働き方

独立したい

独立したい・・。

こんなこと、普通にサラリーマンをやっていると絶対人には言えないのです。

同僚に言うと「は?」っていう反応になるでしょう。

そして、僕自身情けないことに啖呵を切って、こんな生活からは抜け出してやると言わんばかりの勢いで会社を辞めて、生活していけなかったら格好がつかないとビビっているところがあるんですね。

だから僕の身の回りにいる人達には、どうしても独立したいなんて言えない。

 

でもしたいんですよね、独立。

僕は何が不満で会社を辞める決意をしたのかというと、仕事の内容ではないんですよ。

つまらない建前ばかりで、建前に振り回せれている人間ばかりで、まともな会話が成り立たない。

そして、僕の周りには、建前に振り回されている人間に従うしかないと言わんばかりに覇気の無い人間しかいないように見えてしまう。

僕自身におごりがあることも確かだと思うけども、そういったところも考慮した上で、いろいろと考えた。

「でもやっぱり何かおかしいよね。」

僕みたいな人間でもはっきりわかるくらいに、生産性が無い会話が飛び交っていたり、何より根本的にモチベーションが無さ過ぎる。

やる気がないから施策を練る会議があっても、できない理由しか出てこないし、管理職は管理職で自分がやらないものだから他人事のような気の無い発言しかしていないように見えて仕方がない。

挙句の果てに、みんなが仕事に背を向ける始末で、声がかかっても前向きな返事はなく、ぼそぼそっと自信が無さそうに自分はできないから違う人に言って欲しいなんていう、人に平気で仕事を丸投げするような発言を耳にするのも日常茶飯事である。

それは、もはや人として欠けているものがあるという話になる。

何が原因かわからないけども、皆がまともではない状態に陥っていると感じてならないんですよ。

そんな場所に身を置いていると、自分もまともではなくなるだろうし、もしかすると既にまともではないかもしれない。

 

実際に環境の問題かどうかは置いておくとして、僕自身がこんな考えである以上はどこの会社に行っても同じなんじゃないかと思うわけですよ。

そうなると選ぶ道は「独立」しかないでしょう。

独立すれば自分自身の責任のもと、気が合わない人とは付き合わなければいいし、気が合う人であれば心から僕の方から求めるだろうし。

求めてもいないし、気が合わない人と仕事をせざるを得ない今の環境はちょっと息苦し過ぎます。

ということで、リアル(現実)で口にすることはできませんが、ここだけは思い切って正直な気持ちを打ち明けていこうと思います。