クレジットカード

楽天カードと楽天Edyはどっちがお得?楽天カードの方がお得です!

楽天カード

最近、支払いは可能な限り楽天カード(クレジットカード)を使っています。

そして筆者が持っている楽天カードには楽天Edy機能が付いています。

楽天Edy機能
Tak
Tak
楽天カードと楽天Edyってどっちを使った方が良いんだ?

楽天カードと楽天Edyってどっちを使った方が得なんだろうと思いません?

筆者がいろいろ調べたところ、楽天Edyを使うより楽天カードを使った方がお得だとわかりました。

ただし、リクルートカード(クレジットカード)で楽天Edyのチャージをするなら楽天Edyの方がお得になります。

一応言っておくと、何をもってお得かというとポイントが多くもらえるということです。

結論をまとめると、こんな感じです。

結論

  • 楽天カードの方がお得
  • リクルートカードでEdyのチャージをするなら楽天Edyの方がお得

なぜこういう結論に至ったのかを紹介していきます。

なぜ楽天カードの方が楽天Edyよりお得なのか

Tak
Tak
なんで楽天カードの方が楽天Edyよりお得?

なぜ楽天カードの方が楽天Edyよりお得かというと、楽天カードの方が楽天Edyより楽天スーパーポイントの還元率が高いからです。

楽天カードと楽天Edyの還元率は以下の通りです。

  • 楽天カード 100円で1ポイント(還元率1%)
  • 楽天Edy 200円で1ポイント(還元率0.5%)

例えば1,000円の買い物をする場合、楽天カードを使うと10ポイント、楽天Edyを使うと5ポイントもらえるということです。

考えるまでもなく、楽天カードの方がお得ということがお分かり頂けると思います。

リクルートカードを使うなら楽天カードより楽天Edyの方がお得

楽天Edyを使うためには「チャージ」が必要です。お金を入れておくということですね。

楽天Edyにチャージをするなら、クレジットカードを使いましょう。これは大前提です。

なぜならチャージした金額分、クレジットカードにポイントが付くからです。

チャージした時にもらえるクレジットカードのポイントと、楽天Edyで買い物をした時にもらえるポイントで、2重取りすることができます。

例えば、クレジットカードを使って1,000円チャージする場合、まずクレジットカードで1,000円分のポイントがもらえます。さらに楽天Edyを使って買い物をすると1,000円分の楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天Edyチャージのポイント付与※楽天Edyでは200円につき1ポイント(0.5%)もらえます。
Tak
Tak
じゃあ楽天カードで楽天Edyをチャージすれば良いんじゃないの?

楽天カードを使って楽天Edyのチャージをすれば良いのではないかと思うでしょうが、それは違います。

順を追って説明します。

まず楽天カードで楽天Edyにチャージする時にもらえるポイントは、200円につき1ポイントです。

Tak
Tak
えっ、楽天カードは100円で1ポイントじゃないの?

楽天カードを使って支払う時は100円に付き1ポイントなのですが、楽天Edyにチャージする時に限り200円で1ポイントになるのです。

前置きが長くなりましたが、そこで有利になるのがリクルートカードです。

リクルートカードはポイントの還元率が1.2%という高還元率のクレジットカードです。しかも年会費無料です。

そしてリクルートカードで楽天Edyにチャージした場合につくポイントは、そのまま1.2%です。

楽天Edyに楽天カードとリクルートカードでチャージした時の還元率はこうなります。

  • 楽天カード:0.5%
  • リクルートカード:1.2%
Tak
Tak
リクルートカードは楽天カードの倍以上やん

これに楽天Edyで支払った時のポイント0.5%が付くので、リクルートカードでチャージをするのであれば、楽天カードより楽天Edyを使った方がポイントが断然お得になるということがわかってもらえるのではないでしょうか。

Tak
Tak
1,000円の支払いをする場合、楽天カードだと10ポイント、リクルートカードでチャージして楽天Edyを使うと17ポイント(12+0.5)で、絶対リクルートカードが良いよな

リクルートカードは年会費が無料なので、試しに使ってみると良いと思いますよ。

▼年会費無料!還元率1.2%のリクルートカード▼ リクルートカードに申込む
 
あわせて読みたい
リクルートカードで効率よくポイントを貯める方法
リクルートカードでお得にポイントを貯める4つの方法を紹介します!リクルートカードは、年会費が無料でポイント還元率1.2%というお得なカードです。 本記事では、筆者が考えるリクルートカードのお得なポイ...

おまけ:楽天カードで支払うのと楽天カードで楽天Edyにチャージして支払うのは同じではない

先程、楽天カードで楽天Edyにチャージすると0.5%のポイントがつくと言いました。

そうすると、チャージで0.5%、楽天Edyの支払いで0.5%で計1.0%となり、100円で1ポイントということになります。

1,000円分の買い物を例にするとわかりやすいでしょうか。

  1. 楽天カードで1,000円をチャージ(5ポイント)
  2. 楽天Edyで1,000円の買い物をする(5ポイント)
  3. 結果、1,000円で10ポイントもらえる
Tak
Tak
結果的に楽天カードを使うのと一緒じゃない?

しかし、この比較に関しては楽天カードの方がお得です。

なぜかというと、端数が出た時に楽天カードの方が断然有利になるからです。

例えば、1日に199円、2日に301円の買い物をした場合を考えます。

楽天カードの場合は1ヶ月の合算でポイントが計算されます。

1日に199円なので1ポイント、2日に301円なので3ポイントの計4ポイントと計算してしまいそうですがそうではなくて、合算なので199円+301円=500円で5ポイントとなります。

対して、楽天Edyは決済毎にポイントが計算されます。

1日に199円で0ポイント、2日は301円で1ポイントで計算されて計1ポイントということになります。

どちらも合計500円の買い物をしていますが、楽天カードの場合は5ポイント、楽天Edyの場合は1ポイントになり大きな差が出ます。

ということで、楽天カードで支払う方が楽天カードで楽天Edyにチャージするよりもお得ということになります。

まとめ

ブタの貯金箱

楽天カードと楽天Edyのどちらを使うべきか、という話をしました。

まとめると知っておくべきことは以下2点のみです。

要点まとめ

リクルートカードを使うなら楽天Edyがお得ですが、楽天Edyがどこでも使えるわけではありません。

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyが使えるお店を探す

楽天Edyでの支払いが出来ないお店では、楽天カードを使いましょう。

あと、いろんなクレジットカードを持つことに抵抗がある人もいるかと思います(カードの管理が大変とか・・)

楽天カード1本でいくなら、楽天Edyは必要無いと言えるでしょう。

ということで結論としました。

▼年会費無料!還元率1.2%のリクルートカード▼ リクルートカードに申込む
 
あわせて読みたい
リクルートカードで効率よくポイントを貯める方法
リクルートカードでお得にポイントを貯める4つの方法を紹介します!リクルートカードは、年会費が無料でポイント還元率1.2%というお得なカードです。 本記事では、筆者が考えるリクルートカードのお得なポイ...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください