インターネット・格安SIM

ソフトバンクを解約したらスマホ使用料が10万円以上節約できた話!

乗換−アイキャッチ

 

まだスマホ代に高いお金を払っているんですか?

大手キャリアのスマホ代は、はっきりいってすごく高いです。

生活費を削減するために、一番目をつけるべきところはスマホ代だと言っても過言ではないくらいです。

僕はソフトバンクを使っていましたが、SNSが使い放題の格安SIM「LINEモバイル」に乗り換えました。

その結果、夫婦2人で年間約10万3,440円の節約に成功しました。(1人で年間5万1,720円の節約)

乗り換えって、めちゃくちゃ面倒くさいイメージを持っていると思いますが、これだけの金額が節約できると思ったら真剣に考えようと思いませんか?

浮いたお金でちょっとした旅行ができてしまうくらいですよ。

ここでは、僕の例としてソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える時にやったことを書いていくことにします。

乗り換えの検討から、事前準備、申込みまでを書いていきます。

乗り換えるメリットがあるのか確認する

お金

まずは、本当にLINEモバイルに乗り換えた方がお得なのかを確認しましょう。

今回、LINEモバイルを利用する目的は「スマホ代の削減」ですから、今まで以上に高くなっては本末転倒です。

ここは面倒くさがらずに、しっかりと確認をしていきましょう。

そもそも何でLINEモバイルなの?

そもそも数ある格安SIMの中から、なぜLINEモバイルを選ぶのか。

LINEモバイルの特徴の1つといえば、なんといってもSNSがカウントフリーというところです。

僕は、スマホゲームはあまりやりませんし、動画もWifi環境下でしか見ません。

一番データ容量を使っているのは、Twitter(SNS)だったんですね。

実は、SNSのカウントフリーを提供している格安SIMは、LINEモバイルだけではありません。

その他の格安SIMと比較した記事を書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい
SNSがカウントフリー(使い放題)の格安SIM 3選!本記事は、SNSのヘビーユーザーがどの格安SIMを選ぶべきかという話をしていきたいと思います。 これを考える上で、SNSのカウントフリ...

本記事の趣旨を考えて一言でまとめると、毎月そんなに容量を使っていないならLINEモバイルが一番いいよって話です。

料金シミュレーターで確認してみる

LINEモバイルを選ぶ理由がはっきりしたら、まずは以下のサイトに「料金シミュレーター」があるので、参考レベルで使ってみると良いと思います。

LINEモバイル−料金シミュレーター

実際、乗り換えて本当に安くなるの?ってところを確認するためです。

ちなみに僕がやってみた結果はこれです。

LINEモバイル−料金シミュレーター2LINEモバイル−料金シミュレーター

僕が考えていたのとは、ちょっと違うかな(笑)

なので、あくまでも参考レベルです。

料金シミュレーターでは、いくつかの質問に答えることで、自分にあったプランを教えてくれますが、万能ではありませんので自分で考える必要があります。

LINEモバイルの料金プランを選ぶ時に考えるべきことは、以下の2つです。

  • 通話を使うかどうか
  • 1ヶ月でどれくらいの通信をするか

通話を使うかどうかは「データSIM」と「音声通話SIM」のどちらを選ぶのかに関係しています。

「データSIM」の方が通話を使えない分、月額料金が安くなります。

もし通話を使わないのであれば「データSIM」を選びましょう。

1ヶ月でどれくらいの通信をするかは、どのプランを選ぶかに関係します。

LINEモバイルでは、3GB、5GB、7GB、10GBの4つのプランがあります。

これについては、きちんと現状を確認しておかないと決めようがありません。

現状を確認する

1ヶ月でどれくらいの通信をしているかを確認してみましょう。

ソフトバンクユーザーは、MySoftBankから確認ができます。

ちなみに、僕の2017年8月(乗り換え前)分の請求額は6,313円で内訳はこうでした。

  • 基本料金 934円
  • 通話料 186円
  • 通信料(データ定額料)4,290円
  • オプションサービス料 900円
  • ユニバーサルサービス料 3円

ちなみにその時の通信使用量はこうです。

パケット使用量

1ヶ月間の通信使用量は1.83GBでした。

MySoftBankでは、過去半年の履歴が見えます。

僕の過去半年の通信使用量は、平均すると2GBちょっとでした。

ということで、僕の利用状況をまとめると以下のことがわかりました。

  • 通話は使いたい
  • 月平均2GB程度の通信をしている
  • 毎月6,000円以上支払っている

どれくらいデータ通信をしているかの確認方法については、こちらの記事も参考になると思います。

あわせて読みたい
iPhoneで自分のデータ通信容量を確認する方法iPhoneでどれくらいのデータ通信容量を使っているのかを調べる方法です。 これを知ることで、カウントフリーを提供している格安SIMに...

LINEモバイルの料金プランと比較する

現状がわかったところで、LINEモバイルの料金プランを見てみましょう。

LINEモバイル 料金プランのページ

 

僕の利用状況から考えると「コミュニケーションフリープランの3GB、音声通話SIM」が良さそうです。

理由は以下の通り。

  • SNS使い放題を希望 ⇛ コミュニケーションフリープラン
  • 通話を使いたい ⇛ 音声通話SIM
  • 月平均2GBの実績 ⇛ 容量3GB

価格が月額1,690円のプランですね。

LINEモバイル コミュニケーションフリープランコミュニケーションフリープラン

一応、各プランを簡単にまとめるとこんな感じ。

プラン 価格 容量 カウントフリー
LINEフリープラン 500円〜 1GB LINE
コミュニケーション
フリープラン
1110円〜 3GB 5GB 7GB 10GB LINE Twitter Facebook Instagram
MUSIC+プラン 1810円〜 3GB 5GB 7GB 10GB LINE MUSIC   LINE  Twitter Facebook Instagram

 

カウントフリーとは以下のようなものです。

LINEモバイルでは、対象サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーを、各プランで提供しています。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

TwitterやFacebook、Instagramのアプリを入れている人は、コミュニケーションフリープラン以上の方がいいでしょうね。

ということで、月額料金を比較するとこうなりました。

現状 約6000円程度
LINEモバイル 1690円

毎月約4310円の節約になることがわかりました。

これはやるしかないでしょう。

事前準備

LINEモバイルへ乗り換えた方がお得だとわかったところで、契約に向けて事前準備をしましょう。

事前準備するものは以下の2つです。

  • LINEモバイルで使えるスマホ
  • MNP予約番号

順番に見ていきましょう。

LINEモバイルで使えるスマホを準備する

まずは、自分のスマホがLINEモバイルで使えるか確認しましょう。

参考までにiPhoneの対応機種を載せておきます。

  SIMフリー版 docomo版 au版 SoftBank版
iPhone 7Plus
SIMロック解除が必要
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
SIMロック解除不可のため、使用不可
iPhone 6
iPhone 5s
上記以外のiPhone 不明 不明

LINEモバイルで使えるiPhone

簡単にまとめると以下の通りです。

  • SIMフリー版・docomo版 ⇢ 利用可能
  • au版・SoftBank版 ⇢ 一部の機種でSIMロック解除にて利用可能

お使いのスマホが使えるものであれば、次に進みましょう。

そうでなければ、スマホの買い替えを検討しましょう。

あと余談ですが、テザリングを使うという人は注意が必要です。

LINEモバイルでテザリングができるスマホは、docomoのスマホとSIMフリーのスマホだけです。

auやソフトバンクのスマホで、LINEモバイルに乗り換えた場合はテザリングはできないので、注意してくださいね。

LINEモバイルで使えるスマホに買い換える

お手元のスマホがLINEモバイルで使えないようであれば、思い切って新しいスマホを購入しましょう。

「新しいスマホを買うのにお金を使っちゃったら意味ないやん」って思うかもしれませんが、買い替えてでも乗り換える価値はあると思います。

僕の場合、毎月約4,310円の節約ですから、24ヶ月間で10万3440円もお金が浮くんです。

新しいスマホを買っても、長い目で見れば充分に元は取れそうです。

ただし、節約という目的であったことを忘れてはいけません。

あまり高いスマホを買わないようにしましょう。

ちなみに僕の場合は、アップルストアでiPhonSE(SIMフリー)を39800円(税抜き)で買いました(2017年9月)

なぜiPhoneSEだったかというと、やっぱりiPhoneが使いやすいし、iPhoneの中では一番安かったからです。

iPhoneにこだわりがなければ、LINEモバイルでもっと安いスマホを買うこともできます。

 

ただし、ソフトバンクのスマホを使っている場合は、LINEモバイルにこだわらなければ、以下の記事が参考になるかもしれません。

あわせて読みたい
【ソフトバンクのiPhone】SIMロック解除が不要の格安SIMはこれだ!ソフトバンクのiPhoneで古い機種はSIMロックの解除ができません。 じゃあ格安SIMに乗り換えることはできないのでしょうか? い...

