インターネット・格安SIM

ソフトバンクのiPhone6から格安SIMへ乗り換える時にわからなかった事まとめ

どうも!Taka(@nrpxxxx)です。

スマホ代を節約するために、格安SIMへ乗り換えました。

僕はソフトバンクのiPhone6からの乗り換えだったのですが、わからないことが多かったので調べてみました。

本記事は、実際に僕が確認した情報を元に、ソフトバンクのiPhone6から格安SIMに乗り換える時に知っておくべきことを紹介したいと思います。

格安SIMに乗り換えることで、スマホ代をかなり節約することができるので、ぜひ頑張って乗り換えましょう。

ソフトバンクのiPhone6はSIMロックを解除できない

ソフトバンクのiPhone6は、SIMロックの解除ができません。

多くの格安SIMはSIMフリーのスマホにしか対応していません。

節約をしたくて乗り換えを考えているのに、まさかここで数万払って新しいスマホを買う必要があるんじゃないか・・・。

そう思った方は、ご安心ください。

新しいスマホを買わなくても大丈夫です。

次に紹介します。

ソフトバンクのiPhone6をそのまま使える格安SIMがある

SIMロックを解除せずに、ソフトバンクのiPhone6をそのまま使える格安SIMがありますので紹介します。

その格安SIMとは、「b-mobile(ビーモバイル)」と「nuromobile(ニューロモバイル)」です。

いずれもソフトバンクの回線を使うプランが用意されていて、それであればSIMロックを解除していないソフトバンクのiPhone6がそのまま使えます。

詳しくはこちらで紹介していますので、よければ見てみてください。

あわせて読みたい
【ソフトバンクのiPhone】SIMロック解除が不要の格安SIMはこれだ!ソフトバンクのiPhoneで古い機種はSIMロックの解除ができません。 じゃあ格安SIMに乗り換えることはできないのでしょうか? い...

SIMフリーのiPhoneを買うならAppleストア(アップルストア)

そうは言っても、心機一転!新しいスマホも欲しい!という人もいることでしょう。

実は僕が乗り換える時は、ソフトバンクのiPhone6がそのまま使える格安SIMはなかった(たぶん)ので、SIMフリーのiPhoneを買いました。

SIMフリーのiPhoneを買うのは初めてだったのですが、買うにあたりわかったことを紹介します。

まず第一として、SIMフリーのiPhoneはアップルストアで購入しましょう。

その理由を書いていきます。

家電量販店にはSIMフリー版のiPhoneは売っていない

家電量販店で購入すれば、ポイント還元があって結果的に安くなるんじゃないの?と思いませんか。

僕はよく大阪の梅田にあるヨドバシカメラ梅田を利用するので、そこで買うイメージをしていました。

ヨドバシカメラ梅田でSIMフリー版となると、Apple製品の売り場(アップル専門ストア)での購入になると思ったので、それでもヨドバシカメラのポイントが貰えるのかを電話で確認してみました。

答えは、そもそもヨドバシカメラ梅田ではSIMフリー版のiPhoneを取り扱っていない、とのことでした。

それは、ヨドバシカメラ梅田の中にあるアップル専門ストアで購入したとしてもです。

アップル専門ストアで購入しても、キャリア契約が必須とのことでした。

したがって、ヨドバシカメラ梅田ではSIMフリー版のiPhoneは買えません。

ビッグカメラや他の家電量販店でもおそらく同じなのではないでしょうか・・。

アップルストアでソフトバンクのiPhone6は下取り可能

家電量販店のポイント還元を利用することはできないとわかりました。

つまり、アップルストアで買うしかありません。

新しいiPhoneを買うにあたり、購入資金を作るために今使っているiPhoneをアップルストアで下取りしてもらいましょう。

iPhoneの下取り価格等の詳細については、下のアップルのページを見て頂ければと思います。

 

iPhone6は最大1万円となっていますが、これってキャリア契約しているiPhoneでも可能なのかと疑問に思いました。

これってSIMフリー版だけじゃないの?って思ったわけです。

ソフトバンクのiPhone6でも下取りしてもらえるのか、アップルストア心斎橋店に問い合わせてみました!

答えは、ソフトバンクのiPhone6でも下取りが可能とのこと。

ちなみに、下取りはWebでもできます。

実際にWebで下取りプログラムを使ってみたので、よかったらこちらを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
アップル−ギフトカード
Apple iPhone下取りプログラム オンラインの利用方法 Apple(アップル)のiPhone下取りプログラムを使ってみました。 格安SIMへの乗換えの際にはSIMフリー端末が必要なんです...

