働き方

ホーキンスのビジネスシューズ「TR IT LW U-TIP HL82004 」を1年半以上使ってみた感想

ホーキンス-TR IT LW U-TIP HL82004-画像
本記事は筆者が「TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK」を使ってみたレビューになりますが、販売停止になっています。

ホーキンス-TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK-画像TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK

本ページに紹介しているリンクは、現在販売されている「TR IT LW U-TIP HL82004」(後継的な位置付けの靴)になっていますので、ご注意ください。
【HAWKINS】 ホーキンス 防水ウォーキングシューズ TR IT LW U-TIP HL82004 F14 BLACK
 

1年半以上前になりますが、ホーキンスの「TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK」を購入しました。

今も現役で使っています。

この靴は以下の条件全てに合致するような人にオススメです。

こんな人にオススメ!

  • スーツを着て仕事をする人
  • 毎日、長距離を歩く人
  • 肉体労働が多い人

 

スーツに合う靴が必要で、毎日のように長距離を歩いたり、立ったりしゃがんだりが多い人にオススメします。

ということで、1年半以上使ってみた感想を書いてみたいと思います。

購入の背景

僕は会社勤めをしているのですが、これまで見た目がスマートで格好の良い靴ばかりを選んでいました。

しかし、スーツ姿でありながらも肉体労働をすることも多々あります。

普通のビジネスシューズだと足が痛いし、汚れたり傷がついたりするんじゃないかと気になって仕方がない。

野球のキャッチャーのような体勢で、つま先を立てるように座りこむことが多く、足の指の関節付近を激しく曲げることが多いので、その部分には二度と消えない皺ができてしまうんですよねぇ・・。

お気に入りの靴が台無しです。

せめて、そういう作業がある日だけでも動きやすくて傷みにくい(傷んでも気にならない)ような靴はないものかと探していたところ、「ホーキンス TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK」という靴を見つけたのでした。

1年半以上使ってみた感想

使い始めて、かれこれ1年半以上が経ちました。

メリットとデメリットにわけて、感想を書いてみます。

メリット

先に書いた通り、肉体労働があるとわかっている日には必ず履いています。

この靴は内外ともに非常に柔らかいので、激しく動いても長距離を歩いても、足が痛むことはありません。

内側はクッションが効いていて、すごく柔らかいです。

移動も多く、移動先で激しい作業があった日でも問題はありませんでした。

 

「スニーカー感覚で履ける」という表現が、ぴったりの特徴だと思います。

 

また、防水性や透湿性に優れた「ウォーターテック」というしくみが採用されているのも特徴です。

1年半以上履いていますが、雨が中に入ったことはありませんし、夏場汗で靴の中が蒸れてという記憶もありません。

 

あと、靴底には防滑性に優れた「アイステックソール」を採用。

雨の日にビルのツルツルの床を歩くと、結構滑って転けそうになったりするんですが、この靴では滑った記憶がありません。

地味に有り難いしくみですね。

デメリット

デメリットを書きますが、これは個人差があると思います。

僕の主観になりますので、その辺をご理解の上お読みくださいませ。

 

デメリットは1つだけです。

それはデザインの問題です。

ホーキンス-TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK-画像TR IT LW U-TIP HL82004 ALL BLACK

画像を見ると「無難なデザインで悪くないんじゃない?」と思うでしょう。

何が不満かというと、実際に履いてみないと気づかなかったのですが、結構ごっついです。

スマートな靴を想像しているとしたら、ちょっと印象が変わると思います。

ビジネススーツに合わせて履いた時に、足元もスマートだと格好良いと思うのが僕の価値観なので、その点についてはちょっと残念でした。

例えるなら、ガンダムの足って感じです(ちょっと例えが下手かも・・)

ただ、これは僕が持っているスーツと合わないというだけかもしれません。

とにかく、購入をお考えであれば一度お店で履いてみた方がいいと思います。

できれば仕事帰りなどに、いつものスーツ姿で行って履いてみることをオススメします。

まとめ

結局のところ、良い靴だと思ってます。

さっきも言ったとおり、実際に1年半以上経った今でも現役で使ってますからね。

それが良い靴だと思っている何よりの証拠だと思ってもらいたい。

デザイン性にやや不満があるものの、最近は毎日のように履いています。

無難なデザインではあるので、着るスーツを選ばないというのは嬉しい特徴です。

とはいえ、強調するべきポイントは、やはり履いていて楽なところです。

デザインうんぬんよりも、とにかく足への負担を気にする人にオススメしたい靴となっています。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください