節約

生活費を切り詰めるためにやったこと3選!

退社が刻一刻と近づいてきているせいか、お金のことばかり考えてしまいます。

退社後、少しの間はお金に苦労するかもしれない。

そう考えると、無駄使いをやめようと考えるわけです。

僕はお金を節約することが、実は割りと好きだったりします。

質素な生活って嫌いじゃないんですよね。

僕は学生時代、電車賃がなくてお寺で一晩寝て過ごしたことがありました。

朝になって、友人を訪ねてお金を借りて電車に乗って帰ったんですけどね(笑)

昔話はさておき、最近実践した節約術について紹介してみたいと思います。

結構、お金が浮きますよ。

タバコをやめた

今年に入ってからタバコをやめました。

まだ二ヶ月ですけど、この調子で今後も吸わずにいられそうです。

タバコを吸う量は大体2日で1箱程度で、いつも吸っていたタバコは1箱460円だったので、これから計算すると以下のお金を節約できたことになりますね。

1日 230円
1ヶ月(30日計算) 6900円
1年 8万3950円

喫煙者としては、2日で1箱っていうと少ない方だと思うのですが、それでも年間で83,950円も使っていたんですね・・驚きです。

1日1箱吸う人の場合は、年間で16万7900円もタバコ代に使っているんですよ。

しかも、タバコ代はこれからも上がるのは間違いないでしょう。

身体のためにも、生活費のためにもタバコをやめるのはメリットしかありません。

まぁやめるのが難しいのは、よくわかっていますので、気持ちはお察し致しますが・・・がんばりましょう。

あわせて読みたい
タバコをやめるコツと禁煙して思うこと2018年が始まって、早いもので3週間が経ちそうです。 今年の抱負で掲げたものの1つで、「タバコをやめる」というものがありました。 ...

格安SIMへ乗り換えた

もともとソフトバンクだったのですが、思い切ってLINEモバイルに乗り換えました。

あわせて読みたい
乗換−アイキャッチ
ソフトバンクを解約したらスマホ使用料が10万円以上節約できた話! まだスマホ代に高いお金を払っているんですか? 大手キャリアのスマホ代は、はっきりいってすごく高いです。 生活費を削減するために、...

この記事で紹介しましたが、もともとソフトバンクの時は1ヶ月で約6300円も払っていたんですね。

それがLINEモバイルでは、1ヶ月1690円になりました。

しかも、うちは夫婦揃って乗り換えたので2倍の節約になります。

節約できたお金は以下の通りです。

1ヶ月 9220円
1年 11万640円
  • 1ヶ月間 (6300円-1690円)×2人=9220円
  • 1年間 9220円×12ヶ月=11万640円

年間で11万640円の節約になりました。

これは夫婦そろってという話ですが、1人でも年間5万5320円の節約ですよ。

もともとの約6300円は月によって変わるので、誤差は出ると思いますが概ねこんな感じでしょう。

しかも、僕の場合はほぼ通話は使っていなかったので、料金は安い方だったと思います。

安く見ても11万640円ですよ。

面倒だと思わずに、早く格安SIMへ乗り換えてしまいましょう。

LINEモバイルのページ

水を楽天でまとめ買いした

タバコをやめてから水を飲むようになりました。

しかしですね、水代ってバカにならないことに気が付きました。

今までは、タバコのお供にコーヒーを飲んでいて1本120〜140円払っていたのですが、それに比べたら水の1本100円なんか安いものだと思っていました。

いやいや、500mlの水1本100円は高いですよ。

僕は水を買ってすぐ飲み切るわけではなく、持ち歩いて飲みたい時に飲むというスタイルです。

それであれば、家で箱買いして持っていけば良いんじゃないかと考えたわけです。

僕の場合は、楽天市場でこれを買っています。

Amazonでは500mlが48本で2,380円です(2018年5月20日現在)

よって、1本あたりの金額は約50円です。

しかも上で紹介したものは「@Rakuten24」で販売されているもので、今ならクーポンが使えます。

  • 初めてのお客様限定で送料無料クーポン
  • 4000円以上購入で10%OFFクーポン
  • 10000円以上購入で15%OFFクーポン

クーポンを使うとさらにお得になりますね。

家から持って出るのは1日1本になるので、節約金額をまとめると以下のようになります。

1日 48円
1ヶ月 1440円
1年 1万7520円
  • 1日 100円-52円=48円
  • 1ヶ月 48円×30日=1440円
  • 1年 48円×365日=1万7520円

年間で1万7520円の節約です。

・・・というとちょっと地味ですが、もう1つメリットを言わせてください。

毎日、朝コンビニで水を買う手間が省けることも大きなメリットです。

ビジネスパーソンや学生さんなど、朝から活動する人なら朝のコンビニのレジの様子は想像がつくでしょう。

運が悪いと5分程かかったりもします。

店に入って水を手に取り、レジへ足を運んで支払いをする。

この一連の行動は、短く見ても1分はかかるでしょう。

年間365分。すなわち6時間5分も無駄にしているんですよ。

短く見て6時間強です。

大卒で定年まで(22歳〜60歳)働いたとして38年間、この生活を続けるとすると約231時間も水を買うことに費やしてしまうんです。

人生のうち約231時間、人は水を買うことに時間を費やしてしまうのです・・ちょっと大げさか(笑)

時給800円としましょう。

800円×231時間=18万4800円

生涯18万4800円の無駄です。

タイム・イズ・マネー。時間は大事にしましょう・・。

まとめ

以上、僕が節約をしたものでした。

ここに上げた3つを合算すると、以下になります。

1ヶ月 1万7560円
1年 21万720円

年間21万720円の節約になりました。

1つ1つの金額は小さいかもしれません。

節約できる状況に直面した時に、例えば1000円安くなるけど手間がかかる、というような場合、今後も継続して1000円安くなるようなものであれば、1000円をバカにせず、その手間を惜しんではいけません。

節約は、小さな金額の積み重ねで成り立つものだと思った方が良いと思います。

人間は面倒くさがりで、欲が強い生き物です。

どうしても一手間で大きな見返りを求めてしまうのですが、そんなウマい話は無いと思った方がいいでしょう。

 

「小さなことからコツコツと」やで

 

という西川きよし師匠の言葉で締めくくりたいと思います。

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07