KindleUnlimitedのおすすめ本をチェック
仕事

社員が謎の力に怯えるあまり、わけのわからない指示が飛び交う職場にみんなうんざり…

皆さん、最近どうですか?会社生活は楽しいですか?

私の周りでは全くと言っていいほど楽しそうにしている人を見かけません…。下手するとストレスで体調を崩している人がいるくらいです。

現在当社では、人員不足、或いは仕事量の過多により、末端の社員はヒーヒー言いながら日々の業務に携わっております。そして、上司からは毎日のように新たな指示が出され続け、その全てに応えることが非常に困難な状況になっている。

片や上司側は「何故何度言っても出来ないんだ。出来ないならその理由を言え」と指示が悪いわけではなく出来ない社員が悪いと言わんばかりの言い分を言うばかり。当然のことながら出来ない理由なんて言える雰囲気ではありません。

まぁ今に始まったことではないのですが、最近は度が過ぎている感じがしているので「この会社もいよいよだなぁ」と思っている次第です。

一体何が彼ら(上司ら)にそうさせるのでしょうか。一体何に怯えてのことなのでしょうか。

上司も部下も、引いては他社も含めて何故人はこんなに苦しめ合わずにいられないのでしょうか。

心にゆとりがない大人達が蔓延る(はびこる)現代社会は非常に情けないことだなぁと思います。

結局、上司も上層部の圧迫により言わされている

上司の指示を聞いていても、自身の言葉ではなく、誰かに言わされている言葉としか思えません。

「誰かに」とは、もちろんさらに上の人達でしょう。

そして上の人もまた言わされている。

結局、誰の指示なのかがもはやわかりません。私の想像では社長すら怪しい。

当社長は親会社からの天下りです。上層部でどこの誰とどんな会話がなされているのか、私のような末端の人間には知る由もありません。

私が考える理想としては、どんな指示を出してもらっても良いのですが、意図を聞きたいし、場合によってはそれが困難であることを伝えたい。

意図がわからなければやり方を考えようにも方向性がわからないことがあるし、困難と訴えてもこちらが甘えているだけならその旨しっかりと指導してもらえれば良いし、案があるなら教授して貰いたい。

要するに話し合いたいわけですが、あまりにも一方的なものですから、こちらサイドも聞く耳持たないという感じになってしまっているのです。何とも幼稚な職場だなぁと…。

上司の言い分は「会社の指示だ。みんなお給料貰ってるんだよね?じゃあ従わないといけないよね?」という感じ。

もはや我が職場に建設的な会話は無いように思えてなりません…

誰も本心を言えない職場

人間出来ることであれば簡単にやるものです。それで成果が出れば、むしろ自らやるくらいでしょう。

上司は「何で出来ないんだ」と嘆いていますが、難しいから出来ないのです、当たり前ですけど。

ちなみにうちの場合、個人差があるわけではなく、誰も出来ないのです。出来る人がいる中、出来ない人もいるとなれば話は別ですが誰も出来ないのです。となれば指示に無理があると考えても良いのではないでしょうか。

出来ない理由はいろいろありますが、その一つ一つと向き合って解決していかないことには話が進みません。

ところが上司は解決が困難な問題からは目を逸らす。上司としても解決が難しいとわかっている証拠です。

問題解決をする意思がない中、新たな施策に取り組もうとする。更には今までの施策をボツにするわけでもなく、それらは継続した上で新施策を上乗せする。こんな状況が続いています。

私が思うに、明らかなキャパオーバー、リソース不足という状況なので、結果が出せない施策は中止にして新たな施策に取り組むというようにしないと、リソース不足を加速させるだけだと思うのですが、当社には何かを止める提案をする勇気がある人などいないのです(私も同じです)

私はここで自分の考えをつらつらと書いていますが、職場で真剣にこういった考えを公表したことはないし、この先もないでしょう。こんな提案をして上司を納得させる程のパワーなどもはやありはしないのです。そもそも上司に訴えてどうにかなる問題でもないということも想像が付きます。

本心を受け入れてくれる人がいないのです。普通の末端社員には上層部から降りてきた指示を覆えすほどのパワーはないのです。

本心を言っても何も変わらない、自分が先頭切って上司を説得するほどの気力もない。みんなそう思っていることでしょう。

だからと言って、このまま腐って良いわけではない

当たり前ですけど、このまま腐ってはいけません。

上司が無理難題を言ってきかない…と思ったらもう無視しちゃいます。

ちなみにですが、皆さんの会社ではどうでしょう?面と向かって無理難題を押し付けてくる上司っていますか?

うちには部下に面と向かって強気でモノを言う上司はあまりいません。

その理由はおそらくですが、自分の発言に自信が持てないからだと思います。

指示の中には言うばかりでトレースを取っていないものも多々あります。極端な話、やっていなくてもやったと報告すれば終わることもあります…何やってるんや…。

そんな感じなので、無理な指示は交渉の余地が無いなら無視しちゃおうというわけ。

そして、本当に自分にとって身になる活動に精を出したいと思います。

どうせ頑張るなら自分の為になることの方が良いですからね。

自分の成長は会社のためにもなるはずですし、自分の人生も豊かにしてくれるはずです。

わけのわからないことにパワーを注ぐのはやめて、自分の成長に繋がる活動にそのパワーを注ぎたいものです。

まとめ

何に怯えているのか、皆自分を守るのに必死です。人のことを構う余裕なんてないのですね。

そうなるとチームワークもくそもありません。みんなが気持ちよく仕事が出来る環境の構築など程遠いのです。

こんな気持ちで人生の貴重な時間を費やすのは実に勿体無いことです。

各自がお互いに歩み寄る姿勢を持てるような社会になってくれれば良いのですが、そうなるには時間が必要、或いはそんな社会にはならないかもしれません。

とはいえ、少しでも「歩み寄る気持ち」を持ち続けこれからのビジネスライフを送るように努めていきたいと思います。

みんな悪い人というわけではないので、分かり合えるだろうと信じて…。

今日の一言

わけがわからない人は全員無視しよう…。自分が潰れることだけは避けないといけません。

ABOUT ME
Taka
Taka
会社員/娘1人/関西人/趣味:ブログ・筋トレ・ゲーム・娘との時間/ジャンルを問わず日々気付いたことを書いていくブログです。少しでもお役立ち情報を発信出来るように頑張りたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください