雑記

イクメンもどきとは言わせない!パパが簡単にできるたった1つのこと

[chat face="fbc495dfd5d4315a6e3146ffe7d2d4b6.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]どうも。育男です。[/chat]

 

[chat face="fbc495dfd5d4315a6e3146ffe7d2d4b6.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]いきなりですが、僕は「イクメンもどき」かもしれません。[/chat]

 

あなたはどうですか?子育てを頑張っていると勝手に思っている「イクメンもどき」にはなっていませんか?

世のママさんは、大して子育てを手伝わないのにイクメン面しているパパが大嫌いです。つまりイクメンもどきが大嫌いです。

僕はこんなブログを通じて、子供のことを真剣に考えていく旨を発信していますが、そんな僕もただの自己満足であって「イクメンもどき」なのかもしれません。

僕たちパパだって、子供のことを頑張って考えていますよね。真剣に子育てと向き合っているのに「何もしない」とか「何も考えていない」と言われると悲しいですね。

そう言われてしまうと、われわれパパが卑屈になっていき夫婦間に溝ができてしまうので、更に夫婦間の子育てに対する気持ちがすれ違っていくことでしょう。

しかし、ママを責めてはいけません。ママがイクメンもどきを嫌いなのには理由があります。その理由を潰せば、ママはあなたを認めてくれるはずです。

夫婦円満で子育てに取り組むには、僕たちパパがママに誠意を見せなければいけません。

誠意を持っていることは行動で示すしかありませんから、どんな行動を示せばママがイクメンもどきに嫌悪感を抱かなくなるのかを紹介したいと思います。

イクメンもどきと言われたくなかったら自分のことをイクメンと言うな

 

[chat face="man1" name="男性の口コミ1" align="left" border="blue" bg="blue"]僕イクメンなんですよ![/chat]

 

[chat face="man2" name="男性の口コミ2" align="left" border="blue" bg="blue"]僕、育児頑張ってます![/chat]

 

こんな男性に世のママたちは嫌悪感を持っていることが多いのですよ。

僕たちは自分をイクメンと言ってはいけません。ていうかイクメンって言う意味は特にありません。

僕たちは僕たちが思うように子育てを頑張ればそれで良いのですよ。

格好をつけようとか、世間に胸を張って「イクメン」と言えるように頑張ろうとか、そういった不順な動機があるから「イクメンもどき」と呼ばれてしまうのだと思います。

 

[chat face="fbc495dfd5d4315a6e3146ffe7d2d4b6.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]自分がイクメンであると言うのやめよう。それだけで良き[/chat]

 

「そんなこと言ってない」という声が聞こえてきそうですが、例えばママの両親に「小さな子供を世話するのって大変でしょ?」なんて言われたら、あなたはなんて答えます?

 

[chat face="man1" name="男性の口コミ" align="left" border="blue" bg="blue"]父親だから当然です![/chat]

 

とか張り切って言ってないでしょうね?

そこは謙虚に

[chat face="2b56d1e81fe3be427fadfe1ab8d6d649.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]いえ、僕なんか何もしてないんですよ。いつもママが世話してくれているので僕は助かってます[/chat]

と答えましょう。

もし本当にあなたが頑張っていたとしてもです。

世の中のママたちが「子育て頑張ってます!」とか言ってますか。言ってるのをあまり聞いたことがないでしょう。

頑張っていることなんかどうでも良いくらいに、ママさんは子育てと向き合っています。

頑張っていることをアピールできるということは、まだ余裕があります。

だからママはイクメンが嫌いなのです。

 

[chat face="fbc495dfd5d4315a6e3146ffe7d2d4b6.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]アピールしているうちは、まだ頑張りが足りていない[/chat]

 

こう思っておきましょう。

ママを楽にさせてあげよう

 

[chat face="man1" name="男性の口コミ" align="left" border="blue" bg="blue"]僕は皿洗いを毎日している![/chat]

 

[chat face="man2" name="男性の口コミ" align="left" border="blue" bg="blue"]僕は毎日子供と一緒にお風呂に入ってる![/chat]

 

[chat face="woman1" name="女性の口コミ" align="left" border="red" bg="red"]知らんがな![/chat]

 

そんなことはママもやってるんです。

たしかに家事や子供の世話は楽ではありません。大変なことです。だからパパも頑張ってると言いたいでしょう。

でも、ママにとってパパが子育てをする頑張りは特別ではないのです。

だから何をしたから頑張れてるという考えはナンセンスなのです。

じゃあ何をすれば良いのかというと、ママを楽にさせてあげましょう。

楽になることをしてもらって気分を悪くする人はいないと思います。

パパにしてもらって楽になることは人それぞれ違うと思います。

家事をしてもらえると嬉しいと思うママもいれば、子供の相手をしてもらえると嬉しいママもいるでしょう。

うちの場合は、一番効果があったのはママに1人の時間を作ってあげることでした。

https://ikuryman.net/parenting-stress/

[chat face="fbc495dfd5d4315a6e3146ffe7d2d4b6.png" name="育男" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]何をしたとかアピールするのではなく、ママが喜ぶことを考えれば良き[/chat]

つまるところ、ママに喜んでもらえたら、それだけで夫婦は円満、子育ても気持ちよく頑張れるのです。

-雑記
-, ,

© 2020 ブロイキ。