雑記

8月6日で原爆投下から71年が経ったらしい。

原爆投下画像

 

この8月6日で、広島原爆投下から71年が経ったようです。

広島市のホームページを見ると原爆について詳しく書かれています。普段あまり見ることがないのでこういった機会に見てみるといいかもしれません。

いつ投下されたか。死者数は。原爆とは。

■広島に原爆が投下された日

昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。
人類史上最初の原子爆弾が、広島に投下されました。

 

■死者数は

原爆によって死亡した人の数については、現在も正確にはつかめていません。しかし、放射線による急性障害が一応おさまった、昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています。

 

■そもそも原爆ってどんなものか

物質を構成している原子の中心に原子核があります。ウランやプルトニウム原子の原子核に中性子をあて、人工的に壊すと、大量のエネルギー(高い熱や人体に 危険な放射線)が放出されます。原子核がこわれることを「核分裂」といい、この核分裂がごく短い時間に次々と広がると、瞬間的に非常に強大なエネルギーを 生みだします。このエネルギーを兵器として利用したのが原子爆弾(原爆)です。

※出典は全て広島市ホームページになります。

原爆は、ドイツが原爆の開発しているのではないかと疑いを持ったアメリカがその対抗手段として密かに研究された(マンハッタン計画)。2010年1月現在で世界に約7,500発の核弾頭が存在する。これは世界中の人類を滅ぼすほどの規模だという。

なぜこんなものを開発しようと思ったのか。またなぜ他国へ向けてこんなことができるのか。平和の中に生きる私にはとても理解ができない。

被爆者の人生、その想いは。

YAHOO!ニュース:被爆体験への差別超え、添い遂げた妻の思いを継承

ふと上の記事を目にしたんですが、何というか切なくなりますね。

ここに出てくる清子さんは被爆による影響で身体を悪くし、仕事が休みがちになるのを周りから「怠け者」との扱いを受ける。

原爆投下自体を批判したくもありますが、それよりもこのように同じ職場の人たちが、「怠け者」発言をするという何とも情けない人間たちに苛立ちを覚えると共に、私の周りでも体調不良で休む人に対して仮病発言をしている現実があることを思い出し何だかなぁと思っています。そしてそういう私も人によっては、「怠け者」であることを疑ったりもします。いけませんね。

日本は裕福な国ではありますが、国民の優しさ・思いやりに関してはあまり裕福とは私には思えません。

話を戻し、清子さんを支える夫の公照さん。原爆の怖さを伝え続けてきた清子さんをサポートし続け、清子さんが亡くなった後もその意思を引き継いでいる。

こういう人がいないといずれ原爆を知る人がいなくなってしまうんでしょうね。

ただ、後世に原爆が語り継がれていったとしても、その本当の恐ろしさを知る人は必ずいなくなる。だから人間は同じ誤ちを繰り返すのではないかと私は思ってしまいます。

原爆の恐ろしさは私にはわかりません。理解はしているものの体験していないのでわからないと思っています。ただ、人が死ぬということの悲しさについては少しはわかっているつもりです。

原爆に限りませんが、如何なる理由があっても人を殺めるということは許さるはずがありません。しかしながら、人間はそれ正当化しようとすらする。

やってはいけないとわかりきっていることでも、人は大きな圧力や政治的な力に押し潰されそうになった時、有り得ない判断をしてしまうものです。そうなった時でも取返しのつかない過ちを絶対にしてはならないということを1人でも多くの人がこの原爆の話から学んでくれることを祈りたいと思います。

こういった記事を読むと、私も生まれてきたからにはこの世の中に何かを残したい、これから生まれる世代が不幸にならない為のことをしたいと思います。

まずは原爆について知り、小さなことでもいいので自分に何かできることはないかとみんなが考えようとする世の中になってくれると嬉しいですね。

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07