Wordpress関連

ワードプレス SEO対策の為にパーマリンクの設定を今すぐしよう!

お茶をしながらPC作業をする画像

早いもので、ワードプレスで本サイトを作り始めてから4ヵ月が経ちました。

ぼーっとネットを眺めているとパーマリンクの設定についての記事が目に入ってきました。

この4ヵ月、パーマリンクというものを意識していませんでした。

ネットでパーマリンクに関するページをいくらか拝見させてもらいましたが、初期に設定すべきとのこと。知らなかった…。

パーマリンクとは

詳しくはググって頂きたいのですが、これのことです。

URL_パーマリンク部分画像

赤枠の部分のことで、ここは投稿ページ固有のものになります。

この部分を意味のある単語にしておくといいですよという話。

WordPress導入時はデフォルトでIDが入るようになっているらしい。ID表記ではこの部分を見ただけでは何に関する記事かがわからない為、記事のキーワードとなる単語を入れると良いようです。

ちなみに私が愛用するテーマGraphyでは /%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/となっていました。この場合、記事の修正時に投稿日時が変更された場合、URLが変わってしまいます。URLが変更される際の問題点については後述しております。

パーマリンクを意識する意味は?

SEO対策です。この一言に尽きます。

導入初期に必ず設定すべき。

途中で変えることによる問題点については後述します。

どんな設定にするといいのか

いくつかのページを見させて頂きましたが、私が見たページですといずれも以下が進められていました。

/%category%/%postname%/

これは記事のURLに”カテゴリ名”と”記事タイトル”が自動で入る設定になります。

この形がSEO的にいいようです。

パーマリンクの設定方法は?

「設定」→「パーマリンク設定」と進みます。

パーマリンク設定箇所画像

「カスタム構造」にチェックを入れ、右の枠の中に/%category%/%postname%/を入れ、「変更を保存」ボタンを押せば完了です。

※上記画像の” /%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/ “の部分です。

ただしこれで終わりではありません。次にカテゴリーの設定の設定をする必要があります。

Graphyでは /%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/となっていますが、これだと投稿日時が変わった時にURLが変わってしまうことになります。URLが変わる問題点については後述します。

カテゴリーの設定

「投稿」→「カテゴリー」と進んでください。

カテゴリ設定画面

画像は、既存のカテゴリーの編集画面になりますが、新規で作成する場合も同じです。

名前は、カテゴリー名。

赤枠で囲った「スラッグ」が%category%に入るワードとなります。ここにカテゴリーに関するキーワードを英語でいれましょう。

デフォルトではスラッグは名前と同じ日本語表記になっています。(名前が日本語記載である場合)

なぜ日本語ではダメなのか。これもSEOの絡みです。魔法の言葉SEO…w

詳細はWebで!

パーマリンクの使い方

パーマリンク編集箇所

画像の編集ボタンを押すと、赤枠の部分が編集できるようになります。

%category%部分は先ほどのスラッグが自動で入ります。

%postname%部分には、その投稿の記事タイトルが入ります。もちろん日本語表記であれば日本語が入ります。

先ほどの日本語表記はSEO的によろしくないとの理由から、ここで英語表記に編集しておく必要があるというわけです。

注意事項

サイト運営途中でパーマリンクの設定を変えるとどうなるでしょう。

これまでに投稿した記事のURLが変わります。

どういった不都合があるかというと、

  • ブックマークに入れてくれていた人が急に表示できなくなり困る
  • リンクされていた場合は、そのリンクが切れる
  • これまでのSNSでのシェアが全て無駄になる

こんなことが起きます。

また、それらの修正をするのも相当大変だと思います。

ですので、導入初期にすべき設定とされています。

 

まだの方はすぐに設定しておくといいと思いますよ。

 

ABOUT ME
Taka
30代/既婚/娘1人/夢は脱サラ。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)納得がいく人生を送れるように日々試行錯誤しています。仕事、育児、ブログなど幅広いジャンルで記事を書いています。最近は1に育児、2にブログ、3に仕事というライフバランスです。