店での支払いの時に、クレジットカードを出す代わりにスマホ(楽天ペイのアプリ)を出してクレジットカード払いをする、といった使い方をします。

あくまでもクレジットカード払いなので、従来通りクレジットカードのポイントがもらえます。

さらに楽天ペイを使うことで楽天スーパーポイントが200円につき1ポイントもらえます。つまり還元率は0.5%です。

クレジットカードで支払った場合は、当然クレジットカードのポイントしかもらえません。

一方、楽天ペイを使って支払った場合は、クレジットカードのポイントに加えて楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天ペイを使うことで単純にもらえるポイントが増える嬉しいサービスとなっています。

楽天ペイとは
  • クレジットカードの代わりに使うスマホアプリ
  • クレジットカードのポイントに加えて楽天スーパーポイント(還元率0.5%)がもらえるお得なサービス
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天ペイを使うメリット

楽天ペイとは メリット

楽天ペイを使うことで、どんな良いことがあるのでしょう?

ここでは楽天ペイを使うメリットについて整理します。

楽天ペイを使うメリットは以下の通りです。

楽天ペイを使うメリット
  • 楽天スーパーポイントが貰える
  • クレジットカードより支払いが楽で早い
  • クレジットカードを持ち歩かなくて良い
  • 期間限定ポイントを漏れなく使える

楽天スーパーポイントが貰える

先程も書きましたが、楽天ペイを使うことで楽天スーパーポイントがもらえます。

200円につき1ポイントで還元率は0.5%です。

このポイントは楽天ペイを使わずに現金やクレジットカードで支払うともらえないポイントです。

楽天ペイを使うことで貰えるポイントが単純に増えると考えるとお得でしかないですよね。

これだけでも十分なメリットと言えます。

クレジットカードより支払いが楽で早い

楽天ペイを使うことでレジでの支払いが現金支払いやクレジットカード支払いよりも楽で早くなります。

支払いのステップ比較
  現金 カード 楽天ペイ
サイフを出す サイフを出す スマホを出す
サイフからお金を出す サイフからカードを出す
店員にお金を渡す 店員にカードを渡す 店員にスマホを見せる
店員がお金を確認する 店員がカードを読み取る コードやQRコードを読み取る
店員がお釣りを用意する 暗証番号の入力やサインをする
お釣りを受取りサイフに入れる カードを受取りサイフに入れる
サイフを片付ける サイフを片付ける スマホを片付ける

上の表を見てもらうと、楽天ペイでの支払いは現金やカードでの支払いよりも支払い完了までのステップが少ないのがわかって頂けると思います。

筆者の感想としては現金やクレジットカードの場合、サイフをバッグから出すのがとても面倒で、楽天ペイであればポケットからスマホを出すだけで良いので、その点でめちゃくちゃ楽だと感じますね。

このように楽天ペイを使うと支払いが早くて楽になります。

クレジットカードを持ち歩かなくて良い

楽天ペイを使うならクレジットカードを持ち歩く必要がなくなります。

多くの人はクレジットカードを裸で持ち歩かないと思います。

普通はクレジットカードを持ち歩くと同時にサイフを持ち歩くことになると思いますが、楽天ペイで支払いをするのであれば、クレジットカードを含めサイフを持ち歩かなくて良いので手荷物が少なくて済むのが嬉しいですね。

期間限定ポイントを漏れなく使える

楽天スーパーポイントは楽天市場でしか使えないと思っていませんか?

楽天市場でしか使えないと考えると、せっかくポイントがあっても買いたいものが無ければ使い道がないわけです。

しかし楽天ペイでは、支払い時に楽天スーパーポイントを使うことができます。

例えば、楽天ペイはコンビニでも使えますが、コンビニでの支払いでも楽天スーパーポイントが使えます。

さらに嬉しいのは楽天スーパーポイントには期間限定ポイントがあります。

楽天の期間限定ポイントはいつの間にか付与されて、いつの間にか期限切れで失効していたなんてことがよくありませんか?

楽天ペイでは楽天スーパーポイントがあれば自動で使う設定もできるので、期間限定ポイントを見逃すこと無く漏れなく使うことができるのも大きなメリットです。

もらったポイントは使わないと勿体ないですからね。

楽天ペイの使い方

楽天ペイとは 使い方

次に楽天ペイの使い方について紹介します。

楽天ペイを使う流れは以下のようになります。

  1. アプリをダウンロード
  2. クレジットカードを登録する
  3. 支払いで楽天ペイを使う

アプリをダウンロード

まずは楽天ペイのアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードは以下からできます。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

クレジットカードを登録する

アプリをダウンロードしたらクレジットカードの登録をします。

楽天ペイのアプリを開いて以下の手順でクレジットカードを登録しましょう。

①画面を進めます

楽天ペイとは 使い方1

②利用をはじめる

楽天ペイとは 使い方2

③楽天にログイン

楽天ペイとは 使い方 ログイン画面

まだ楽天の会員登録をしていないのであれば、会員登録をしましょう。

>>> 楽天市場の会員登録はこちら

楽天市場で既にクレジットカードを登録していれば、それが自動で反映されます。

別のクレジットカードを使いたいのであれば「新しいカードを登録」を選びましょう。

④「新しいカードを登録」を選ぶ

楽天ペイとは 使い方 新しいカードを登録

 

 

⑤クレジットカード情報「確認・変更」をクリック

楽天ペイとは 使い方 クレジットカード情報の確認・変更

⑥国内決済or海外決済いずれかの「新規カード情報の追加」をクリック

楽天ペイとは 使い方 国内、国際カード選択普通は国内だと思います。

⑦必要事項入力し同意

楽天ペイとは 使い方 カード登録同意

これでクレジットカードの登録は完了です。

【注意】レギュラー会員の場合は楽天カードしか登録できない

クレジットカードの登録について1つ注意があります。

楽天市場でレギュラー会員の場合、クレジットカードの登録は楽天カードしかできません。

他のクレジットカードを登録したい場合はシルバー会員以上にならないといけません。

シルバー会員になる条件は以下の通り。

シルバー会員の条件
  • 楽天スーパーポイントを合計200P獲得する
  • 楽天スーパーポイントを2回獲得する

楽天カードを使って楽天市場で買い物をする場合(還元率3%)、合計約7,000円の買い物を2回に分けてするとシルバー会員になれます。

日用品などをまとめ買いするなど、無駄の無い買い物をして会員ランクを上げるのも1つの手だと思います。

支払いで楽天ペイを使う。使い方は3種類

ここまでで楽天ペイを使う準備ができました。

楽天ペイでの支払い方法は3種類あります。

  • コード表示
  • QR読み取り
  • セルフ

おすすめは「コード表示」です。

コード表示は楽天ペイに表示されるバーコードを店員さんに読み取ってもらうだけなので楽で簡単です。

次にQR読み取りです。

店員さんが提示するQRコードを楽天ペイのアプリで読み取ることで支払いが出来ますが、その後金額の入力を求められることがありますので、コード表示と比べるとやや手間がかかります。

最後のセルフはおすすめしません。

セルフで支払う場合、支払うお店を選んで、自分で金額を入力することで支払う方法です。

他2つの支払い方法に比べて時間はかかるし手間も多いので面倒くさいというのが筆者の率直な感想です。

ということで、ここではセルフの手順は割愛させて頂いて「コード表示」と「QR読取り」の2つの手順について紹介します。

コード表示

楽天ペイとは 使い方 コード表示

「コード表示」を使うには、楽天ペイのアプリを開いて「コード表示」を選びます。

コード表示を選ぶと、バーコードとQRコードが表示されるので店員さんに読み取ってもらうことで支払いは完了です。

コード表示は簡単で手間がかからないのでおすすめです。

QR読み取り

楽天ペイとは 使い方 QR読取り

「QR読み取り」を使うには、まず「QR読み取り」を選びます。

QR読み取りを選ぶと、アプリ内でカメラが起動するので店員さんが提示するQRコードを読み取ります。

次に金額入力を求められた場合は入力します(求められない場合もあります)

確認画面が表示されるので金額に間違いがないのを確認してスライドさせると支払いが完了します。

QR読み取りは金額入力を求められた場合に一手間あるのでちょっと面倒ですね。

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイとは どこのお店で使える?

