KindleUnlimited対象のおすすめ本はこちら!
趣味

ツイッターをやめることにしました

Twitter ツイッター

タイトルの通りツイッターをやめることにしました。

頑固オヤジになったせいか、ツイッターを見ていても変なものばかり目についてストレスにしかならなくなりました。

ニュースを見ていても有名人がツイッターで炎上している記事も毎日のように目に付きます。

意図的に炎上させるという不信感を与えられる戦略や、それに対して匿名性を利用して強気な批判をする人々…。

ツイッターって一体何なんだろうか。

そんな気持ち悪さとストレスがあって、思い切ってやめればスッキリするんじゃないかなぁと思った次第です。

本記事ではツイッターのどんなところに気持ち悪さを感じていたのか等々書いていきます。

やめる理由①|人間の嫌な部分が見えてしまう

ツイッターへの不満で一番大きいのは「人間の嫌な部分が見えてしまう」ということ。

いつもツイッターを眺めていると、人間の嫌な部分を見ているような気がしてなりません。

著名人の方々のツイートには他人を傷つけないような配慮が見られて、いつも感心しているのですが、一般人の方々のツイートは配慮に欠けるものが多いし、しかもそれに同意するような反応(リツイートやいいね)が多いものを見ても、正直「何だかなぁ」としか思わない。私には同意出来るものが多くありません。

ツイッターは誰に対してでも言いたいことを言える形になっていますが、度が過ぎるというか自己中心的な発言にしか見えないし、しかもドヤ感が半端ないように感じてしまいます。

また、中の人が子供か大人かがわかりませんが、たぶん大人であろう人の言葉遣いの悪さときたら、それはもう稚拙という以外にありません。

あと、「匿名だから強気」という雰囲気も嫌いです。それは私自身にも言えることですが、素性を知られずにするツイートには責任感が感じられないわけで。

当たり障りのないことや、見ていて気持ちの良いツイートをしているなら良いのですが、どうしても私には人を蔑むようなツイートが目に飛び込んでくるんですよね。

それは私がフォローをしている人がリツイートしたものであることが多く、本人は良いツイートをするのに残念なリツイートをされてしまうと「やっぱりこの人もそっち系なのか…」と萎えてしまうのです。

そう思ったらフォローを外しはしないもののミュートにしてしまうのですが、そうするともはや見るツイートがないのです。

ツイッターを見る目的は、和やかな気持ちにさせてくれるものを見たり、お役立ち情報や旬の情報などを見たいからだったのですが、目的に沿った満足のいくツイートは少なく、それ以上に見ていて気持ちが悪くなるツイートばかりが目に入ってくることに気付きました。

世の中がどうかしているのか、私が人のツイートをそういう目でしか見れない精神状態にあるのかはわかりませんが、とにかく今はツイッターを見るべきではないと考えました。

やめる理由②|心が荒む

最近のこのブログの記事を読んでもらえればわかるかもしれませんが、私の心が荒んでいるように思います(笑)

側からはそう見えていなければ良いのですが、私自身は荒んでいると思っています。とてもじゃないですが、良い精神状態とは思えません。

私も気が弱いせいか、すぐにネットなどの情報に流されてしまいます。

世間が右に向けば右を向き、左を向けば私も左を向く。そこに自分の意思はなく世間の意見に流されて、あたかもそれが自分の意見であるかのような勘違いをしてしまっている。

それがどことなく気持ちが悪いことに以前から気付いていましたが、なぜか受け入れてしまっていました。

人がどう言っているから、自分もそちら側について意見をするということに、最近は嫌気がさしてきたのです。

自分を保つにはツイッターと距離を置いた方がいいかな、ということを思ったわけです。

やめる理由③|時間が勿体無い

暇があればツイッターを覗いてしまいます。そして、おすすめのユーザーから限りなくいろんなユーザーへと飛んでいき、気が付けば15〜20分経っていることはザラです。

あと、ツイッターを見ないと気が済まないというストレスに苛まれていたりもします。

オンラインゲームにハマり過ぎて依存症になっているかのような辛さです(そこまでではないけど)

私もオンラインゲームにハマって抜け出せなくなった経験がありますが、抜け出した時はすごい開放感があったのを覚えています。

それまで忙しく生きていたのが嘘のように時間に余裕ができる。

時間に余裕ができると気持ちに余裕が出来て人に優しくなれますし、健康面でいっても身体が楽になったりします。

ネットに依存する生活から抜け出し、時間に余裕を作ることは良いことだと経験上わかっているので、ツイッターをやめることで今よりも気持ちの良い日々がおくれるのは間違いないと思っています。。

ツイッターをやめるデメリットは無い

ツイッターをやめるデメリットは無いと思っています。

今までやめられなかったのは、ツイッターをやめると旬の話題についていけなくなるという不安が少なからずあったからです。

でも実際はそんなことはありません。

ツイッターをやめた分、他のことに時間を使えるわけですし、情報が欲しければ勝手に取りにいくでしょうし。

つまらない不安だったなぁと思います。

ツイッターを1週間程やめてみた結果

先に言った通りツイッターを見ていると、疑問に思うツイートが目につきます。

そんなツイートに「いいね」や「リツイート」が大量に付いていると、

  • 私にとっては素晴らしいどころか疑問に思うツイートが世間では評価されている
  • 自分は世間とズレているのか、同調するのが正なのか

という感じで、自分にとっては何じゃこりゃって思うツイートを受け入れる理解を持たないといけないのか、という葛藤が生まれて息苦しいんですよね。

少なからず他人の考えに左右されてしまっていて、自分の考えを持って気持ちよく自分を納得させられない。

ツイッターを見ているとそんな気持ちだったのですが、ツイッターを見なくなってからは、自分の考えしかないので、自分を信じてやってみる→間違いに気付いたら軌道修正、といったごく当たり前のことが気持ちよく出来るようになっている気がしています。

そして、ツイッターを見ていないから情弱になる…なんてことも感じられないので、今のところ考えていた通りツイッターをやめたデメリットは感じられません。

まだ1週間ほどなので何とも言えませんけど、私のように平凡な日常を求める人はツイッターにストレスを感じているなら、思い切ってやめてみても良いのではないでしょうか。

それにやめると決める必要も無いと思っています。

先日まではツイッターを見ていて「どうなっとるんじゃ!この世の中は!見ていてうんざりするからもうやめる!」という気持ちになっていたのですが、1週間程ツイッターをやめると、やめると決める必要はなく、見たくなければ見なければ良いし、見たくなったらまた見れば良い、という呑気な気持ちにもなってきました。

でもまぁ1週間ツイッターを見ずにいると、先にも書いた通り時間と気持ちに余裕が生まれて清々しいので、しばらくはツイッターはもういいかなと思っています。

ツイッターでお付き合い頂いている方へ

ツイッターに対して批判的なことを書いてきましたが、そうは言ってもツイッターをしていたからこそあった出会いもあります。

せっかくのご縁なのでアカウントは残しておこうと思っています。お付き合いは是非続けさせて頂ければと思いますのでよろしくお願いします。

ただ、ツイッターを見る頻度は低くなりますから、コメントやDMを頂いてもレスポンスは遅くなると思います。何か違う形でコンタクトが取れると良いのですが…。

ということでツイッターはしばらくやめます!

さよなら!

ABOUT ME
Pench(ペンチ)
Pench(ペンチ)
40歳/会社員/娘1人/関西人/ジャンルを問わず思ったことを書く日記にようなブログです/趣味:筋トレ・ゲーム・娘との時間

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください