ブログ

99%のブロガーが知らない!!月50万円稼ぐブログの仕組みづくり  比嘉研仁(ヒガシーサー)

本を読む女性

 

目次

  1. 冴えないブロガージェームス
  2. ブログの本質ってなに?
  3. 引き算のブログレシピ
  4. ジェームスの目指す生き方
  5. キーワードレシピでブログにアクセスを呼び込もう
  6. エムドナルドのハンバーガー
  7. ページビューを追うのは無意味
  8. ブログのPDCAサイクルの回し方
  9. 行動を引き算する
  10. 本書のまとめ

未だにブログの運営については、悩ましいと思っている筆者です。

いろんなブログに関するサイトを見たり、少しは書籍を読んでみたりしたのですが、結局よくわからない。

難しいことは気にせずにとにかく書くんや~みたいな考えの人もいれば、テクニックをきっちり考える人もいる。

一言で簡単に伝えてくれているんだろうけど、結局よくわからないんですよね。

 

この本の特徴

冴えないブロガーのジェームスに、スティーブという謎の男が、ブログの運営についてレクチャーするという、ストーリー形式の内容となっています。

実は序盤の方は、読んでいて何じゃこりゃって思っていたのですが、終盤ではいつの間にか、そのストーリーにのめり込んでいました。

のめり込んでくると、ジェームスが悩むことを自分のブログに当てはめて考えてしまいます。

これまでに読んだものは、大体が「そのやり方がわからないから困ってるんやないか」という感想で終わってしまう。

この本は、難しいテクニックが書いてあるわけではなくて、ブログと向き合う姿勢みたいなものをメインとして書かれていると、僕は感じました。

それが、ストーリー形式であることで考えやすくなっているのかなと。

 

冴えないブロガーが考えるべきブログレシピ

少し紹介しちゃいます。

冴えないブロガーのジェームスは、スティーブから以下のブログレシピを書くように求められる。

ブログレシピ

  • ブログで手に入れたい未来
  • ブログに期待する結果
  • 現在運営しているブログの人気記事
  • 人気記事が人気の理由
  • あなたの大好きなこと・得意なこと
  • 好きなことで、あなたがこだわっていること
  • 好きなことで、あなたにしか語れない体験
  • あなたが好きなことで、日頃から読んでいるブログ、雑誌、本
  • 好きな情報元に期待する内容
  • なぜそのブログや雑誌が好きなの?
  • そのブログで「あれ?この内容はなんか違うぞ」と思った記事や情報は?
  • あなたが今「好きでいること」は初心者の頃どんなことに苦労しましたか?
  • その苦労を飛び越える秘訣はなんですか?
  • あなたのブログを読むことで、読者さんが得られるメリットはなんですか?
  • あなたのブログを読むことで、読者さんが得られる特別な体験はなんですか?
  • あなたが好きで読んでいるブログや雑誌と比べた時、あなたのブログの強みはなんですか?
  • ブログの読者さんは誰ですか?

 

箇条書きにしてみると多いなぁ・・・。

しかし、筆者のようにただ漠然とブログを書いている人は、このブログレシピの内容を明確にできるように心掛けるといいかもしれません。

何度も言いますが、これまでに見てきたブログ指南には、気合いと根性、テクニックを推してくるものばかりでした。

それはそれでいいとは思うんですが、この本で気付けたことは一言でいうと、そもそも自分が何をしたいのかをきっちり理解しなければいけないということだと思うんですよね。

テクニックが必要になるのは、その次のステップじゃないかなと思う。

 

[st-kaiwa1]どうすれば、PV伸びるんだろう?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa8 r]そもそも何のブログを書いているんだい?[/st-kaiwa8]

[st-kaiwa1]えっ、何のブログって・・・何だろう[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa8 r]コイツあかんな・・。[/st-kaiwa8]

 

何をしたいのかがわからないと、どうすればいいのかなんて考えれるわけがない、という当たり前のことを意外と気付けなかったりするんですよね。

これってある意味、一番大事なところだと思うのですが、この大事なところから目をそらして、いきなり書き方やテクニックに走ってしまうことが多い。

そんな中、まずは自分が何を書きたいのかを真剣に考えるべきだと、気づかせてくれる本でした。

 

引き算

僕の好きな考え方、「引き算」。

実は、書きたいことは山ほどある。でも全部を書いてしまっては、読者が欲しい情報を見つけるのが困難になる。そして、他のサイトへ行ってしまう。

だから、好きなことは一つに絞って、読者にとってわかりやすいサイトにすると良い、という感じ。

 

読者が何を求めているかを真剣に考えないといけないということを気付かせてくれました。

この手のことは、実は他でもよく目にします。

今までは、そりゃそうだよなぁって気持ちで見てきた「読者目線」という考えですが、なぜかスルーしていました。

自分の情熱が表現できれば、自ずと読者はついてくると思っていたからです。

しかし、それができていないことは、結果が物語っています。

そんなこともあって、読者のためになる書き方を考えないといけないと、改めて気付いたわけです。

その一つの手段として、引き算の考えがある。

例えば、テーマを一つに絞ること。

筆者にとっては、すごく難しいことなのですが、頑張って考えていこうと思う。

それを難しくさせるのは、何を書きたいか、何が好きなのかがわかっていないから。

 

といったごく当たり前のことなんですが、それを素直に気付かせてくれるあたりが、この本のいいところなのかなと思います。

かたい言い回しではなく、ストーリー形式であることが、表現を柔らかくし、楽に気付かせてくれているのでしょう。

 


本・書籍ランキング

ABOUT ME
Taka
30代/既婚/娘1人/夢は脱サラ。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)納得がいく人生を送れるように日々試行錯誤しています。仕事、育児、ブログなど幅広いジャンルで記事を書いています。最近は1に育児、2にブログ、3に仕事というライフバランスです。