クレジットカード・ポイントカードの話

ポイント還元率1.2%のクレジットカード「リクルートカード」とは?

リクルートカード ポイント還元率

本記事ではポイント還元率が驚異の1.2%のクレジットカード「リクルートカード」について紹介したいと思います。

クレジットカードは高還元率というだけでなく、電子マネーのチャージができたり、ETCカードが無料で発行できたりもします。

ただし、VISA・MasterCard・JCBのどれを選ぶかにより、その機能は変わってきます。

そのあたりも含めて紹介していきますので、よろしくお願い致します。

リクルートカード
リクルートカード
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
入会資格 18歳以上(高校生除く)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%
ポイント リクルートポイント
電子マネーへのチャージ ・VISA、MasterCard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCA
・JCB:nanaco、モバイルSuica
家族カード あり
付帯保険 旅行損害保険、ショッピング保険
Apple Pay ・VISA、MasterCard:使える
・JCB:使えない
ETCカード ・VISA、MasterCard:発行1,000円
・JCB:無料

>>> リクルートカードの公式ページ

リクルートカードとは

そもそもリクルートカードとは何者なのかを紹介します。

リクルートカードとはRECRUIT(リクルート)が発行するクレジットカードです。ポイントカードやキャッシュカードではありません。

リクルートブランドということで信頼性があると言っても良いでしょう。

リクルートカードを発行できるのは18歳以上(高校生は除く)になります。

選べる国際ブランド

リクルートカードを発行できる国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3種類です。

それぞれ以下の特徴がありますので、リクルートカードを作る際は注意しましょう。

  VISA
MasterCard
JCB
電子マネー nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCA nanaco、モバイルSuica
Apple Pay 使える 使えない
ETCカード 新規発行手数料1,000円 無料

上記の「電子マネー」とは電子マネーへのチャージができるかどうか、ということになります。電子マネーのチャージについてはVISAとMasterCardが豊富です。

またVISAとMasterCardではApple Payに対応しているので、iPhoneを使っている人はさらに便利です(iPhone7以上に対応)

電子マネーとApple Payを活用することで多くのお店での支払いがキャッシュレスになり便利になるのは間違いないでしょう。

ETCカードの発行を考えるのであればJCBが無料でお得です。

どちらの条件も捨て難いということであれば2枚作ることもできるので、VISAかMasterCardで1枚、JCBで1枚の計2枚を思い切って作るのも1つの手ですね。

途中で国際ブランドの変更はできません。

\リクルートカードのお申込み/

お申込みはこちら

年会費は永年無料!

リクルートカードは年会費が永年無料です。

クレジットカードを作ると知らない間に年会費を払ってしまうのではないかと不安になるかと思いますが、リクルートカードは永年無料なので安心して頂いて大丈夫。

初年度無料で2年目以降は年会費が必要といったこともありませんのでご安心を。

最大のメリット:ポイント還元率1.2%

リクルートカードはポイント還元率1.2%のクレジットカードです。

ポイント還元率が1.2%を超えるクレジットカードはなかなかありません。

つまり10,000円分の買い物をすると120円分のポイントがもらえることになります。

では100円の場合は1.2ポイントとなり端数が出ることになりますが、この場合はどうなるのか。

端数は切り捨てとなりますが、リクルートカードのポイント計算は毎月のご利用金額の合計に対してポイント加算となりますので細かい数字はあまり気にする必要はありません。

例えば、100円の買い物を10回した場合、各支払いのポイントが1.2ポイントで端数を切り捨てて1ポイント、合計10ポイント…とはなりません。

合計1,000円の支払いに対してポイント加算となるので12ポイントとなります。

小さい金額の買い物でもリクルートカードを使うメリットは大いにあるというわけです。

ポイントはリクルートポイント

リクルートカード リクルートポイント

リクルートカードを使うことで還元されるポイントはリクルートポイントになります。

リクルートポイントには有効期限があって、最後に加算された12ヶ月後の月の月末になります。

有効期限はポイントをもらう毎に伸びますので、12ヶ月間ポイントを貰わないということでもなければ実質無期限と考えても良いでしょう。

リクルートポイントの有効期限は最後に加算された12ヶ月後の月の月末。

リクルートポイントが使える場所

リクルートカードはPontaポイントに交換してPonta提携店で使うことができます。

Pontaポイントが使えるお店には以下のようなものがあります。

リクルートカード Pontaポイントが使えるお店リクルートポイントが使えるお店

また、リクルート参画のサービスでも使えます。

リクルートカード リクルートポイントが使えるサービスリクルートポイントが使えるサービス

リクルートポイントは

  • Pontaポイントに交換が出来る
  • リクルート参画のサービスで使える

ここにあげたお店やサービスは一部ですので、詳しくはリクルートカードのページをご覧ください。

>>> リクルートカードの公式ページ

リクルートポイントをお得に貯められる場所

リクルートカードを使ってリクルートのネットサービスを利用すると、ポイント還元率がさらにプラス1〜3%になります。

リクルートカード お得なポイントの貯め方

リクルートのネットサービスとは、リクルートポイントが使えるサービス同様、じゃらんホットペッパーグルメなどがあります。

詳しくはリクルートカードのページにて確認してみてください。

>>> リクルートカードの公式ページ

筆者のリクルートポイントの使い方

参考までに筆者の使い方を紹介します。

使い方は至って簡単。

リクルートポイントを貯め続けて、旅行で宿泊の予約を取る時に一気に使っています。

溜まっているポイント次第では宿泊料がポイントだけで支払えてしまう場合もあります。

ポイントは本当にバカにならないので、一日も早く使い始めるのが良いと思います。

\リクルートカードのお申込み/

お申込みはこちら

電子マネーのチャージでも使える

リクルートカードは電子マネーのチャージでも使えます。

リクルートカード ポイント還元率 電子マネー

もちろん、チャージをする時もポイント還元率は1.2%です。

電子マネーを使うことで、チャージによるポイントと電子マネーでの支払いによるポイントでポイントを2重取りできるので、電子マネーを使うのは非常におすすめです。

ただし、ポイント加算の対象になるのは月間30,000円までになります。

国際ブランドによってチャージできる電子マネーが違うので注意が必要です。

MasterCard・VISA
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMARTICOCA
JCB
  • nanaco
  • モバイルSuica

楽天EdyやSMARTICOCAにチャージをしたいのであればMasterCardかVISAを選びましょう。

  • チャージ時の還元率も1.2%
  • 電子マネーのポイントと2重取りができてお得
  • ポイント加算の対象は月30,000円まで
  • 国際ブランドにより使える電子マネーが違う

家族カードで合算してポイントがもらえる

リクルートカード 家族カード

リクルートカードでは家族カードを発行することもできます。

家族カードとは

家族カードは、本会員様と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方がお申込みいただける、本会員様のカードに付随したカードです。

家族カードを使うことで以下のメリットがあります。

メリット

  • ポイントが合算で貯まる
  • 家族の利用明細を集約し一元管理
  • 本会員と同様のサービス

ご家族に家族カードを使ってもらうことで、家族全員の支払いの合計がポイント加算の対象になります。

家族全員がリクルートカードによる支払いをすることで大きな金額になり、それだけポイントがたくさん貰えますよね。

また、利用明細を集約し支出の一元管理ができます。

普段、家計簿をつけない人にとってカードの利用明細は家計の支出を確認するのに役に立つ情報になると思います。

何も意識をしなくても勝手に利用明細が登録されていくので便利です。

最後に家族カードは本会員のカードと同様のサービスを受けられます。

ポイント還元率は1.2%ですし、もちろん年会費は無料です。

ご家族みんなでリクルートカードを使えば、ポイントがざくざく貯まって便利です。

旅行やショッピングの付帯保険

リクルートカード 付帯保険 ショッピング保険

リクルートカードには旅行中の事故や病気などを補償する旅行損害保険と、ご購入された商品の破損や盗難を補償するショッピング保険、といった付帯保険があります。

それぞれの最高補償(保障)額は以下の通り。

旅行損害保険
  補償額
海外旅行 最高2,000万円
国内旅行 最高1,000万円
ショッピング保険
保障額 最高200万円

補償(保障)される条件は複雑でわかりにくいので、付帯保険についてはおまけ程度で考えても良いでしょう。

詳しく知りたい方はリクルートカードのページをご覧ください。

>>> リクルートカードの公式ページ

まとめ:リクルートカードとは

リクルートカード ポイント還元率

リクルートカードについて紹介しました。

リクルートカードはポイント還元率が1.2%の高還元率のクレジットカードです。

また還元されるリクルートポイントはPontaポイントに交換して使えますし、じゃらんなどのリクルートが提供するサービスでも使えます。

貯まったポイントを使って、じゃらんで宿泊料を支払うのも良いでしょう。

あと、ここで紹介した内容から言えることは、JCBでリクルートカードを作るメリットはETCカードが無料で発行できることだけです。

車に乗らない人はVISAかMasterCardで作りましょう。

リクルートカードは年会費は永年無料ですし、新規申込みで最大6,000円分のリクルートポイントが貰えます。お気軽に作ってみてはどうでしょうか。

リクルートカード
リクルートカード
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
入会資格 18歳以上(高校生除く)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%
ポイント リクルートポイント
電子マネーへのチャージ ・VISA、MasterCard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCA
・JCB:nanaco、モバイルSuica
家族カード あり
付帯保険 旅行損害保険、ショッピング保険
Apple Pay ・VISA、MasterCard:使える
・JCB:使えない
ETCカード ・VISA、MasterCard:発行1,000円
・JCB:無料

↓新規入会で最大6,000円分↓
↓ポイントが貰えます↓

リクルートカード

お申込みはこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください