仮想通貨

おすすめの仮想通貨の取引所3選

ビットフライヤーに続き、コインチェックもテレビでCMを流れるようになりましたね。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の存在がメジャーになってきました。

これから仮想通貨を始めようとしている人も多いことかと思います。

 

実際に仮想通貨を始めるにあたり、どこの取引所を使うのがいいんだろうと悩むことでしょう。

ということで、ここでは僕が利用している取引所について書いてみたいと思います。

まずは販売所と取引所の違いを知る

僕が使う取引所を説明する前に、知っておいて欲しいことがあります。

どこの取引所にも「販売所」と「取引所」というものがあるということ。

言い回しがややこしいですね。

例えば、コインチェックの中には「販売所」と「取引所」があるということです。

この違いは、売買の相手が違うということです。例えばコインチェックを例に上げると以下になります。

  • 販売所 ・・・コインチェック
  • 取引所 ・・・個人

両者のメリットデメリットは以下になります。

  • 販売所 ・・・手数料が高い即時売買が可能
  • 取引所 ・・・手数料が安い売買のタイミングがややズレる

ここでは詳しくは割愛しますが、例えば、販売所ではコインチェックが所持している通貨を購入する、あるいはコインチェックへ売却するということなので、お店で売買するのと同じ感覚。

買いますと言えばすぐ売ってもらえるし、売りますと言えばすぐに買い取ってもらえる。ただし、手数料はかなり高いです。販売所(ここではコインチェック)が手数料を取っているわけですね。

一方、取引所はオークションのようなもので、いくらで買いますと宣言してもその価格で売ってくれる人がいなければ購入できない。売る時も同じ。

そういうことなので、取引所では売買のタイミングがややズレると書きました。しかしながら、全く支障がないレベルです。

したがって、販売所を利用する理由はないと言っていいでしょう。取引所を利用しましょう。

この辺は言い回しが本当にややこしいのですが、一般的に販売所ではなく取引所での売り買いのことを「板取引」と言ったりします。

 

ということで、欲しい通貨の板取引が可能な取引所を選択すべきということになりますよね。

ここまで大丈夫でしょうか?

おすすめの仮想通貨取引所3選

さて、本題のおすすめの取引所です。

取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類が違うのですが、まずは説明するより以下を見てもらう方がわかりやすいでしょう。

  コインチェック
(coincheck)
ザイフ
(Zaif)
ビットバンク
(bitbank)
BTC
ETH  
※ETH/BTCのみ
XRP    
XEM   ◯   
LTC    
※LTC/BTCのみ
BCH   ◯ 
 MONA   ◯ 

コインチェック(coincheck)ザイフ(Zaif)ビットバンク(bitbank)3社が、僕がオススメする取引所になります。もちろん、僕も実際に口座を開設しています。

そして、板取引が可能な通貨のみを整理したものが、上の表になります。

コインチェックは国内では非常に多くの通貨を取り扱っていますが、実はビットコイン以外は全て販売所による「売買」なんですね。板取引を幅広くやりたいのであれば、Zaifやbitbankの方が良いでしょう。

ちなみにbitbankではビットコインキャッシュをBCHではなくBCCと表記します。bitbankでBCHの表記がなくても混乱しないようにしてください・・。

通貨別の取引所選定

次にどの通貨をどの取引所で投資するのが良いか。

上にあげた取引所はどれも甲乙つけがたいのですが、ここでは実際に僕がどう利用しているかを書いておきたいと思います。

イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)については、Zaifで決まりでしょう。これらはZaifでのみ板取引が可能ですからね。イーサリアムについては、bitbankでも扱っていますが、日本円での取引きは不可でビットコインでの取引きのみとなります。初心者にはわかりにくいと思うので、おすすめはしません。

 

リップル(XRP)は、bitbankで。その他国内取引所も含めてリップルで板取引ができるのはbitbankだけですから、選択の余地はありませんよ。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)は、Zaifで。bitbankでも板取引が可能ですが、Zaifには何と言ってもコイン積立があります。Zaifのコイン積立とは、毎月一定額を振り込んで、その額を日割りにして毎日少しずつ選択した通貨を自動で購入していってくれるものです。メリットはドルコスト平均法での購入によるローリスク投資ができることになります。自動積立ができるのはZaifだけです。

 

ビットコイン(BTC)はcoincheckにしています。強い意味はないのですが、最初に口座開設したのがcoincheckだったし、あとは分散投資によるリクス管理にもなるかなということで。1つの口座(取引所)に多くの資産を突っ込むのは危ないですからね。

 

追記(2018年2月14日)

2018年1月26日にコインチェックで約500億円相当のネム(XEM)がハッキングされました。
2018年2月14日現在では、盗まれたネム(XEM)の保証や、その他通貨の出金の目処は立っていません。
残念ながらコインチェックの口座開設は、現状するべきではないと考えます。
ネム(XEM)やその他通貨の保証と事業継続の可能性が明確になってからの口座開設をオススメします。

 

最後にライトコイン(LTC)については、深くは考えていませんが、上記3つの取引所では板取引できるのは唯一bitbankだけだったので。

まとめ

まずは、欲しい通貨を選んでもらって、次に手数料の理由によりどこの取引所で板取引が可能かを探す。

その他取引手数料や入出金手数料を考えていくとすごく複雑になっていくし、甲乙つけ難いと思いますので、まずは板取引可能という条件から選定していくといいかもしれません。

不都合があるようなら、あとで別の取引所に送金することもできますからね。

 

というわけで、ここで書いてきたことを以下にまとめます。

  板取引可能な通貨 選定理由
coincheck BTC 使いやすく取引量が多い。
Zaif BTC,ETH,XEM,BCH,MONA  ドルコスト平均法による積立投資ができる。
bitbank BTC,ETH,XRP,LTC,BCC(BCH),MONA  CoincheckやZaifで取引きができない通貨を補う。また旬のXRPを取り扱っている。

以上、僕が主に利用している、おすすめの取引所3選と利用方法を紹介しました。

他にも購入しておきたい通貨がある場合は、他の取引所も合わせて利用すると良いと思います。

あとは、口座開設自体は無料で出来るところがほとんどなので、気になる取引所があれば利用しなくても、とりあえず口座開設だけしておくのも手かと思います。

なぜなら、口座開設には時間を要するところがほとんどです。買いたいと思った時に口座開設が出来ていなければ買い時を逃してしまうかもしれませんので。

 

ABOUT ME
Taka
30代/既婚/娘1人/夢は脱サラ。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)納得がいく人生を送れるように日々試行錯誤しています。仕事、育児、ブログなど幅広いジャンルで記事を書いています。最近は1に育児、2にブログ、3に仕事というライフバランスです。