雑記

ディーン主演のモンテクリスト伯が面白いと聞いて見た結果・・

どうも!Takaです!

うちの奥さんはディーンフジオカの大ファンでして

ワイフ
ワイフ
ディーンフジオカ格好良い!どっかにディーンフジオカみたいな人いないかな
僕
(居るわけないだろ・・・)
ワイフ
ワイフ
ディーンフジオカが私のこと好きでキスされた夢見た!
僕
アホやコイツ・・・

こんなことばかり言っています。

今季放送されているディーンフジオカが主演のドラマ「モンテクリスト伯〜華麗なる復讐〜」もばっちり見逃さずに見ています。

そんなうちの奥さんがあまりにもアピールするものだから、僕もモンテクリスト伯を見てみたんですが・・・

これはめっちゃおもろいな、これ!

普段、僕はあまりドラマを見ない方なのですが久しぶりにハマったドラマがあります。

久しぶりのヒットだったものですから、モンテクリスト伯の感想やドラマの概要などなどを紹介してみたいと思います!

ディーンフジオカの変貌っぷりに興味をそそられた

第一話は真剣に見ていなかったのですが、テレビで流れているのを少しだけ見ていて「今回のディーンフジオカは漁師とか男臭い役なんだなぁ。これはミスキャストじゃないの?」と思っていたのを覚えています。

こんな男前な漁師普通おらんやろ・・みたいな。

その後特に気にしていなくて、第二話は普通に見ていませんでしたが、先日の第三話でディーンフジオカが変貌を遂げていた(かなりのイケメンに変わった)のを見て「漁師やってたのがなぜこんなイケメンの大金持ちになった!?」とめちゃくちゃ気になったんですね。

モンテクリスト伯−ディーンフジオカ1

↓↓↓この変貌ぶり

モンテクリスト伯−ディーンフジオカ2※画像はフジテレビのホームページから拝借しています。

既にハマっていたうちの奥さんにあらすじを聞いてみると、ディーンフジオカの格好良さとモンテクリスト伯の面白さをあまりに熱く語るので、ますます気になり始めまして気付けばいつの間にか僕もどっぷりハマりました( ´ー`)フゥー...

「モンテクリスト伯」は毎週木曜日の夜10時からフジテレビ系列で放送していますので、よかったら一度見てみてください。

キャスト

キャストについてはテレビ音痴の僕としては、豪華!という感じではないような気がしてます・・(失礼だな!)

  • 柴門暖 ➠ ディーン・フジオカ
  • 柴門恵 ➠ 風吹ジュン
  • 目黒すみれ ➠ 山本美月
  • 南条幸男 ➠ 大倉忠義
  • 神楽清 ➠ 新井浩文
  • 神楽留美 ➠ 稲森いずみ
  • 入間貞吉 ➠ 伊武雅刀
  • 入間公平 ➠ 高橋克典
  • 入間瑛理奈 ➠ 山口紗弥加
  • 入間未蘭 ➠ 岸井ゆきの
  • 守尾信一朗 ➠ 高杉真宙
  • 守尾英一朗 ➠ 木下ほうか
  • 安堂完治 ➠ 葉山奨之
  • 江田愛梨 ➠ 桜井ユキ
  • 土屋慈 ➠ 三浦誠己
  • 寺角類 ➠ 渋川清彦
  • ファリア真海 ➠ 田中 泯

登場人物の相関関係はドロドロしています。

こちらのページを見てもらうとわかりやすいと思います。

まだこのドラマを見ていない人は、この相関関係を最初に見ておくと内容が頭に入って来やすいかもしれません。

ドラマの概要とあらすじ

『モンテクリスト伯』のドラマの概要です。

主演は、香港、台湾などアジア圏の活動を経て、日本に新星のごとく現れた逆輸入俳優として活躍しているディーン・フジオカ。これまで、端整な顔立ちで精悍(せいかん)な魅力を放ってきたディーンが、今作では次々と華麗で緻密な罠を仕掛ける復讐鬼を演じます。
そして、復讐の矛先となる主要人物を演じるのは、大倉忠義、新井浩文、高橋克典の3人。さらに、ストーリー展開の重要な鍵を握るヒロインに山本美月と実力派俳優陣が集結しました。複雑に絡み合う混とんとした人間模様をより盛り立てていきます。
今作の演出を手がけるのは、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた西谷弘。緻密に計算されたインパクトのある演出に定評がある西谷が、複雑な関係性を紡いでいく人間ドラマにどのように息を吹き込んでいくか、期待がかかります。
また、物語に網の目のように張り巡らされた数々の伏線に絡みつく多彩な登場人物も見どころのひとつ。主人公を死の淵から助け出す“謎の老人”、誰にも言えないおぞましい過去を持ついわく付きの女性や、遺産を巡り恐ろしい謀略をめぐらす悪女など、毎回のストーリーを複雑かつ巧妙に展開させていく個性豊かなキャラクターたちが続々登場します。
名作復讐劇の決定版を完全ドラマ化。

>>> 出典:モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― – FOD – フジテレビの動画配信サービス

ざっくりとあらすじを言っておくとこんな感じです。

ディーンフジオカが演じる紫門暖が仲間にハメられる。その後数年にわたり監獄での生活を送るが、そこで出会った元大統領のファリア真海から暖が監獄に入れられた本当の理由を聞かされる。
復讐を決意した暖は、ファリア真海から様々な知識と教養、そして莫大な財産を受け継ぎ脱獄した。
脱獄後は「モンテクリスト真海」と名乗り、暖を監獄に陥れた人間達への復讐を実行していく。
 

謎が多い(ちょっとネタバレ)

第三話は謎だらけの展開でした。

復讐を企む暖がパーティと称して、新しく買った別荘に復讐するメンバーを招待しました。

メンバーはこんな感じ。

  • 自分を監獄へ入れた入間夫妻
  • 監獄行きへのキッカケを作った神楽夫妻
  • 暖の結婚相手を奪った南条幸男
  • 昔、その別荘に空き巣で入った秘書(土屋)

神楽妻(神楽留美)は別荘に着いた途端に何かに怯えるように様子がおかしくなる。

理由は昔、この別荘で出産をした直後にその子供を庭に埋めたから。

そこには入間公平の姿もあった。

その子供が入間公平との間に産まれた子かどうかは、実際のところはわからない。

また、子供を埋めるところをたまたま空き巣に入っていた秘書が見つけて、こっそりと掘り返して連れ出したが、子供はすぐに息絶えてしまった・・・。

入間公平と神楽留美の関係がわからないし、再会がただの偶然なのか暖の復讐に関係があるのかがわからない。

なぜ、空き巣に入った土屋を秘書として雇ったのか。暖の復讐と何の関係があるのか。

第三話は唐突過ぎる展開が多過ぎて、第四話以降が気になって仕方がないですね。

原作は”アレクサンドル・デュマ”のモンテクリスト伯

実はモンテクリスト伯はオリジナルのドラマではなくて、原作があるんですね。

原作はこちらのアレクサンドル・デュマのモンテクリスト伯になります。

もともとはフランスの話で、18世紀のフランス革命(ナポレオン)の時代の話になるそうです。

1844年〜1846年にフランスの「デバ」という大手新聞で連載されていたらしいです。

また日本では明治時代に「巌窟王」という名前で、当時の新聞「萬朝報」に連載されていたようです。

モンテクリスト伯は古い話なんですね。

見逃した人はFODですぐに見れる!

モンテクリスト伯は、既に第三話まで終わってしまいましたが、フジテレビの動画配信サービス「FOD」で見ることができます。

月額888円(税抜)ですが、Yahoo!JAPANのIDで登録すれば最初の31日間は無料です。

FODは、ドラマだけに限らずバライティやアニメなども含めて、過去にフジテレビ系列で放送された5000タイトル以上の番組が見放題のサービスです。

また、番組だけでなくFRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックを読むことも出来ます。

見てみたい過去作品を決めた上で、無料期間で見まくるというのも1つの手かなと思います。

無料期間だけでも、ぜひ試してみてください。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

あわせて読みたい
モンテクリスト伯の最終回の感想。入間への復讐だけが強烈だったと思う。ドラマ「モンテクリスト伯」が最終回を迎えました。 全話の平均視聴率は6.2%、最終話の視聴率は6.8%とのことで、個人的にはすごく面白...
ABOUT ME
Taka
30代/既婚/娘1人/夢は脱サラ。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)納得がいく人生を送れるように日々試行錯誤しています。仕事、育児、ブログなど幅広いジャンルで記事を書いています。最近は1に育児、2にブログ、3に仕事というライフバランスです。