雑記

【Mac購入考察】購入のための簡易フローチャート

iMac

どうも!Taka(@nrpxxxx)です。

前から欲しかったMacbook proを買いました!

今回のMacの購入にあたり、いろいろと悩みました。

その中でも、家電量販店とアップルストアストアのどちらで買う方が良いのか、一番悩みました。

調べているうちに、いろいろなことがわかったので、これからMacの購入をお考えになる人達の参考になればと思い、記事を書こうと思います。

ただし、ここでは細かいことは説明しません。

いろんなポイント制度等を駆使すれば、Macはこんなに安く買える!みたいな記事は、ネットで調べればあるにはあるけど・・・めんどくさいんじゃ・・。

いろんなとこに登録してとか、そんな手続きが煩わしい僕には無理でした。

とにかく、初めてMacを買う人は、さぞ悩むことだと思います。

ここでは、購入するにあたり、最低限知っておいた方がいい情報の整理と、最後に超簡単な購入フローチャートを載せているので、よかったら参考にしてもらえたらと思います。

>>> 今すぐフローチャートを見たい人はこちら

モデルの選び方

モデル選定については、すごく詳しく書かれているサイトを見つけたので、詳しくはこちらのサイトを見てもらった方がいいとは思う。

>> オーケーマック(アップル製品のレビューサイト)

引用させてもらうと、購入すべきMacは以下の結論になっています。

  • デスクトップなら「27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル」
  • ノートなら「15インチMacBook Pro」
  • モバイルなら「12インチMacBook」

あとは、皆さん自身の使用用途によって、購入するものが変わってくると思います。

使用用途は、例えばこんな感じ。

  • 家でがっつり使うなら、iMac
  • 外に持っていきたい人は、Macbook Pro or Macbook
  • 動画編集等、高スペックを要求されるならカスタマイズが必要
  • ウェブの閲覧、動画鑑賞程度であれば、カスタマイズは不要

パソコン初心者で、パソコンの選び方がわからない時は、まずは「何に使うのか」を考えるといいと思う。

ほとんどの人が、ウェブの閲覧(動画鑑賞含む)程度だと思うのですが、それであれば標準スペックで問題ないです。

もちろん、僕と同じようにブログを書きたいだけという人も、標準スペックで問題ありません。

ウェブ閲覧さえできれば良いという前提で、僕の主観を言うと、12インチMacBook 1.2GHzプロセッサ 256GBストレージでいいと思う。

スペックは充分だし、なんといっても重さがわずか0.92kgですから。

毎日PCを持ち歩いている僕的には、持ち運びするなら、1kg未満は必須条件と言いたい。

同じ価格で言うなら、13インチMacBook Pro(2.3GHzプロセッサ 128GBストレージ)もいいんだけども、重さが1.37kgと、12インチMacBookよりも0.45kg重たい。

0.45kgって大したことないと思うかもしれませんが、500mlのペットボトルをカバンに入れている時を想像してください。

結構きつくないですか?

僕はきついです。

重さに関しては、持ち運びの頻度に応じて考えるといいかもしれませんね。

たまに持ち運びするという程度であれば、Macbook Proもありだと思いますよ。

ちなみに冒頭で、僕は「Macbook Pro 13インチ Touch BarとTouch ID搭載モデル」を買った、と言いましたがその理由は、以下の2つ。

  • Touch Barを使ってみたかった
  • 持ち運びたいので、小さい13インチモデルを選んだ

基本は、ウェブ閲覧がメインという考え方なんだけど、僕はどうしてもTouch Barが欲しかったんです・・。

でも、こういう気持ちって大事だと思います!

 

とにかく、

ウェブ閲覧くらいだったら12インチMacBookでいいよ!

将来性を考えたらメモリをカスタマイズしてもいいかもよ!

ってことです。

家電量販店とApple(アップル)ストア、どっちで買うのがお得か

実際買うとなると「ポイントがもらえる家電量販店で買うか、本家のアップルストアで買うか、どちらで買う方がいいんだろう」って思いませんか?

僕はすごく悩みました。

でも、いろいろ調べたところ、実は非常に簡単です。

以下の手順で考えていくと、わかりやすいと思います。

カスタマイズが必要か

まず、カスタマイズが必要かどうかです。

  • 必要 ⇢ アップルストア一択
  • 不要 ⇢ 家電量販店でも良い

カスタマイズは、オンライン(Web)のAppleオンラインストアでしかできません。

ただし、例外があります。

キーボードのカスタマイズに関しては、Appleストア店舗で在庫を持っているので、お持ち帰り可能。

アップルストアの店舗で「カスタマイズしてすぐに持ち帰れるか」という聞き方をすると、「できない」と言われて話が終わってしまう。

キーボードのカスタマイズだけを求めるなら「USキーボードのものが欲しい」と具体的に言えば「それなら、在庫ありますよ」と言ってくれます。

聞き方を間違えると、持ち帰れるものも持ち帰れなくなるので注意が必要だと思いました。

僕はUSキーボードにしたくて「カスタマイズできない」と言われて凹んだんだけど、「USキーボードにするだけでも在庫ないの?」って聞いたら「それはありますよ」って普通に言われた。あるんかいっ

