雑記

【ネタバレ】ワンピース最新巻(86巻)を読んだ感想

onepiece86

 

こんばんわ。

ワンピース大好き、えなるぴー(@nrpxxxx)です。

 

すっかり最新巻(86巻)の発売のことを忘れておりまして、昨日の仕事の帰りに、閉店間際の本屋さんに猛ダッシュで駆け込んで買ってきました。

帰宅を待ちきれず、いい歳こいたおっさんが、電車の中でさっそく開いて読む始末。

 

いや~やっぱり面白いね!ワンピース。

 

前巻は、麦わらの一味が、ビッグマムにハメられそうになっているジェルマ66を助けるべく、ビッグマム暗殺を狙うカポネ・ギャングヘッジと手を結び、いざサンジとプリンの結婚式へ!というところで終わっていた。

 

ということで、最新巻86巻を読んで思ったことを書き殴ってみます。

 

ちなみに、ネタバレと書いておきながらアレなんですけど、筆者はコミック派で、ジャンプは読まないので、コミック以上のネタバレは勘弁してください(‘;’) 勝手ですいません・・。

 

尾田栄一郎先生って頭いいなと思うシーン

少年漫画でありながら、的を得た理屈っぽいセリフが、ワンピースには多々ある。

今回も、なるほどなって思うシーンがあった。

 

対ビッグマム戦でルフィに加勢しようと命を掛けようとするジンベイ。アラディンが心配していることに対して言った、ジンベイのセリフ。

ジンベイのセリフ

 

ルフィについていくと決めているなら、四皇との闘いを避けることはできないという前提で、それが今なのか、後なのか。いずれにせよ、命を危険にさらすことは免れないという考え。

 

こういう考え方って、冗談抜きでわれわれの日常生活の中でも必要なことだと、いつも思ってます。今を悩んでいる人が、「やる」と決断するための考え方。

こういった大人びた理屈が、ちょいちょい入ってくるから、ワンピースって大人にも人気があるんだろうなと思う。

 

サンジワールドが復活。男はみんなサンジを真似ればいいと思う。

最近、比較的登場シーンが少なかったサンジですが、この86巻ではいよいよサンジワールドが復活してきた。

 

女好きで格好良いサンジが帰ってきた。

 

サンジは男のロマンと言っても過言ではない。

そう思うでしょう、男性諸君。

 

そんな激アツなサンジが今回は見れたので、熱く語ってみたいと思う。サンジがやってくれたぜ・・。

 

 

サンジとプリンの結婚式にて、誓いのキスをする瞬間に、プリンがサンジを殺害するというシナリオになっていた。

そして、いよいよ誓いのキスをする時がきた。

 

プリンがサンジを殺そうとした瞬間に、サンジがプリンに言った一言。

IMG_1849

 

サンジって、敵であろうがなんだろうが、女性には優しい。

女性は、やっぱり「可愛い」とか「キレイ」って言われると、心の底から嬉しいもんなんですかね?

 

筆者も実は、たま~にですけど、イケメンって言われることがある(きっとお世辞・・)

その時は、「はいはい」としか思わないだけど、女性はやっぱり違うのかね。

 

筆者は、昔からサンジの大ファンでして、筆者自身もサンジのマネして女子には優しくしてしまうし、職場で仕事でいろいろあった女性を悪くいうおっさんに、堂々と可愛らしくていいじゃないっすか~なんて、本気で言っていたりします(笑)

そしたら、「お前頭おかしいんちゃうか」みたいな感じになるけど、筆者は心の中で「こいつは小っちゃい男やなぁ」って思ってたりする。

筆者の身体には、サンジのソウルが染みわたっている。

 

世の男性諸君は、サンジを見習って女性にやさしく生きよう。

 

女性に優しくない男は、生きる価値がない男だ。

 

ちょっとここら辺は抜けてるなぁって思った話

さっき、尾田先生は頭いいなぁって言ったところですけど、個人的には結構大事なところで、これはちょっとって思うところがあった。

 

ビッグマムの暗殺につき、入念に作戦を立てていた。

作戦は、簡単に言うと、マザー・カルメルの写真をたたき割ることで、衰弱するビッグマムに、猛毒ガス弾”KXランチャー”をぶち込むというもの。

1発でも充分な威力と見込んでいながら、予備の2本と合わせ、計3本用意しているという、万全な準備。

それにも関わらず、いざその時に、何でそんな軽率な行動をしちゃうんだよって思ったシーン。

 

KXランチャー発射

KXランチャー発射!

 

作戦失敗

 

・・・そして、失敗。

ていうか、予備の意味ないやろ(笑)

予備なんだからさ・・・時間差で撃つとか、失敗の時のために1本は残しとくとかさ、そういうのあるやろ!

相手が四皇のビッグマムなので、失敗は許されないってのもあるかもしれないけどさぁ・・・なんかちょっとチープな感じで残念な終わり方だったなと。

 

今回の泣きどころ

ワンピースは、笑いとアツさと、お涙ちょうだいの三拍子があるから、面白い。

本巻は、少し大きく動きがあったこともあって、うるっときたシーンがあった。

 

子供の頃より、家族(ヴィンスモーク家)から酷い仕打ちを受け続けてきたサンジ。

ビッグマム海賊団とジェルマ王国の政略結婚の為、捨て駒とされたにも関わらず、ビッグマムにハメられた家族を救おうとする優しきサンジ。

 

今回、死を覚悟したレイジュが、笑顔で言ったセリフで、おっさんはうるっときてしまった。

 

レイジュ

 

あかん、これはあかんやつや・・。

こういうのヤバイ。おっさん泣いてまうやないか・・

 

ワンピースって、死を覚悟した瞬間に、笑顔でありがとうって言うシーンが多い気がする。

その度に、筆者は目頭が熱くなる。

 

死を覚悟した瞬間とか、死の瞬間が立派な人って、やっぱり格好いいなって思う。

それはワンピースだけではなく、他のマンガとかにでも言えること。

人間は死ぬ時にこそ、その人の本当の器量を知ることができるのかもしれない。

きっと筆者はダサダサだと思うけど(笑)

 

最後に今回の激アツシーン

いよいよ、四皇ビッグマムとの戦いの火ぶたが切られたということもあって、今回はアツいシーンがありました。

優しきサンジが救ったことで、本来の力が解放されたジェルマ66。

 

ジェルマ66

 

そして、作戦失敗直後のピンチをひとまず救ったジェルマ66。

ジェルマ66-2

 

この画から読み取れるのは、こうでしょう。

  • イチジ(SPARKING RED) VS カタクリ(シャーロット家次男・懸賞金10億5700万)
  • ニジ(DENGEKI BLUE) VS オーブン(シャーロット家4男)
  • レイジュ(POISON PINK)VS スムージー(シャーロット家14女・懸賞金9億3200万)
  • ヨンジ(WINCH GREEN)VS ダイフク(シャーロット家3男)

 

厄介な相手は、ジェルマ66がやってくれる!

何かこういうの好きなんですね。誰と誰が戦うのかって想像する感じ。

 

ところで、次男から4男まで出てきたけど、長男って誰だっけ?もう出てきたっけ?

と、調べていたらとっくに出ていました。

 

シャーロット家長男は、ペロスペロー。

C家長男ペロスペロー

 

いまいちパッとしない存在。

しかし、意識して見てみると、意外と重要な場面では出てくる。

 

  • ルフィとナミがホールケーキ城内、囚人図書室に閉じ込められた時
  • 結婚式でジェルマ66を身動き取れなくした時
  • 大頭目(ビッグ・ファーザー)の大砲からビッグマムを飴の盾で守った時

 

などなど、実は地味にいい仕事をしている。

でも、どちらかというと戦闘タイプではなく、そういった補助タイプなのかなという感じ。

 

最後の最後に

次巻(87巻)では、ビッグマム編が大詰めとなってくるんでしょうか。

この記事を書きながら、少し振り返ったりもして気づいたことが。

 

玉手箱の存在

 

コミック84巻の848話で、玉手箱が唐突に触れられている。

そんなこと、忘れていたけど、今回改めて玉手箱の話が出てきた。

終いには、この乱戦のどさくさに紛れて、結婚式に招待された、闇金王ル・フェルドが玉手箱の中身をすり替えて奪おうとすらしている。

ビッグマム編の話を肝になり得るほどに、キーになる物なのかもしれません。

 

玉手箱といえば、浦島太郎で蓋開けてみたらおじいちゃんになったというアレですけど、ワンピースでももしかすると・・・。

ってことだとひねりがないので、たぶん違うとは思うけど。

 

ワンピースって、至る所に未来につながる小ネタが落ちてたりするので、一コマ一コマをすごく注意して見てしまう。

そして、あとになって、あの時のアレか!って気づくことが、ワンピースの一つの楽しみ方でもある。

 

今後もワンピースに期待していきましょう。