クレジットカード

現金よりクレジットカードで支払った方が便利な4つの理由!

突然ですが、こんなことを言う人を見かけます。

Aさん
Aさん
クレジットカードを使うと自分がどれだけお金を使っているのかがわからないから使わない。私は現金派です !

僕はほとんどの支払いにクレジットカードを使っています。

正直、現金はもはや有りえません。

クレジットカードによる支払いは、支払いが早い・ポイントが貯まる・ATMに行くことが無くなる、などなど良いことばかりです。

本記事では現金支払いをしているあなたに、クレジットカードを使うことでどんなにお得なことがあるのかを説明していきたいと思います。

現金を使うことにメリットは無いとすら思えるようになると思います。

現金主義の人が持つクレジットカードのイメージ

まずは、現金派のあなたが持っているクレジットカードのイメージって以下のような感じではありませんか?

お金をいくら使ったかわからない

「現金の場合、自分がどれくらいお金を使ったかがわかるのに対し、クレジットカードだとわからない」という。

本当に現金払いだとお金をいくら使っているかわかるんでしょうか。

お金の管理はむしろクレジットカードの方がやりやすいと思いますよ。

請求明細を見れば正確な数字がわかるんですから。

現金の場合は、家計簿をつけないことにはわかりませんよね。

しかも、1枚でもレシートを無くしてしまったり、いくら払ったかを忘れてしまうと正確な数字は出せません。

おまけに「漏れなくつけないといけない」とか「忘れないうちにすぐつけないといけない」といったストレスまでついてきます。

そう考えると、この点ではクレジットカードの方が良いと思いませんか?

コンビニでクレジットカードを使うのが恥ずかしい

コンビニで100円程度の買い物をした時に「カードを使うのが恥ずかしい」なんて思っていませんか?

僕は全然恥ずかしくありません。

これは慣れの問題です。

でも一度勇気を出してカードを出してみてください。なんてことはありません。

コンビニでカードを使ったことがない人は、カードを出すと店員さんが「は?」って反応をすると思っているんじゃないですか?全然そんなことはありません。

店員さんは日々の業務の一貫だと思って普通に対応してくれますし、むしろ店員さんとしてはクレジットカードの方が対応が楽だと思います。

それにレジにはカードリーダーがあるわけですから、コンビニ側としてもクレジットカード支払いを受け入れているんですよ。

コンビニでクレジットカードを使うのは、ごく当たり前のことなのです。

クレジットカードを使った方が良い4つの理由

クレジットカードを使うメリットについて書いていきます。

レジでの支払いが早い

先ほどコンビニの店員さんにとって楽だろうという話をしました。

それに加えてレジの支払いの時間が短縮されるというメリットがあります。

僕はビジネス街で働いていてお昼休みによくコンビニにいきますが、レジの前にはそれはもうすごい長蛇の列ができているんですね。

なかなか自分の番が回ってこなくてストレスを感じるのですが、現金払いの人がとにかく支払いに時間をかけ過ぎてしまっています。

1円単位まできっちり小銭を出そうとしている人が居ようものなら・・・これ以上はやめておきます(笑)

これがクレジットカード支払いなら一瞬です。

渡す > カードを通す > 返してもらって財布に入れる

たったこれだけなんですよ。体感で5秒程度です。

支払い速度を上げることは、もはや社会貢献だと言っても過言ではないくらいだと思ってます

貴重なお昼休みの時間をレジ待ちで消費するのは嫌でしょう。

もし、みんながクレジットカードを使うとレジの回転が早くなりユーザーのストレスも少なくなると共に、お店の回転が良くなって売上に貢献することにも繋がっていくこどでしょう。

ポイントがもらえる

クレジットカードを使えばポイントが溜まります。

当たり前なんですけど、現金は払って終わり。クレジットカードならポイントもついてくる。ポイントはある意味お金と同じです。そのポイントを使ってさらに買い物ができるんですからね。

先ほど「お金をいくら使ったかがわからない」という話をしましたが、お金の管理を考えるのであればお金の有効活用も当然考えるべきでしょう。

しかも余計な手間がかかるわけではありません。

同じ手間でポイントがもらえるのですからこんなに良いことはないでしょう。

ちなみに、僕がよく使うのは楽天カードですね。

商品が豊富な楽天市場でポイントを使うことができるからです。

年会費も無料ですから持っていない人はとりあえず作ってみましょう。

>>> 年会費永年無料の楽天カード

いくら使ったかが正確にわかる

先程も少し書きましたが、自分がどれだけお金を使っているかは、むしろクレジットカードの方が「正確に」わかります。

個人的には「どれだけ使ったかがわからり辛い」という意見はあり得ないと思っています。

おそらくですが、いちいちサイトで支払額を見るのが面倒くさいとか、慣れてないから億劫だとか、そういった理由なんじゃないかなと推測しています。

人間、スタイルを変えることが億劫になるものです。

でも面倒と思うのは最初だけです。慣れればサイトを見るくらい何てことはありません。

ATMを使うことが減り時間の浪費を抑えられる

クレジットカードを主として使うようになると、ATMに行く必要がなくなります。

当たり前ですよね、現金を使わないのですから。

そう考えると、いちいち現金を引き出すためにATMまで足を運んぶ無駄な時間がなくなるわけです。

ざっくりですが想定を書きます。

以下の条件の場合、どれだけの時間を要しているかを算出してみましょう。

  • 頻度は2回/月
  • 移動時間は無いものとする
  • 1回の引き出しに5分かかるとする

かなり効率的にATMを利用している条件です。この場合、ATMの利用に費やしている時間は以下のように言えます。

  • 10分/月
  • 120分/年 = 2時間/年
  • 1200分/10年 20時間/10年
  • 3600分/30年 = 60時間/30年
  • 9600分/80年 = 160時間/80年

大げさですけど、80年で160時間、すなわち一生のうち約6.6日間は丸々ATMで現金を引き出す時間で消費していることになります。

お金で換算すると、安くみて時給800円として12万8千円を稼ぐことができるんですよ。

かなり少なく見積もって12万8千円です。

現金ではなくクレジットカードを使うことで、時間も有効に使えることになります。

最後に

最後に、本記事をまとめて終わりたいと思います。

クレジットカードを使うべき4つの理由

  • レジでの支払いで時短になる
  • ポイントがもらえて買い物がお得になる
  • お金の管理が正確にできる
  • ATMに行く手間暇を省ける

クレジットカードを使うのは良いことしかありません。

少額の支払いであってもクレジットカードを使っていきましょう!

ぜひ、クレジットカードを主とした生活にチャレンジしてみてください。

思っているよりもずっと快適ですから。

あわせて読みたい
楽天カード vs 楽天Edy
楽天カード vs 楽天Edy!使うならどちらが得?最近、支払いは可能な限り楽天カード(楽天クレジットカード)を使っています。 しかし、楽天Edyの存在を知った時に「楽天カードと楽天Ed...