ソフトバンクのスマホならSIMロックの解除をしなくても、使える格安SIMがありますよって話です。

個人的にはオススメです。

僕が乗り換えた時は、この格安SIMは無かったので残念でした・・。

MNP予約番号を準備する

MNP予約番号とは、携帯電話番号ポータビリティのことで、キャリアを変えても電話番号が変わらないようにするために必要なものです。

LINEモバイルに乗り換えて電話番号が変わって欲しくない人には必須の手続きです。

ここでは、MNP予約番号について書いていきます。

手数料

MNP予約番号の取得でかかる手数料は以下の通りです。

MNP転出手数料 3,000円
契約解約料 9,500円

ここではソフトバンクの料金を紹介しています。

ご参考までに。

これらの手数料は取得しただけでは発生しません。

このMNP予約番号を使ってLINEモバイルの手続きが完了した時点で発生します。

手数料の支払いは、最後の請求に含まれますので、すぐに支払わないといけないわけではありません。

契約解約料については、ソフトバンクの場合は契約が2年単位の自動更新になっていて、契約更新月の前後で解約をすれば契約解約料はかかりません。

契約解約料がかからない更新月前後に乗り換えるのが理想的なんですが、契約解約手数料がかかるからといって、更新時期まで待つ必要はありません。

ソフトバンクの場合は9,500円ですが、先に書いたように月4310円の削減ができるとすると2ヶ月で契約解約料はペイできるのです。

逆に言うと、1ヶ月後に更新時期を迎えるようであれば待つのもいいでしょう。

数ヶ月先の話であれば、即乗り換えてしまいましょう。

話を戻しまして、MNPの手続きについて、僕の場合はソフトバンクなので「お問い合わせ窓口(電話)」か「ソフトバンクショップ」で手続きができます。

(SoftBank)MNP予約番号を取得するには

ちなみに、MNP予約番号を受け取ったからといって、すぐにソフトバンクのSIMが使えなくなるわけではないので安心してください。

注意事項としては、MNP予約番号は受け取りから15日が有効期限となります。

したがって、この15日間でLINEモバイルの契約をしてしまいましょう。

ちなみに15日を過ぎるとどうなるかというと、ただ単にMNP予約番号が無効になるだけですので、不安になる必要はありません。

LINEモバイルへ申し込む

LINEモバイル−のん

ここまでの準備ができたら、いよいよLINEモバイルの契約をしましょう。

LINEモバイルから手続きをしていきましょう。

 

「申し込む」から手続きを進めていきましょう。

LINEモバイル−申込み

 

エントリーコードを利用する場合は、下の赤枠の方を選んでくださいね。

申込み−エントリーコード

これをしないとエントリーパッケージを購入した意味がありませんよ(笑)

 

あとは、案内に従って手続きを進めて行くだけですが、注意が必要なのは「SIMサイズ」の選択です

SIMサイズ選択

動作確認済み端末一覧で、きちんとSIMカードサイズを確認しておきましょう。

ちなみにiPhoneであればどの機種でも「ナノSIM(小)」になります。

これを間違うと、SIMカードがスマホに入らないという間抜けなことになってしまいます・・。

あとは、契約者情報などの必要事項を入力していくだけですが、ここでも1つ注意事項があります。

入力する内容は「本人確認書類」と一語一句同じにしておきましょう。

例えば、本人確認書類の住所が「2丁目-1-3」という表記になっているのに「2-1-3」と入力するとアウトです。

一語一句同じにしないといけないというのは、こういうことです。

こういったミスで契約の審査に通らないことがよくあります。

以下は、僕の体験談です。

あわせて読みたい
UQモバイルで4回審査に落ちた僕がLINEモバイルでは1発で審査に通った話UQモバイルでめたくそに審査に落とされました。 UQモバイルで4回審査に落ちた話はこちら https://tkhb7.com/uqm...

無事手続きが終われば、約2日後にSIMカードが届くので、それをSIMフリー端末に挿せば終わりですね。

※初期設定等はもちろんあります。

【余談】キャンペーンにはこだわらなくて良い

LINEモバイルでは、ほとんどいつでも何らかのキャンペーンがあります。

内容はその時々で内容が変わりますが、正直気にする必要はありません。

なぜならば、キャンペーンを利用するのに特別な手続きがあるわけではないですし、仮に契約時に良いキャンペーンがなかったとしても、早く契約をして月々4,310円を浮かせた方が断然お得だからです。

例えば2018年3月2日現在では、月額使用料が最大2ヶ月無料になるキャンペーンがあります。

僕が選んだコミュニケーションフリープラン3GB音声通話SIMであれば、最大で2ヶ月分の3,380円お得になります。

3,380円のために月々4,310円の削減を先延ばしにするメリットがありますか?

待てば待つほど、月4,310円を無駄に支払っていくだけなんですよ。

そう考えると、どれだけ早く乗り換えるべきかが納得できるんじゃないでしょうか。

まとめ

ソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換えた時にやったことを書かせてもらいました。

その結果、1年間で約5万1720円の費用削減になりました。

しかも、うちの場合は夫婦揃ってLINEモバイルへ乗り換えたので、2人で年間10万3440円ほどの削減に成功しました。

年間で10万円以上の削減ですからバカにできません。

これだけのメリットがあることは明白なので、まだ高いスマホ代を払っている人は面倒だと思わずに、早くLINEモバイルに乗り換えてしまいましょう。

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07