働き方

課長への昇進の話を断った4つの理由

先日、会社で課長への昇進の話がありました。

上層部からの推薦も出ていたようでして、うちの部長から昇進の意思について尋ねられました。

僕は断ることにしました。

サラリーマンであるなら、昇進を望む人も多いことでしょう。

しかし、僕には昇進を受け入れようと思えるアツい気持ちがありませんでした。

実際に話が出る前から、この話が来るだろうと予想はしていて言われた時にはすぐに回答ができるように事前に考えていました。

本記事では、僕が昇進を断った4つの理由を紹介したいと思います。

【理由①】昇給に魅力を感じない

昇進といえば昇給!

でも僕はあまり嬉しいとは思いませんでした。

お金に関しては、生活ができる程度にもらえていたらそれでいい、という考えだからです。

もちろんタダで貰えるなら欲しいです。

でも周りの課長連中を見て自分もこうなるのかと考えると、どう見ても昇給に見合っていないと思ったのです。

課長の給料は大体わかります。

その給料であの仕事をさせられるかと思うと、どう考えても嫌で仕方がなかったのです。

あと、うちの会社では管理職(課長など)にもなると退職金が大幅に上がります。

おそらく上にあがる人達は、そういうところも視野に入れているのでしょう。

でも僕は「先のことなんかどうなるかわからないし、昇進して退職金を増やすことだけが正解ではないはず」と考えたので、退職金が増えることも昇進する決め手には欠けていました。

ということで、昇給は全く決め手にはなりません。

\登録無料のリクナビNEXT/

【理由②】異動を伴う昇進だった

異動は必須でした。

引っ越さねばならなかったかもしれない・・。

僕がどんな仕事をするかは、僕だけの問題ですが、引っ越すとなると家族にも関わってくる問題です。

うちの妻は、地元愛が強く、期間限定なら単身で言って欲しいと言うくらいです(笑)

それくらい地元から遠く離れるのが嫌だったみたいです。

これを理由にしてしまうと、ちょっと稚拙な感じですけども、こういうのは僕は素直に受け入れたいと思うんです。

そんな気持ちを我慢してまで、受ける話ではないと僕は思っています。

【理由③】仕事の内容に魅力を感じなかった

仕事の内容ですが、全然やりたいと思えませんでした。

今もそれは変わりません。

何を偉そうに・・と読んでくれているみなさんは思うかもしれませんね。

正直仕事の内容は、今の方がいいと思っているわけでもないんです。

どっちでもいいんです。

どちらにしても、僕にとってはただ真面目にこなすだけの仕事でしかないんです。

スキルアップを図りたいとか、そういったアツいものでもなければ昇進のメリットを感じられないんですよね。

【理由④】身軽で居たかった

これ以上、背負いたくなかった。

これが本音です。

あとで管理職の人達の話を聞いていると、別に課長になったからといってそんなに背負うものなんてない、と言われました。

「やらずして心配しているだけ」という感じにはなります。

ただ、僕は会社の人には言っていませんが、割りと本気で会社を辞めたいと思っているんですよね。

昇進してから辞めてしまうと、随分迷惑をかけるだろうと思ったわけです。

こんな気持ちで昇進させてもらうのは、僕のつまらないプライドが許さなかったんです。

本当につまらないプライドなんだろうと思うのですが、ここまででメリットを感じられないのであれば、断るに越したことはないという判断でもあります。

これ以上、僕は考えることを増やしたくないと思ったわけです。

とりあえず昇進しておいて、辞めたくなったら辞めればいい、というような都合のいいことをすんなり受け入れられるような性格ではないんですね、僕は・・。

結びに

細かいことを言うとキリがないくらいに、もっといろんなことを考えてはいたのですが、大きな理由としてはこの4つでした。

結局のところ、すごく稚拙な理由ばかりだと思ってます。

子供じゃないんだから・・・。

でも、そんなことはどうでもいいんです。

これ以上、腑に落ちないものを受け入れ続けるのはやめようと思います。

この先の人生をわがままにお気楽に生活していきたいので、縛られたくないんです。

結局、やりたくないというネガティブなことしか言っていないように見えるかもしれませんが、二度とないであろう昇進の話を断る決断をするには、それなりに覚悟はしているんですよ。

せっかく評価してくれた上司にも申し訳ないし、上層部に僕が断ると言っている旨を報告するうちの部長にも申し訳ないですし。

そしてなにより、会社の意向に背いた僕がこのまま会社に居させてもらうことも申し訳ない。

僕は昇進を断り、会社に対して随分わがままを言わせてもらったと思っています。

会社に意思に背いたにも関わらず、でも会社には居させてくださいと言っているようなものなんです。

そういう気持ちになると、いつも建前で言っているようにしか聞こえない上司の指示を黙って聞き入れようかと思えるようになるんですね。

(とはいっても、相変わらずしょうもない指示やな、とは思っていますが(笑))

建前とかつまらない理由であっても、アホくさいと思う気持ちと葛藤しながらサラリーマンは働き続けるんです。

それは、生活を守るためであり、家族を守るためです。

やってることはつまらないんですが、サラリーマンで居続ける覚悟は立派なもんですよ。

とりあえず、僕は昇進とか役職とかそんなことを気にせずに頑張っていこうと思います。

別に、部下が上司より活躍をして悪いことなんかないんですからね。

肩書きなんかに振り回されず、自分がやると決めたことをやっていく。

ただ、それだけのことだと思います。

\登録無料のリクナビNEXT/

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07