ただし、注意点としてはWebで下取りすると現金ではなく「ギフトカード」という形でもらうことになります。

つまり、アップル製品でしか使えないということですので、ご注意ください。

どんな状態でも下取りしてもらえるのか

下取りしてもらうiPhoneが、状態が良いものであれば気にする必要はありませんが、僕のiPhone6は3年近く使った古いものですから、本当に下取りしてもらえるかが気になります。

こちらについても、アップルストア心斎橋店に聞いてみました。

回答をまとめるとこんな感じでした。

  • フレームに傷がある場合は下取りしてもらえない
  • ディスプレイ部に傷がある場合は、減額になるが下取りしてもらえる

フレームに傷があると修復できないという理由で、下取りしてもらいないようです。

ディスプレイについては修復できるから、下取りしてもらえるらしいです。

僕は、フィルムはしっかり貼っているし、購入時からケースもつけているから状態は良い方だと思ってます。

ですので、満額で買い取ってもらえそうです。

アップルストアでの下取り時に初期化済みである必要はない

アップルストアで下取りをしてもらう時の話です。

下取りで渡すiPhoneは初期化済みである必要はありません。

下取り後、アップルストアの店員さんが初期化をしてくれるようです。

自分でやるとなると、やり方がよくわからないし、面倒くさいという人にとっては楽で嬉しいですね。

また、手放すギリギリまでiPhoneを使うことができます。

アップルストアでの手続きには結構時間がかかって待ち時間もあります。

その間もスマホを使って時間を潰せるのは地味に嬉しいことだと思います。

ソフトバンクの解約は本体がなくても可能

アップルストアで下取りしてもらうということで、購入方法が決まったところで新たな疑問が出てきました。

Q:下取りしてもらうと、当然手元にソフトバンクのiPhoneがなくなってしまいますよね。

ということは、下取りより前にソフトバンクとは解約しておかないといけないのか?

A:ソフトバンクの解約処理にスマホの現物は必要ありません。

ちなみに解約はMNPの手続きで電話でするだけで終わります(電話番号を引き継ぐ場合)

店舗に足を運ぶこと無くできますので、もちろん現物を見せる必要もありません。

まとめ

ソフトバンクのiPhone6から格安SIMに乗り換える時の疑問点についてまとめます。

 

要点のまとめ

  • iPhone6をそのまま使うのであれば「b-mobile(ビーモバイル)」か「nuromobile
  • 家電量販店にSIMフリー版のiPhoneは売っていない
  • iPhoneを買い替えるならばアップルストア
  • アップルの下取りプログラムを使おう
  • 下取りプログラムはiPhoneの状態によっては減額もある
  • 下取りの引き渡し時に初期化している必要はない
  • ソフトバンクの解約はスマホを手放した後でもできる
  • こんな感じになります。

また、せっかくなので簡単にではありますが、ソフトバンクのiPhone6で格安SIMに乗り換える流れについて、簡単にではありますが書いておきますので、よかったら参考にしてみてください。

まず最初に考えるべきことは、スマホを買い換えるかどうかです。

スマホを買い換えない場合は「b-mobile」か「nuromobile」に乗り換えるしかありません。

あわせて読みたい
【ソフトバンクのiPhone】SIMロック解除が不要の格安SIMはこれだ!ソフトバンクのiPhoneで古い機種はSIMロックの解除ができません。 じゃあ格安SIMに乗り換えることはできないのでしょうか? い...

スマホを買い替える場合は、以下になりますね。

  1. データのバックアップを取っておきます。
  2. iPhoneを買い替えるならアップルストアでSIMフリーモデルを購入しましょう。
  3. 合わせてiPhone6は下取りに出してしまいましょう(あとでWebで下取りに出してもいい)
  4. その後、ソフトバンクでMNPの予約番号をもらいます。これが実質解約処理です。
  5. MNPの予約番号がもらえたら、格安SIMの手続きをしましょう。
  6. SIMが届いたら、新しく購入したiPhoneにSIMを挿して終わりです。

長くなってしまいましたが、以上です。

お疲れ様でした。

 

ABOUT ME
Taka
30代/既婚/娘1人/夢は脱サラ。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)納得がいく人生を送れるように日々試行錯誤しています。仕事、育児、ブログなど幅広いジャンルで記事を書いています。最近は1に育児、2にブログ、3に仕事というライフバランスです。