クレジットカード

楽天カード vs 楽天Edy!使うならどちらが得?

楽天カード vs 楽天Edy

最近、支払いは可能な限り楽天カード(楽天クレジットカード)を使っています。

しかし、楽天Edyの存在を知った時に「楽天カードと楽天Edyではどちらを使った方が良いんだろう?(どちらの方が楽天スーパーポイントを多くもらえるのだろう)」という疑問を持ちました。

ということで、この疑問に決着をつけましょう。

調べたことを詳しく書いていこうと思いますが、細かいことはいいからとにかく結論を知りたいという人は以下からどうぞ。

 

基本的には「楽天カード」がお得

楽天カードと楽天Edyのどちらを使った方がお得かというと「楽天カード」の方がお得です。

なぜなら、楽天カードを使う方が楽天スーパーポイントの還元率が高いからです。

楽天カードと楽天Edyの還元率は以下の通りです。

  • 楽天カード 100円で1ポイント(還元率1%)
  • 楽天Edy 200円で1ポイント(還元率0.5%)

例えば1,000円の買い物をする場合、楽天カードを使うと10ポイント、楽天Edyを使うと5ポイントもらえるということです。

考えるまでもなく、楽天カードの方がお得ということがお分かり頂けると思います。

ただし、楽天Edyを使うことでお得になる場合もありますので続けて紹介していきます。

リクルートカードを使うなら楽天Edyの方がお得

リクルートカード-トップページ

まず、楽天Edyを使うためには「チャージ」が必要です。お金を入れておくということですね。

チャージの方法にはいろいろとありますが、クレジットカードを使ってチャージをすることができます。

クレジットカードを使ってチャージをした時にクレジットカードのポイントが発生します。

クレジットカードのポイントと、楽天Edyで買い物をするポイントでポイントを2重取りすることができます。

例えば、クレジットカードを使って1,000円チャージする場合、まずクレジットカードで1,000円分のポイントがもらえます。さらに楽天Edyでその1,000円を使って買い物をすると楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天Edyチャージのポイント付与※楽天Edyでは200円につき1ポイント(0.5%)もらえます。

さて、ここで注目すべきはクレジットカードです。

楽天カードで良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、楽天カードでチャージした場合にもらえる楽天スーパーポイントは200円につき1ポイント、つまり0.5%の還元率となってしまいます。

楽天カードでクレジット払いをした時のように還元率は1%ではないので注意が必要です。

ここで還元率が高いクレジットカードを使うとお得という話になります。

楽天Edyにチャージするときに一番還元率が高いクレジットカードは「リクルートカード」です。

リクルートカードのポイント還元率は驚異の1.2%です。しかも年会費は無料です。

▼リクルートカードでチャージできる電子マネーは以下のページで確認できます▼

【重要なお知らせ】リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

例えば、リクルートカードで1,000円チャージしたとすると、リクルートカードで12ポイント、その後楽天Edyで1,000円の買い物をすると5ポイントで計17ポイントもらえることになります。

※リクルートカードのポイント、楽天スーパーポイントは共に「1ポイント=1円相当」です。

この場合に限っては、楽天カードで1,000円の買い物をする(10ポイント)よりもお得と言えるでしょう。

リクルートカードは無料ですので、持っていない人はぜひ作ってみてはどうでしょうか。持っていて損することはありません。

リクルートカードを作っておく

楽天カードで楽天Edyにチャージしてもお得ではない

リクルートカードを推してるけど、なぜ楽天カードじゃないの?と思ったのではないでしょうか。

1,000円の買い物で例えると、楽天カードで1,000円チャージ(5ポイント)、楽天Edyで1,000円の買い物をする(5ポイント)で計10ポイントとなり、楽天カードでクレジット払いするのと同じじゃないの?と思うかもしれません。

しかし、そうではなくて明らかに楽天カードで支払った方がお得です。

端数が出た時に楽天カードの方が断然有利になります。

例えば、1日に199円、2日に301円の買い物をした場合を考えます。

楽天カードの場合は1ヶ月の合算でポイントが計算されます。

1日に199円なので1ポイント、2日に301円なので3ポイントの計4ポイントと計算してしまいそうですがそうではなくて、合算なので199円+301円=500円で5ポイントとなります。

対して、楽天Edyは決済毎にポイントが計算されますから、1日に199円で0ポイント、2日は301円で1ポイントで計算されて計1ポイントということになります。

どちらも合計500円の買い物をしていますが、楽天カードの場合は5ポイント、楽天Edyの場合は1ポイントになり大きな差が出ます。

ということで、楽天カードで楽天Edyにチャージをしたとしても、楽天Edyを使うべきではありません。

楽天カードで支払うようにした方がお得です。

結局はどちらが得なの?

ブタの貯金箱

楽天カードと楽天Edyのどちらを使うべきか、という話をしました。

まとめると知っておくべきことは以下2点のみです。

要点まとめ

リクルートカードを使うなら楽天Edyがお得ですが、楽天Edyがどこでも使えるわけではありません。

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyが使えるお店を探す

その場合は楽天カードを使いましょう。

あと、いろんなクレジットカードを持つことに抵抗がある人もいるかと思います(カードの管理が大変とか・・)

楽天カード1本でいくなら、楽天Edyは必要無いと言えるでしょう。

ということで結論としました。

あわせて読みたい
リクルートカードで効率よくポイントを貯める方法
リクルートカードでお得にポイントを貯める4つの方法を紹介します!リクルートカードは、年会費が無料でポイント還元率1.2%というお得なカードです。 本記事では、筆者が考えるリクルートカードのお得なポイ...

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07