Wordpress関連

ロリポップ!無料の独自SSL化 設定手順

いい加減、SSL化してみました。

知らなかったんだけど、ロリポップでは最近、無料で独自SSL化できるようになったらしい。

2017/07/11 無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました!「ロリポップ!おしらせ」より

とりあえず、ワードプレス初心者的に、つまずいたところを重点的に書いてきますね。

わかればすごく簡単なので、安心してください!

ロリポップ!の設定

独自SSL(無料)のお申込み・設定方法

こちらのリンクを見てもらえれば充分だと思う。

めっちゃ簡単だし、すぐ終わりますよ〜。

この時点で、httpsのURLでアクセスできるようにはなってます。

ワードプレスの設定

一般設定

「設定」ー>「一般設定」

一般設定−SSL化

この二箇所で「http://~」を「https://~」に変えればオッケー。

「.htaccess」への追記

httpからhttpsへ301リダイレクトする。

どういう意味かというと、こうです。

httpのURLでアクセスすると、勝手にhttpsのURLへ飛んでくれるのが「リダイレクト」。
301とは、httpのページの評価をhttpsへ引き継ぐということらしいです。
Googleでは、httpとhttpsは別のページと認識される可能性があるらしい。

何しかやっといた方がいいてことですわ(笑)

 

とりあえずロリポップにログインしまして、「サーバーの管理・設定」ー>「ロリポップ!FTP」を選択。

lolipop-ロリポップFTPを選択する画像

 

ドメイン名のフォルダの直下にある「.htaccess」ファイルを開きましょう。

lolipopFTP-htaccessの画像

 

「.htaccess」内の「# BEGIN WordPress」のすぐ上に、下記のコードをコピペすればオッケーです。

<ifModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifModule>

 

ここが初心者には非常にわかりづらいところだと思う。一応こんな感じになります。

htaccess-SSL化

 

最後に保存を忘れずに。

 

確認方法は、「httpのURL」でサイトを開いて、httpsのURLに変換されていれば無事完了です。

(最初からhttpsで開いたら確認になりませんので、注意してくださいね)

最終確認

サイトを開いて、アドレスバーが以下になっていれば、完璧です。

保護された通信−SSL化

🔒保護された通信と出ていればオッケーです。

お疲れ様でした。

 

★月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー ★

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07