読書・書評

【書評】働き方 完全無双 – ひろゆき氏

2chの創設者、ひろゆき氏の「働き方 完全無双」を読んだので書評を書いてみようと思います。

以前からYouTubeでひろゆき氏の動画は見させてもらっていました。

独特の考えを持っている人で普通の人の悩みや疑問い対してズバズバと意見をするようなイメージですね。

「論破」というキーワードが本当にしっくり来る感じです。

とにかく、ひろゆき氏の話は聞いていて面白いので、この「働き方 完全無双」を読んでみることにしました。

本書籍は、働くことを経験している人であれば頭に入って来やすい内容だと思います。

普段働いていて思う疑問や不満について「それそれ!」という感じでしっくり来る話が多いと思います。

内容に同意できるかどうかは、あなた次第ですが・・。

働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなくて良い

本書籍の中で一番印象深かったのは「働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなくて良い」という考え方です。

これはベーシックインカム(国が国民に最低限の生活費を支給する制度)が成り立っている前提です。

要は働かなくても生きていける社会になった時に、働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなければ良いという話です。

多くの人がお金を稼ぐことが目標となってしまっている昨今ですが、ベーシックインカムが導入されると「お金のため」を考えなくてもよくなるよねっていう話です。

お金のためではなく「楽しいからやる」とか「人の役に立ちたいからやる」という純粋な気持ちで働ける社会になると思うんですね。

そういう人達に対して働きたくない人は、自ら進んで活動をしている人を心の底から尊敬できるようになる、というようなことも書かれていますが、まさのその通りだと思います。

僕はサラリーマンをしていますが、会社での仕事は「いかに楽をするか」という精神が見え隠れしています。

ほとんどの人は「働かなくて済むなら働きたくない」と思っていると思います。

頑張っても頑張らなくても、貰える給料はあまり変わりませんから・・。

同じ給料であれば、楽をしたいと思うのが普通です。

もし仮に全員がそう思ったとすると会社が成り立ちません。

サラリーマンはこういう葛藤があって苦しんでいます。

この問題をベーシックインカムが解決してくれるというわけです。

本当に今はお金に振り回され過ぎていると思います。

「お金のため」という考えがなくなると気持ちが豊かになっていくと思うんですよね。

この話が一番印象に残りました。

日本人のネガティブな精神

僕
それな!

ちょっと言葉が汚くなりますが、ビビって初動が遅いとか結局やらないということを仕事の中で目にすることが多いんですよね。

他人事ではありません。自分もそうだと思います。

世界を知るひろゆき氏は「日本人」の特徴だと言う。

本書を読んでいて「日本人のこういうところダメだよな」って思ったことを上げるとこんな感じです。

  • チャレンジに失敗するとすぐ辞める
  • そもそもチャレンジしない
  • 問題が起きると関係無い人まで規制する

本書ではアメリカのバスの自動運転の事例があげられています。

無人バスの運用をしてみたところ、事故が起きた。

アメリカ人は「最初だからそんなもんだよね、これからだよね」という感じであるのに対して、日本人はそのニュースを見て「やっぱり危ないから使えないね」という感じだったらしいです。

よく「リクスを取らないと成功しない」なんて話を見聞きすることがありますが、そういうことなんですかね。

失敗せずに成功できればもちろん良いんですけど、それは不可能ですよね。

アメリカ人は「失敗から成功への道を見つけよう」という考えであるのに対して、日本人は「失敗したくないから成功は諦めよう」という考えになっている印象です。

あなたの職場はどうでしょうか。

リスクを取って仕事をしている人がどれだけいますか?

あと、問題が起きた時の話です。

問題が起きると当事者だけでなく、その問題とは無関係の人の行動まで抑止しようとする風潮はありませんか。

僕はすごくそれを感じています。

実際、僕が働く会社全体で起きる問題は数え切れないほどあります。

それら全ての問題の対策を、全員に意識付けするんです。

はっきり言って覚えていられません。

僕は記憶力が弱いので、肝心な時にそのルールを引き出すことができません。

それに「あれもダメ、これもダメ」と人の行動を抑止してばかりでは息苦しい。

極端な話、簡単なこと1つするだけでも上司の許可が要る風潮です。

実際はいちいち許可を取らないし、上司が「許可を取れ」と頑なに言っているわけでもありません。

しかし、社員が潜在的にこういった考えを持ってしまっているのは間違いないと思います。

潜在的な話なので「よくわからないけど、とにかく息苦しい」という気持ちになってしまっています。

こうなってしまったのはリスク(失敗)を受け入れられない考え方が原因だと僕は思っています。

「そういうのダメだよね」って話がひろゆき氏の言葉で書かれていると思います。

働き方に悩む人の気持ちを楽にしてくれる本

まとめに入っていきますが、働いていて「何かおかしいよね」って思うことってたくさんあると思います。

 

なんでこんなことで悩まないといけないんだろう

なんでこんな無駄なことをしないといけないんだろう

なんでこんなことを言われなきゃいけないんだろう

 

人が生きるために必要の無い悩みってたくさんあると思うんですね。

みんなわかっているはずなのに、何故か無くなりません。

世の中はもちろん、自分の周りにいるほんの数人の気持ちを変えることすらできません。

でも自分の気持ちは自分で変えられます。

1つでも良いので後ろ向きだった考えを前向きな考えに変えると、気が楽になると思います。

働き方に悩む人は、この本を読んでみると何かが変わるかもしれません。

2018年5月13日時点でAmazonの「労働総合関連」カテゴリーでベストセラー1位になっていますね!