働き方

30代の僕が不安になりながらも会社を辞める決断ができた4つの理由

私事になるのですが、以前からずっと会社を辞めることを考えていまして、先日とうとう上司に会社を辞めることを報告をしました。

僕は妻と2歳の子供の3人家族で、これから先まだまだ家族を養っていかないといけません。しかも住宅ローンも2,000万円以上は残っています。

今会社を辞めるのは如何なものかと自分自身でも思いますし、上司や同僚からも「辞めたあとどうするの?」「その歳で転職先が見つかるのか?」と不安をあおられている毎日です。

30代と決して若くはありませんし、家族もいる中で会社を辞めたいと思うことはすごく不安ですよね。

不安の理由はいろいろとあります。お金の不安や再就職出来るかどうかの不安、また新しい環境で一から出発になる不安・・・本当にいろいろと不安です。

「そんなに不安だったら辞めなきゃいいでしょ」と言われても納得ができないから、会社を辞めることを考えているのだと思います。

そんな不安から開放されるには、きちんと気持ちの整理をつけることが大事です。今の会社を辞める理由には、必ず今の会社への不満があるはずです。

「今の会社への不満」と「会社を辞めることへの不安」、どっちが大きいのかを天秤にかけてみるんです。

会社を辞める不安の方が大きい、と思うようであれば辞めることを踏みとどまれば良いと思います。でも、それでも会社への不満の方が大きいようであれば辞める決断をすれば良いのです。

本記事では、会社を辞める不安から開放される為に「これなら辞めた方がマシ」と納得できた辞める決断ができた理由について紹介していきたいと思います。

この記事を読んでいるあなたは、今は漠然と会社を辞めたいと思っているかもしれませんが、会社を辞めたい気持ちはすごく強いはずです。僕も同じですが、僕は家族も住宅ローンも持っています。その僕が会社を辞める決断できたのですから、きっとあなたにも出来るはずです。

本記事を読んでもらって「たしかにそれなら辞めた方がマシだ」と、あなたが感じている会社を辞めることへの不安を少しでも和らげられたら幸いです。

その1:社内で足の引っ張り合いをする環境から開放される

落ちる

うちの事務所は雰囲気があまり良くありません。険悪な雰囲気とかそういうことではなくて、あまりにも仕事に対する関心が無いように見えてしまいました。

僕は毎年ある時期になると、頭がおかしくなりそうなほどに僕が担当する仕事で忙しくなります。これを書いている今もまさにそんな状態です。

でも事務所の周りの人達を見ているとどうでしょう。いつもと変わらぬ調子で仕事をしている人が多く見えます。

僕は彼らから「手伝おうか?」と声をかけてもらえないことに不満を持っているわけではありません。そういうことは必要に応じて自ら調整していくものだと思っているからです。

ただし、最近は人手不足という理由もあり僕の力ではどうすることも出来なかったので上司に相談をしてみたのですが、まぁ予想通り何も変わることはありませんでした。

他所の事務所から応援をもらうとか、そういった動きがあるわけでもなく軽く流されていたわけで、とにかく1人で耐えるしかありませんでした。

そして、それだけでは済みません。何とか1人でやり切ろうと頑張っているところに追い打ちをかけるかのように仕事を振られるわけです。

しかも、生産性があるとは全く思えない仕事でしたし、その仕事をすべき理由を問うても「会社の施策だから」という理由しか返ってきません。

そんな対応をする上司に不満を持っていましたし、僕も余裕がなくて卑屈になり上司の指示を放っておくような対応をするようになってしまいました。

僕は何とか自分の精神状態を保つために、自分の仕事が忙しいからという理由で勝手に午後から出勤をしていたり、午前中だけ働いて午後から仕事をしない、というようなこともしていました。

ただ仕事が多忙なだけではなく、会社から腑に落ちない指示を出されたことで足の引っ張り合いをすることになり、余計な気苦労をさせられていたことが僕の会社を辞めたい気持ちを強くしていきました。

そして、会社を辞めることを上司に報告した途端に「こんなつまらないこともあと少しで終わりか」と思うようになり、すごく気が楽になったことに気付きました。

この点については、会社を辞める決断をしてしまった方が楽だということになります。

その2:「会社のルールだから」という理由だけで指示を出す上司に付き合わなくて良い

承認

僕のような末端の人間には、いろんな人を経由して最後は直属の上司から指示を出されます。

先程少し書きましたが、実際にやる僕には納得が出来ない指示も多いんです。「なぜユーザーの対応をそっちのけで、こんなことをやらないといけないんだ」と思うことが日常茶飯事です。

「何故これをやるんですか」と上司に聞いても「会社のルールだから」としか言わないわけです。

本当はこんな上司に思いっきり噛み付いていきたいと思う僕なのですが、実は上司自身も納得がいっていないことに僕は気付いているので、文句を言いたくても言えないのです。決して上司は悪くはないのです。皆もこのことには気付いていると思います。

こんな状態ですから、「絶対におかしいよね」っていう話が当たり前のように事務所の中で飛び交っています。

もはや、おかしいことをおかしいと思えない状態になっているとわかっていても仕方なく諦めるだけです。

皆これには頭を抱えていることでしょうが、だからと言っていつまでもこれに付き合ってはいられません。いつまでこんなことが続くんだろう・・・と考えるのですが「もしかしたら一生かも」と思ってしまうと、もはや何のために生きているのかもわからないような気持ちになってしまいます。

この虚しい活動から開放されると思うと、気持ちが清々するのです。

その3:明るい未来が見えない不安から開放される

人生の終わり

上司と話をした時に「転職をしたら収入が下がるから大変になるぞ」とか「そもそもお前の歳だと転職自体が大変だぞ」と会社を辞めることに否定的な言葉ばかり言われましたが、それに対して僕はこう返しました。

「だからと言って、ここに居続けても良いことがあるとも限りませんよね」

会社を辞めるということは、今の僕にとっては人生を変えるほどの別れ道です。僕が会社を辞めたい理由は「人生をより良くしたいから」なのですが、一番肝となる部分には触れられず「楽な方を取ることがすべて」と言わんばかりの言葉をかけられたことで残念な気持ちになりました。

少し前に僕は課長への昇進を断ったのですが、上司達のこういう姿を見ていると「いずれ自分もこの人達に仲間入りするのか・・・」と絶望的な気持ちになったのも会社を辞めたくなった大きな理由の1つです。

上司は僕たちの未来を写し出しています。上司の姿は僕たちの未来の姿です。「こんな立派な上司になりたい!」と思える上司が1人もいなければ、はっきりいってその会社は絶望的です。

だって何を目指せば良いかがわからないじゃないですか。

目標を見失うこと程つまらないものはありません。

例えば、好きな女の子のことを考えてみてください。「絶対にお付き合いをすることは無い」とわかっていたらどうですか?僕なら彼女へのときめきが無くなると思いますし、そもそも知り合いである必要すら感じなくなると思います。

会社のことに言葉を置き換えると「昇進しても絶対に良いことがない。だから頑張る意味も無いし、むしろここに居る必要すら感じない」という感じです。

今の会社に居続けようが、転職しようが、どちらにしても頑張らないといけないのです。精神的なことを言うと「どちらの方が楽」とは言えないのです。

それであれば、明るい未来が見えない今の会社で頑張る必要など、どこにもないでしょう。

その4:今の自分が子供に悪影響を及ぼすであろう不安から開放される

170523-キッズビジネスマン

今の会社に居続けると、僕が子供に悪影響を及ぼす可能性があります。実はこう考えたことが不安を振り払ってでも会社を辞めると決断した最大の理由です。

僕には2歳の子供がいます。今の僕は会社に対して卑屈になってしまっています。卑屈でいることは人として良いこととは言えませんよね。

卑屈になっている姿は、きっと表面ににじみ出ているはずです。この姿を子供に見せてはいけません。

子供は僕たち親のマネをします。僕が卑屈になり根性もネジ曲がってしまえば、子供も同じことになるでしょう。

「子供が僕たち親のマネをする」というところからすると、僕たち自身が楽しくて充実感をもって人生を送っていれば子供も同じような人生を送ることになります。

「考え方や習慣は親から子供に感染する」ということは、ハーバード大学の調査で明らかになっています。この話はメンタリストのDaiGoさんの「子育ては心理学でラクになる」でも書かれています。

子供のためを思うなら、絶対に自分の人生を充実させなければいけません。間違っても「子供のために辛いことを我慢しないといけない」と考えてはいけません。

親になると「自分と同じ想いを子供にはさせたくない」と思いますよね。僕のこれまでの人生は、本当にやりたいことがなく無気力に生きる人生でした。如何に今の苦しみから開放されるか、そのことしか考えていない人生でした。

子供にはこんな人生を送って欲しくありません。僕は親として子供が充実した人生を送れるようにしてあげる責任があると思っています。だから絶対に僕自身の人生を充実させないといけません。

僕の会社を辞める決断は、本気で子供のことを考えての決断でもあるのです。だから会社を辞める不安に負けている場合ではなかったのです。

⇣⇣⇣先ほど紹介したDaiGoさんの本はこちら

最後に:会社を辞める不安はあるけど期待の方が大きい

改めて本記事で紹介した「会社を辞める理由」を書いておきます。

会社を辞める理由

  1. 社内で足の引っ張り合うのが不満
  2. 「会社のルールだから」というだけの理由で乱暴に指示を出す上司
  3. 明るい未来が見えない
  4. 充実感のない人生を送っている僕を子供に見せたくない

会社を辞めることで家族や子供を養っていけるだろうかという不安はもちろんあります。

でも強い想いを持って辞めると決めるならば、抱えている不安以上に大きな期待が持てると僕は考えています。

会社を辞める決断をするにあたり、語り尽くせないほど多くのことを考えてきました。

まだまだいろいろと話したいことはあるのですが、それはまた機会があればということにしたいと思います。

とにかく子供が充実した人生を送れるようにすることを第一に考えていきたいと思っています。そのためには働く環境を変えて僕自身が人生を充実させるしかないのです。

会社を辞めるのはその1つの手段に過ぎないのです。

無料の転職サイトに登録して他の会社をみてみましょう

会社を辞める不安を押しのけるほどに、辞めたい理由を考えたところで、実際に転職サイトを見てみましょう。

転職をしてまた一からの出発になることを不安に思っていると思います。それを解消するためには、世の中にはどんな会社があるのかを実際に見てみるのも1つの手です。

どんな会社があるかを見るといっても、足を運んでみる必要はありません。そこまでの話になると気が重くなりますよね・・・。わざわざ足を運ばなくても転職サイトを覗いてみるだけでもある程度のことは見れます。

リクルートが運営する「リクナビNEXT」であれば、たったの5分で登録ができて簡単ですし、もちろん無料です。

リクナビNEXTの特徴の1つとして、グッドポイント診断があります。グッドポイント診断は自己分析で使えるあなたの強みを教えてくれるツールです。もちろん無料です。

僕が実際にグッドポイント診断をやってみた記事はこちら

あわせて読みたい
リクナビNEXT-グッドポイント診断0
無料で出来るリクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみた結果!グッドポイント診断って知っていますか? グッドポイント診断は、転職支援サイトのリクナビNEXTが無料で提供している自己診断サービスです...

自分の強みがわかると、実は今の会社が合っていると気づけることもありますし、次の会社を探すヒントにもなります。

無料で登録はすぐ終わりますので、よかったら登録だけでもしてみてはどうでしょうか?

こんなに推されると怪しいと思うかもしれませんが、リクルートが運営するサイトですから信頼性があることはわかってもらえるのではないでしょうか。

今後の方向性を考えるために自己分析をしつつ、どんな会社があるのかを見てみてはどうでしょうか。

⇣⇣⇣リクナビNEXTは30代の転職もサポートしてくれています⇣⇣⇣

リクナビNEXTへ登録してみる