子育て

うちの子供が3歳の誕生日を迎えたので成長の記録と共に僕の想いを残しておく

先日の話ですが、うちの子供(女の子)が3歳の誕生日を迎えました。

産まれてから今まで、随分長い時間が経ったような気がしていますが実はまだ3年しか経っていないんですよね。

でも3年っていうと寿命を80歳だと考えた場合、うちの子は人生の約26分の1が終わったことになります。

今までと同じ時間をあと25回過ごすとうちの子は80歳のおばあちゃんになるわけです。

人生とは儚く、あっという間に終わってしまうものなんだなぁと。

僕の寿命の話なんかもすると、もっと儚く感じるのですがこの辺の話はこれくらいにしておきます(無駄に長くなりそうなので)

すごく大きくなりました

SLマンから降りる娘SLマンから降りるうちの子

当たり前のことですけど、すごく大きくなりました。

現在の身長は96cmです。

同世代の子供と比べると大きい方?だと、うちの妻は言っていますがどうなんでしょうね。

 

僕が大きくなったなぁと実感するのは、お風呂に入った時です。

子供が湯船の中で座っても、顔がお湯に浸からないようになりました!

少し前までは座り込んだら顔がお湯に浸かってしまって、アワアワしていたのに・・・(笑)

お湯に入った時はいつも膝の上に座らせていたのですが、それが必要なくなると思うとちょっと寂しい気もします。

会話が出来るようになりました

ドキンちゃんにバイバイするうちの子ドキンちゃんにバイバイするうちの子

2歳になった時に既に話すようにはなっていましたが、3歳にもなると会話らしい会話が出来るようになってきました。

会話が出来ると何が嬉しいかというと、お手伝いをお願い出来るようになります。

よくお願いするのは、物を運んでもらったり、買い物で両手がふさがっている時にドアを開けてもらったり、といったことですね。

こういったことをお願いすると、子供は1人の人間として認めてもらえた喜びを感じているような気がします。

うちの子はお姉さん気質なのか、人のお世話をすごくやりたがるんですね(笑)

メルちゃんがお気に入りで、いつもメルちゃんを妹のように可愛がり、片手で抱きかかえながら家の中を走り回っています。

出かける時も抱っこ紐でメルちゃんを抱いていくくらいです(笑)

とにかく、お世話好きなうちの子が会話ができるようになってからは、僕たちを助けてくれる存在になりました。

おむつはまだ取れません

アドベンチャーワールドの風景アドベンチャーワールドの風景

う◯ちだけはトイレに行って出来るようになりました。

おしっこはまだトイレで出来ません。

でも、う◯ちをお漏らししないだけでも充分に成長したと思うし、僕たち親としてもおむつの処理が楽で助かります。

とにかく明るい子です

マネキンと肩を組む娘マネキンと肩を組んでピースするうちの子

うちの子は本当にアホだなぁと思うくらいに明るいのが取り柄です(笑)

将来はお笑い芸人になるんじゃないかと思うくらいに、オリジナルのギャグも持っています・・。

うちの子は女の子なんですが「ち◯ちん」とか「ぱ◯ぱい」とか「ぶー(おならのこと)」とか、言わない日はありません。

でも、僕たち夫婦はそんな娘にいつも笑わせてもらっています。

イヤイヤ期は相変わらず・・

淡路島の海淡路島の海

相変わらずイヤイヤ期は今も続いています。

ご飯は食べたくない、お風呂に入りたくない、お片付けもしたくないし歯も磨きたくない。

挙句の果てに、パパは嫌い・・・とにかく嫌嫌嫌!

「パパは嫌い」については愛嬌だと思っていますが(笑)

「なんでパパは嫌いなの?」って聞くと

娘
だってパパ好きじゃないんだもん

 

「なんで好きじゃないの?」って聞くと

娘
だってパパ嫌いなんだもん

 

無限ループします(笑)

可愛い年頃です。

話が逸れましたが、僕はあまり子供の行動を制限したくないので、ある程度のことは自由にさせてあげたいと思っています。

でも生きるために最低限必要なことくらいは、そろそろ自分の意思で出来るようになって欲しいと思ってます・・。

まぁ3歳なので無理もないんですけどね。なぜそう思えるかは、以前に本を読んで納得済です。

あわせて読みたい
怒る少女
ストレス爆発!イヤイヤ期の子供と楽に付き合うため読むべき本最近、子育てにすごく悩んでます。 こんにちは。Taka(@nrpxxxx)です。 我が子がかわいいと思ってはいるものの、子育てのスト...

子供が嫌だと主張するのは自我が芽生えたという成長の証ですから、もうしばらくイヤイヤ期は続くでしょうが大きな心を持って子供に接し続けたいと思います。

幼稚園に通うようになりました

つい最近ですが、幼稚園に通うようになりました。

最初は僕たち夫婦としか人と接したことがない娘が、幼稚園で一人になった時に泣きはしないかと心配をしたものです。

でも心配する必要もなかったくらい楽しそうに幼稚園に通っています。

安心したのと同時に、僕の首根っこにしがみついていた娘が僕を必要としなくなった瞬間のような気がして少し寂しい気持ちでもあります・・。

でも幼稚園に行くようになってから、靴を自分で履くようになりました。自分でやるしかないという状況になったことがそうさせたのだろうと思っています。

また、仲の良いお友達が出来たようです。お友達と一緒に走り回っている娘の姿を見ていると、こうやっていずれは一生もんのお友達を見つけるんだろうなぁ・・としみじみと思ったりします。

こうやって子供は成長していくんだなぁと思わされます。

娘の成長の記録を今後も残していこうと思う。

神戸モザイクの観覧車から見える海神戸モザイクの観覧車から見える海

うちの子が1歳の誕生日を迎えた時には、こんな記事を書いていたようです。

あわせて読みたい
母子の手
子供が1歳になった日うちの子が産まれてちょうど1年が経ちました。 出産から今日まで、短いようで長かった。 良くも悪くもいろいろと家庭内の変化がありました...

2年前に書いた記事で「当時はこんなことを思っていたんだなぁ」とすでに懐かしい気持ちになっています。

こうやって子供の成長の記録を残すことで、当時は子供がどんな感じだったのか、僕自身はどんなことを考えていたのか、などを懐かしむことが出来るんです。

でも、2歳の時は何も書いていなかったんですよ・・・。

なんか残念だなぁって気持ちになったので、これからは誕生日を迎えた時くらい記録を残していこうと思う。

何年か経ってこの記録を見た時に、思い出が蘇るように。

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07