あと、大事なことがあります。

カスタマイズができるのは、購入時のみです。

とりあえず、標準モデル買って必要になったらカスタマイズする、ということは出来ません。

カスタマイズが必要かどうかは、購入時に将来を見据えて考えないといけませんよ。

価格面ではどちらがいいか

家電量販店とアップルストアでは、どちらの方が安く買えるのでしょう。

  • アップルストア ⇢ 定価販売のみ
  • 家電量販店 ⇢ ポイント還元分お得

どちらの方が安いかというと、家電量販店となる。

ただし、先に書いた通りで、家電量販店で買うなら、必然的に標準スペックのみの購入となる。

あと、一括での支払いが前提になる。

一括払いは必須ではありませんが、ローンなんか組んじゃったら、家電量販店で購入するメリットは何もありません。

ポイントをもらえても、ローンの金利を払うことを考えると大してお得ではない。

アップルストアでは、0%金利キャンペーン(24回払いまで)がある

>> お好きなApple製品を最大24か月、分割金利0%で購入できます。

2018年4月29日現在、キャンペーンは延長されています。ご利用時にキャンペーンが継続されているか、確認してくださいね。
 

アップルストアで店員さんに聞いてみたところ、キャンペーン期間が延長されていることを知りませんでした。

店舗で本キャンペーンを利用する際は、店員さんに上記のサイトを見せて納得してもらいましょう。

あと余談ですが、僕はこのキャンペーンを利用しました。

財布から一気に20万飛んでいくか、毎月1万弱払い続けるかを考えると、金利が0%ということであれば、絶対にこのキャンペーンは利用すべきでしょう。

手元の置いておく現金は、多ければ多いほどいいという考え方です。

手続きが面倒くさそう・・・って思うかもしれませんが、すごく簡単です。

その場でローンを組めるかどうかの審査があるので、20分程度は時間が必要ですが、難しいことはないです。

アップルストアの可愛らしい女性店員さんが、手取り足取り教えてくれますので、男性諸君は癒やされながら手続きが行えますよ!(女性は、イケメン外国人さんが対応してくれるんじゃないかな)

はっきりいって、アップルストアで購入するなら、このキャンペーンを使わない手はないでしょう。

20万なんか痛くねぇよって人は、必要ないんでしょうけど。

学生・教育関係者は割引きを活用しよう

学習で使う新しいMacやiPadは、特別な価格で購入できます。

学生・教職員向けストアでは、新しいMacやiPadを特別な価格で購入できます。学生・教職員価格での購入は、大学生、高等専門学校および専門学校生、これらの学校に進学が決まった生徒のみなさん、そのご両親、教育機関の教職員の方々などが対象です*。

ここに書かれていませんが、ストアのお姉さんが言うには、PTA会長でもいいらしいです。

とにかく、教育に携わる人は一度聞いてみましょう。

ただし、おそらくですが、どのモデルでも割引きしてもらえるわけではないような気がします。

とにかく、なんでもいいからMac欲しい!って人は、ぜひ活用なさってください。

まとめ

簡単ではありますが、ここで書いた内容をフローチャートにしてみました!

モデル選定は終わってる前提でのフローチャートになりますが、よかったら参考にしてください。

 

Mac購入フローチャート

①アップルストアで買う

アップルストアで買う場合の特徴を書いておきます。

要点まとめ

  • キーボードのみのカスタマイズであれば、店舗で持ち帰りができる
  • キーボード以外のカスタマイズが必要であれば、オンラインでの購入になる
  • キャンペーンにより金利0%で24回分割払いができる
  • 学生・教育関係者は、割引きを活用する

②家電量販店で買う

続いて、家電量販店で買う場合の特徴を書いておきます。

要点まとめ

  • 標準スペックのものしか買えない
  • ポイントがもらえるのでお得

還元されたポイントを、アクセサリーの購入に当てるといいかもしれないですね。

まとめ

僕がMacを購入するにあたって、わかったことは以上になります。

この記事もMacで書いていますが、楽しいです!

欲しいと思っている人は、買ってみてもいいかも。

勉強でも仕事でも、もちろん遊びでも、Macを持ってるとモチベーションが違います。

これでカフェに行ってドヤするんや・・・( ・´ー・`)どや

Macの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

アップル関係でこんな記事も書いてます。

あわせて読みたい
アップル−ギフトカード
Apple iPhone下取りプログラム オンラインの利用方法 Apple(アップル)のiPhone下取りプログラムを使ってみました。 格安SIMへの乗換えの際にはSIMフリー端末が必要なんです...