楽天ペイは残念ながらどこでも使えるわけではありません。

楽天ペイで支払いができるお店は、大きくわけて店舗とオンラインショップがありますので、それぞれについて紹介しておきます。

以下を紹介します
  • 楽天ペイが使える店舗
  • 楽天ペイが使えるオンラインショップ

楽天ペイが使える店舗

楽天ペイは以下のマークのお店で使うことができます。

楽天ペイとは 使えるお店 マークこのマークのお店で楽天ペイは使えます。

楽天ペイが使える主なお店には以下のようなものがあります。

楽天ペイとは 使えるお店楽天ペイが使える主なお店

ローソンやファミリーマートなどのコンビニで使えるのは嬉しいですよね。

楽天ペイが使えるお店は、以下のページで検索することができます。

>>> 楽天ペイ: アプリ決済が使えるお店

楽天ペイが使えるオンラインショップ

楽天ペイが使えるオンラインショップには以下のようなものがあります(筆者的に嬉しいショップをピックアップしています)

  • ONWARD CROSSET
  • UNITED ARROWS LTD ONLIEN STORE
  • nano・universe online store
  • URBAN RESEARCH ONLINE STORE
  • JINS
  • SUIT SELECT ONLINE SHOP
  • ドミノ・ピザ
  • 大丸松坂屋オンラインショップ
  • 無印良品
  • DMM.com
  • FOD(フジテレビオンデマンド)
  • ニコニコポイント
  • TOHOシネマズ
  • Rakutenラクマ
  • タワーレコードオンライン

楽天ペイが使えるオンラインショップは以下のページで確認ができます。

>>> 楽天ペイが使えるサイト

楽天ペイが使えるオンラインショップには以下のようなものがあります。

  • 楽天ペイが使えるショップ
  • 楽天IDで会員登録が簡単にできるショップ
  • Rebatesを経由して購入できるショップ(ポイントがかなりお得)

Rebates(リーベイツ)は楽天の高還元率ポイントバックサービスです。

楽天ペイと併用してRebates経由で購入できるショップでは、楽天ペイやクレジットカードのポイントとは別でさらに楽天スーパーポイントがもらえてお得です。

Rebates経由の購入でもらえるポイントはほとんどのショップで2%以上と、かなりお得になっています。

楽天ペイが使えるオンラインショップの中でRebates経由での購入ができるサイトは以下のような表記になっています。

楽天ペイとは Rebates対象のショップ

>>> Rebates(リーベイツ)を詳しくみる

楽天ペイの上手な使い方

楽天ペイとは お得で上手な使い方

ここでは楽天ペイの上手な使い方を紹介したいと思います。

ポイントは以下2つ。

  • 楽天カードを登録するとポイント還元率が1.5%に。
  • 使うお店を決めておくと楽

楽天カードを登録するとポイント還元率が1.5%に!

楽天ペイを使うと楽天スーパーポイントがもらえる(還元率0.5%)と書きました。

還元率0.5%だけであれば、それほど嬉しいものではありません。

しかし、決済するクレジットカードで楽天カードを登録すると楽天スーパーポイントの還元率が1.5%になります。

楽天ペイとは 楽天カードでポイント3倍の理由
楽天カードのポイント還元率は1%です。

楽天カード決済で楽天ペイを使って1,000円の買い物をした場合、楽天ペイでの支払いにより5ポイント、楽天カード決済により10ポイントの合計15ポイントになります。

つまり楽天ペイと楽天カードを併用することで楽天スーパーポイントの還元率が1.5%となり、かなり効率的にポイントを貯めることができます。

楽天カードは年会費が永年無料で申込み時にキャンペーンで大量の楽天スーパーポイントがもらえるので、まだ持っていない人は作っておくことをおすすめしておきます。

また、楽天カードを既にお持ちで普段楽天カードを使って支払いをされているのであれば、楽天ペイを使うことでもらえる楽天スーパーポイントが単純に増えるので、ぜひ使いましょう。

>>> 楽天カード新規入会キャンペーン

使うお店を決めておくと楽

楽天ペイを使えないお店があります。

買い物をする時に、楽天ペイを使えるか使えないかをいちいち気にするのはしんどくないですか?筆者はしんどいです。

いくらポイントがもらえてお得といっても、ポイントのことを考え過ぎて神経を削られるのは以ての外だと筆者は考えています。

神経を削られることなく楽天ペイを活用したいものです。

それであれば楽天ペイを使うお店を決めてしまいましょう。

例えば筆者の場合は、コンビニに行くなら楽天ペイが使えるファミリーマートかローソンと決めています。

「必ず使わないと損!」と思ってしまうとストレスになってしまうので、使うお店を決めておくのと、あとは訪れたお店のレジで楽天ペイのマークがあるかどうかを確認して使うくらいで考えると良いと思いますよ。

楽天ペイの注意点

楽天ペイとは 注意点

楽天ペイを使うにあたり注意点も紹介しておきます。

注意点は主に以下となります。

  • 電波が届かないところでは使えない
  • 支払い金額に上限がある
  • 200円未満の支払いではポイントがもらえない
  • 使えるお店が限られている
  • 楽天ペイが使えないクレジットカードがある
  • 店舗で使う時は一括払いのみ

以下、順に紹介していきます。

電波が届かないところでは使えない

楽天ペイのアプリを使って支払いをする時に通信が発生します。

楽天ペイは電波の届かないところでは使えないので注意しましょう。

支払い金額に上限がある

楽天ペイには支払い金額に上限があります。

1回の支払いの上限金額は最大で50万円になります。

ただし、楽天会員ランクにより異なります。

あと支払いをする店舗によっても上限金額が変わります。

例えば、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラなどのコンビニでは4,000円が上限金額となっていたりします。

楽天ペイでは大きな買い物はできないと割り切ると良いかもしれませんね。

>>> 利用する金額に上限はありますか? | 楽天ペイ: よくあるご質問

200円未満の支払いではポイントがもらえない

楽天ペイを使うことで200円毎に1ポイントもらえるわけですが、200円未満の支払いをした場合は楽天スーパーポイントがもらえません。

実際に確認してみました。

ポイント確認

楽天ペイとは 200円未満はポイントがもらえない ポイント確認

楽天ペイの利用履歴

楽天ペイとは 200円未満はポイントがもらえない 利用履歴

画像「ポイント確認」を見てもらうと以下のことが読み取れます。

  • 2/23 楽天ペイ ファミリーマートで1ポイント獲得
  • 2/28 楽天ペイ ファミリーマートで1ポイント獲得

これは楽天PointClubアプリで獲得ポイントを確認した画像になりますが、ポイントの獲得は支払いの翌日になります。

つまり2/22と2/27に楽天ペイを使ってファミリーマートで200円以上400円未満の買い物をしたということがわかります。

次に画像「楽天ペイの利用履歴」を見てください。

2/22にファミリーマートで248円、2/27に同じくファミリーマートで260円の支払いをしています。

楽天PointClubでの確認と一致しますよね。

問題は2/26にファミリーマートで支払った148円です。

この分が画像「ポイント確認」にはありません。

つまり200円未満である148円の支払いにはポイントがつかないということがわかります。

さらに楽天ペイのポイント付与は支払い毎ということもわかります。

楽天カードの場合は、1ヶ月間の支払い金額の合算により獲得できるポイントが計算されます。

楽天ペイとは 楽天カードは1ヶ月分の合算でポイント付与

これで何がわかるかというと、楽天カードの場合は支払い時に小さな金額を気にしなくても良いが、楽天ペイの場合は200円以上の買い物をしないとポイント還元という意味ではメリットが無いということです。

必要なものをまとめ買いするなどの工夫をして、200円以上の買い物をするようにしましょう。

使えるお店が限られている

先程、少し触れましたが楽天ペイは使えるお店が決まっています。

どこで使えて、どこで使えないかを気にするのは意外と面倒ですよね。

筆者の場合はコンビニに行くならファミリーマートやローソンと決めておくなど、よく利用するお店だけは意識するようにしています。

楽天ペイが使えないお店であれば、クレジットカードで支払うようにしましょう。

>>> 楽天ペイ: アプリ決済が使えるお店

楽天ペイが使えないクレジットカードがある

楽天ペイを使う時にクレジットカードであれば何でも登録できるというわけではありません。

使えるクレジットカードは、楽天カード、国内で発行されたVISA、MasterCardになります。

使えるクレジットカード
  • 楽天カード
  • 国内発行のVISA
  • 国内発行のMasterCard

楽天カード以外が発行したJCBカード、American Express、Diners Club、Discover、海外で発行されたカードは使えません。

詳しくは以下のQ&Aのページを確認してみてください。

>>> 利用できるクレジットカードの種類は何ですか? | 楽天ペイ: よくあるご質問

店舗で使う時は一括払いのみ。分割払いは不可

楽天ペイでの支払いは一括払いのみになります。

分割払いにしたいような大きな金額の買い物をする時は注意しましょう。

ただし、オンラインショップでの利用では分割払いが可能です。

>>> 楽天ペイが使えるサイト

まとめ:楽天ペイとは

楽天ペイとは

楽天ペイは使えるなら使った方が絶対にお得と言えるサービスではないかと筆者は考えます。

楽天ペイを使うことによるデメリットはありません。

長くなってしまいましたが、楽天ペイについて以下にまとめておきます。

楽天ペイとは
  • 楽天ペイとはクレジットカードの代わりに使うお得なアプリ
  • 楽天カードで支払うよりポイントがもらえる
  • クレジットカードより支払いが早くて楽
  • サイフを持ち歩かなくて良くなる
  • 期間限定ポイントを漏れなく使える
  • 支払い方法は「コード表示」がおすすめ
  • 楽天カードを登録でポイント還元率1.5%!
  • 使うお店を決めるとストレスなく使える
  • 電波が届かないところでは使えない
  • 支払い金額に上限がある
  • 200円未満の買い物ではポイントがもらえない
  • 全てのお店で使えるわけではない
  • 使えないクレジットカードもある
  • 支払いは一括払いのみ

楽天ペイを使って損することはなく、メリットしかありませんので、まだ使っていないのであれば是非使ってみてください。

楽天ペイのアプリはもちろん無料でダウンロードできますので。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天ペイを使うなら楽天スーパーポイントが更にもらえる楽天カードを使いましょう。

楽天カードも年会費は永年無料ですし、お申込みでキャンペーンにより楽天スーパーポイントがもらえます。

最新のキャンペーン内容は楽天カードの公式サイトで確認してみてください。

>>> 楽天カード新規入会キャンペーン

 

楽天Edy 楽天ペイ 比較
【徹底比較】楽天Edyと楽天ペイはどっちがおすすめ?楽天が提供する2つの電子マネー「楽天Edy」と「楽天ペイ」の違いは?どっちを使う方が良い?こんな疑問について両者を比較しながら紹介します。...
ABOUT ME
Taka
Taka
会社員/娘1人/関西人/趣味:ブログ・筋トレ・ゲーム・娘との時間/ジャンルを問わず日々気付いたことを書いていくブログです。少しでもお役立ち情報を発信出来るように頑張りたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください