自分でやってみた!iPhoneSEのバッテリー交換方法や注意事項など

スポンサーリンク

未だにiPhoneSEを使っているのですが、さすがにバッテリーが劣化して、最近では1日ももたなくなっていました。

AmazonでiPhoneSEのバッテリーが売られていることを知って早速購入してみましたので、バッテリーの交換手順やら感想やらを書いてみたいと思います。

最初に言っておくと、素人はやめておいた方が良いかもしれません…。

私は仕事柄、こういうデバイスの分解組立は普通の人よりは出来る方だと思っていますが、iPhoneSEのバッテリー交換は割にしんどかったです。

スマホみたいな小さな精密機械の中を弄るのはなかなか神経を削られます。iPhoneSEは4インチということで最近のスマホの中でも輪をかけて小さいということもあるかもしれませんが。

本バッテリーの交換をやるなら、せめて器用な人にサポートしてもらってやることをお薦めしておきます。

ご自身でのバッテリー交換時に発生した故障は自己責任です。また、分解した形跡があると今後の修理は受け付けてもらえないと思った方が良いので、何があっても全て自己責任という認識を持つことが必要と考えてくださいね。

スポンサーリンク

【iPhoneSE バッテリー】購入したのはこれ

今回購入したバッテリーはこちらのZMNT iPhoneSEバッテリー。

価格は2,000円程度です。安い!

これで愛用しているiPhoneSEが延命出来るなら安いものじゃないですか。

他にもiPhone5、5c、5s、6、6s、7のバッテリーなども販売されています。

一応、本バッテリーは全てのiPhoneSEに対応しているように見えますが、対応型番として以下のものが明記されているので、購入前に確認をしておいた方が良いと思います。

ZMNT iPhone SE バッテリー 専用 交換用 1700mAh バッテリー 大容量 PSE準拠 — 標準工具セット付き 日本語説明書付 iPhone SE用

[jin-fusen3 text=”対応している型番”]

  • A1723
  • A1662
  • A1724

お手元のiPhoneSEの型番はiPhoneSEの背面を見ればわかります。

iPhoneSE Model(型番)の確認方法

本バッテリーの構成品はこんな感じ↓

iPhoneSEバッテリー 付属品などiPhoneSEを分解するのに必要な道具は全て付属されているので安心してもらって大丈夫です。iPhoneSEの分解を含めたバッテリーの交換手順も含まれています。

スポンサーリンク

【iPhoneSE バッテリー】交換前と後の違い

当たり前といえば当たり前ですが、めちゃくちゃ電池の持ちが良くなりました。そこについては満足です。

これは体感の話になるので、これだけ言われてもピンと来ないかもしれません。

目で見える変化としては、iPhoneではバッテリーの最大容量を見ることが出来るのですが、バッテリー交換前は85%であったのに対して、交換後は100%になりました。

[2col-box]
[2-left title=”Before” style=”1″]

iPhoneSEバッテリー容量85%

[/2-left]
[2-right title=”After” style=”1″]

iPhoneSEバッテリー容量100%

[/2-right]
[/2col-box]

「85%って結構使えるんじゃないの?」って思うかもしれませんが、仕事がある日(スマホを触る暇があまりない日)で1日持つかどうかです。毎日のように帰宅する頃にはバッテリー残量が一桁になります。

ちなみに私のスマホの使い方はウェブやニュースアプリを見ることがメインで、あとは残量と相談しながらゲームアプリのドラゴンクエストウォークをするくらいです。

それが交換後は帰宅時に残量が60%以上はあります。

毎日のように感じていた電池が途中で切れるんじゃないかという不安が無くなって快適になりました。

スポンサーリンク

【iPhoneSE バッテリー】交換方法で感じたことなど

詳しい交換手順については、本商品の付属の説明書に書かれていますので割愛します。

ここでは説明書を見ただけでは読み取れなかったことや、実際にやってみて感じたことを紹介します。

ちなみにバッテリー交換の所要時間は約1時間でした。

液晶を外すのはそれ程難しくない

iPhone本体は液晶がカバーのようになっていて、中を覗くには液晶を外さないといけない。

私の中でiPhoneの分解といえば、液晶を吸盤で引っ張って外すことになるので液晶が割れやすいというイメージだったのですが、そこは意外と問題ではありませんでした。

液晶を外したら、もうバッテリーが見えているので「楽勝やん」と思ったのですが、キツイのはここから先でした…

バッテリーが外れない

バッテリーはボトムケースに粘着テープで固定されています。

このテープの粘着力がなかなかに強力で素手ではとてもじゃないけど取れないです。

説明書には、取れない場合はドライヤーで温めて(テープをやわらかくして)取るようなことが書かれているのですが、間接的にとはいえバッテリーを温めるのは素人はやめた方が良いと思います。バッテリーから発火の可能性があるので…。

結局、マイナスドライバーをねじ込んで無理矢理取りました。あまり強引にやるとボトムケースを割ってしまいそうで気を使いながらやったので、この工程はかなり疲れました。

[2col-box]
[2-left]

iPhoneSEのバッテリー

無理矢理外して変形したバッテリー

[/2-left]
[2-right]

iPhoneSE バッテリーを外したところ

iPhoneSE バッテリーを外した状態

[/2-right]
[/2col-box]

テープを貼るのが難しい

「バッテリーが外れたことだし後は組立てるだけだ」と思ったのも束の間、まだ地獄は続きます。

バッテリーを固定する為の粘着テープが貼りにくいのなんの。粘着テープはボトムケース側に貼って、そこにバッテリーを乗せる感じになります。

iPhoneSE バッテリー固定用テープを貼った状態

完全に貼り方失敗した…

実際どうすればよかったのかはよくわかりませんが、結構強力なテープなので上↑の写真くらい貼れていれば、まぁ大丈夫だろうと判断しています…。

スポンサーリンク

【iPhoneSE バッテリー】まとめ

バッテリーを交換したことで劇的にバッテリーのもちが良くなったので、かなり満足しています。

ただしバッテリーの交換は素人には難しいと思われます。上記で紹介した以外にも中のケーブルのコネクタも小さく指で摘むのは困難な為、外したケーブルを接続するのもなかなか苦労したということもあります。腕に自信がなければ器用な人にお願いするなどした方が良いでしょう。

あと、交換後のスマホの使い方ですが、普段の何気無い充電のやり方がバッテリーの劣化を早める可能性があります。スマホのバッテリー充電について以前にまとめた記事を紹介しておきます↓

スマホのバッテリー劣化の原因は充電状態にある!やってはいけない3つのこと
みなさんはスマートフォン(以下スマホ)のバッテリーの扱いについて考えたことはありますか?バッテリーは適切に扱わないと...

[jin-fusen3 text=”今回購入したバッテリー”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました