ブログ活動

Macのプライバシーフィルムは「MacGuard(Macガード)」をオススメします!

ようやく購入しました。Macガード。

これでカフェブログが安心してできる!

僕はPCの画面を見られているかと思うと落ち着いて作業ができないんですよね。

Macガードは今までにもありましたが、僕が今年購入した2017モデルのMacBook Pro(13インチ)に対応しているMacガードの発売を心待ちにしておりました。いつ発売されるのかがわからなかったので、しばらく待っている間にすっかり忘れていたのですが、先日ふと思い出しまして調べてみたら発売されていましたので、さっそく購入してみました。

ということで、その使用感などについて書いていきたいと思います。

[adsense]

購入したMacガード

Macガード

 

「MBG13PF2」という型番です。「MBG13PF」という型番もありますが、こちらは一世代前のものですので、お間違いの無きようお気をつけくださいませ。

型番はパッケージ裏の右下に記載されているので、店舗で購入される人は確認してみてください。

Macガード−型番ラベル

2017年モデルのMacとは

実際、ここで紹介するMacガードが使えるMacってどれなの?という疑問が出てくる人もいると思いますので、僕が実際に使っているMacはこれだってところを紹介しておきたいと思います。

 

確認方法は以下の通り。

Mac−メニューバー

画面左上のアップルのマークをクリックします。

 

Mac−アップルアイコンメニュー

「このMacについて」をクリック。

 

このMacについて−システムレポート選択

こんな画面が開きますので、「システムレポート」ボタンをクリック。

 

Mac−ハードウェアの概要−機種ID

 

こんな画面が開きますので、この中の「機種ID」の項目を確認します。

僕の場合は、MacBookPro14,2です。

 

これだけでも、紹介するMacガードが対応しているかどうかの確認は充分だとは思いますが、さらに確実な確認をするならば部品番号(型番)の確認になりますので、その確認方法についても紹介しておきます。

 

以下のページで機種IDから部品番号を確認できます。

 

機種IDが、MacBookPro14,2の場合は、部品番号は以下になります。

  • MPXV2xx/A
  • MPXW2xx/A
  • MPXX2xx/A
  • MPXY2xx/A
  • MQ002xx/A
  • MQ012xx/A

僕の場合は、MPXV2JA/Aです。

部品番号は、箱や保証書にも記載されていますので、その方が簡単という人は見てみるといいと思います。

Mac−箱に記載の型番

これが僕が使っているMacです。

Macガードの特徴

次は、そもそもMacガートってどんなフィルムなの?という話をしていきたいと思います。

取り付け・取り外しが簡単

Macガードの最大の特徴は何と言っても、簡単に取り付け・取り外しができることです。

そもそもフィルムを取り外す必要があるんかい、っていう疑問があるかもしれませんが、せっかくのRetinaディスプレイです。キレイな画面で使いたいじゃないですか。家の中で使う時はプライバシーもクソもないわけですから、外して使いたいでしょう。

外出先では取り付けて、家では外すということが容易にできるのが、このMacガードの最大の特徴と言っても過言ではないでしょう。

フィルムはマグネット式になっていますので、ペタっと貼り付けて、ペロンと取り外せるので非常に簡単です。

ノングレア・グレアの表裏両面対応

グレア(光沢がある面)とノングレア(光沢がない面)が表裏両面対応となっています。表はグレア、裏はノングレアという感じ。

基本的には、僕はグレアが好きなのでグレア面を使っていますが、長時間作業をグレア面でやっていると疲れが出やすいらしいので、その場合はノングレア面を使うというふうに使い分けるのもありかなと思います。

まぁこの辺は好みの問題が一番ですよね。気分を変えれるという意味で、両方対応しているのは嬉しいことです。

Macガード−ノングレア面ノングレア
Macガード−グレア面グレア

ちょっと画像ではわかりにくいですね・・。

フィルムはノングレアとグレアの表裏両面、2WAY仕様。
ノングレアフィルムは指紋防止加工を施しており指紋やホコリなどが付きにくく、また反射防止加工により画面への映り込みを防ぎます。
グレアフィルムは鮮明なコントラストが再現でき、それぞれの使用シーンに合わせてお好みでお使い頂けます。

視野角左右30度から視線をシャットアウト

まぁ何と言ってもこのためにプライバシーフィルムは買うんですからね。シャットアウトはもちろんばっちりです。

覗き込む角度が鋭角になればなるほど、画面を見ることはできません。

ただし、画面の明るさが明るければ明るいほど、横からでも見えるようにはなってしまいますね。

言葉で説明してもわかり辛いと思いますので、画像を見て確認してみてください。

Macガード−横から明るさ100%明るさ100%
Macガード−横から明るさ50%程明るさ50%程度

普通に作業をする分には、明るさを100%にすることはないと思うので、明るさ50%程度の画像の方が参考になるかもしれません。

あと、画像はノングレア面でのものになります。グレア面での使用の場合はグレアの光沢により反射もしますので、より見えにくくなりますねー。

オフィスや外出先、電車の移動中など、人目につく様々な場所で覗き見を防止。周りの目を気にする事なく作業に集中できます。

装着したままで閉じても問題ない

Macガードを貼り付けたまま、画面を閉じても全然大丈夫です。

仮に厚みのせいで閉じれないなんてことがあったら、すごく面倒くさいですよね。取り外しが簡単とは言え片付ける度に取り外さないといけない、なんていうのはちょっと使用感としては難ありだと思いますので。

そして、取り付けたままでも僕が愛用している薄型のケースに入れることも問題ありません。要は、取り付けていてもPCの厚みはあまり変わらないということです。

見た目がダサくない。まるで何もつけていないかのようだ。

これ、結構嬉しいです。

僕の偏見ですが、脱着可能なフィルムって結構ダサいイメージなんですね。見た目がゴツいし、如何にも付けてます、見えないように保護してます、的な感じがちょっとアレですよね・・。

ところが、このMacガードは取り付けていても全く気になりません。何も付いていないかのような感じです。

Macガード−ノングレア面ノングレア

写真を流用しますが、ぱっと見でフィルムがついているってわからなくないですか?これは僕個人的にはかなり気に入っているところです。

 

最後に

一つだけ残念なことがあります。

2017年12月10日現在、Amazonでは取り扱っておりません。ただし、楽天では取り扱っておりますので、ネット購入の際は楽天をお使いください。

あと、僕はヨドバシカメラ梅田(大阪)で現物を見てきましたが、店舗に置かれているのは1つだけでした(裏に在庫を持っているかもしれませんけど)

個人的な感覚では、ちょっと品薄なのかな、という感じがしています。

ということで、ご要望の際はお早めに購入するといいかもしれませんね。

 

ちなみに、価格は、楽天で4,946円(税込)です。

高いと思うかどうかは人それぞれかと思いますが、個人的には納得できる価格だと思っています。

安いフィルムはいくらでもありますが、これだけのクオリティであれば僕としては大満足です。もともと欲しかったというのもあるんですけどねぇ・・。

 

こちらから購入できます↓

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07