KindleUnlimitedで読める漫画まとめ
Diary

家計について考える。児童手当は有り難い!

1ヶ月ほど前に車を買った話をしました。

9月からローンが始まったのですが、思ったよりも家計を圧迫しておりますw

先日、妻と家計について真面目に話をする機会がありまして、私が家計を管理することになりました。

妻は以前から家計簿をつけると言いながらも、はや1年つけず終いなので、こりゃあやらないなぁ・・・と思ったので満を持して私がやることにしました。

で、9月半ばから早速始めていまして、この10月の家計を見るとまぁひどいということがわかりますね。

とは言っても、私はこういうのは厳し目に計算する性格で、厳しいとは言っても実際はいくらとは言えませんが数万円を預金に回した上で厳しいと言っている状況です。

預金分のお金を家計に回せば事足りる、みたいな考えで家計の管理をしたくありません。

預金分を覗いた額でやりくりしてこその我が家の財務大臣なのです。

児童手当

厳しいという話は一旦置いておいて、改めて銀行口座の入出金履歴を見ていると「10月5日 ジドウテアテ¥40,000」が目に付きました。

そういえば児童手当ってものの存在を忘れておったのですが、そもそも児童手当っていついくらもらえるものなのか、よくわかっていなかったので調べてみました。

うちは大阪市内で5歳の子供が1人なので、15歳まで¥10,000/月、支給は2月、6月、10月にそれぞれまとめて4ヶ月分の¥40,000になるとのこと。

詳細:大阪市:児童手当 (…>金銭的支援>育児に関する金銭的支援)

家計のことを何も考えていなかった時は、正直「月¥10,000かよ・・・」ってな感じでしたが、年間¥120,000もらえるかと思うと侮れない額ですよね。しかも我が家はあと10年もらえるので、この先合計¥1,200,000もらえるんですからね。松井さん(市長)、吉村さん(知事)ありがとうございます。

少し前にはコロナ対策として給付金で我が家は¥300,000もらえましたし、そう考えると政治家のみなさんはよく頑張ってくれてると思いますよ。世論はぐちぐち言っとりますけど。

10月度の現状

ちなみに9月25日〜10月7日までの我が家の支出は↑こんな感じです。

住宅の45%はローンなどで節約不可です。

食費は15%と現状では悪くないと思いますが、まだ10月上旬ですからね。残り約2週間でどこまで膨れ上がるか・・・予想では30%くらいかなと。

所謂エンゲル係数ですが、地域や年代等、いかなる条件であっても大体平均が30%未満のようで、30%いっちゃうと我が家は食費にお金をかけ過ぎということになりそうなので、30%を超えるようなことがあれば食費の節約を考えたいと思います。真っ先に削るのは外食でしょうね。

自動車の14%は全てローン代です。今回が初回だったので少し高くなっているのはありますが、次回以降も少し下がる程度でしかないと思います。まぁこれもどうすることもできませんね。

オレンジ部分は「日用品」のカテゴリで、細かくは見ていませんが、おそらく妻の化粧品代が大半を占めていると思います。トイレットペーパーなどの必需品だけで、さすがにこの割合はないでしょう。まぁ確認すればわかることです。

グレー部分は子供の習い事や妻の美容院代です。子供の習い事は削れないし、妻に美容院に行くなとも言えない・・・。

家計管理の悩み

我が家の家計を見ていると、住宅・車で贅沢し過ぎかなといった印象ですが、もはやどうにもなりません。住宅、車を手放して安価なものに変えるという思い切った手段しか思いつきません。

個人的には、食事や妻の美容関係については「贅沢するな!安いもので我慢しろ!削れ!」と言いたくありません。それを言い出したら生活が息苦しくて仕方がないと思うし、そのせいで夫婦仲が最悪になり家庭崩壊にすらなりかねないでしょう・・・(マジで)

妻の美容関係を削れという前に、私のジム代を削るとか外食を1回我慢するとか、そういうことはできそうです。まぁジムもやめたくないんですけどね。ジムでのトレーニングは私の健康管理への貢献になり、ひいては元気に働き家計を支えることにつながっていくわけですからね。

人生100年時代と言われている昨今、老いぼれてからも働くことになると想定していますが、ジムでのトレーニングの恩恵はその時に実感できると考えています。

妻には言いませんが、ここだけの話、ボーナスから毎月の生活費を少しずつ補填することを考えています。というかそうするしかありません。

ざっくりですがボーナスから毎月¥50,000の補填、半年で¥300,000は計算に入れています。残ったボーナスは旅行代やさらなる預金に回すつもりです。

最近では預金が得策ではないという風潮がありますが、絶対に必要なお金ってある程度見えるじゃないですか。

我が家だと子供が将来私立大学(しかも理系)にいった時のことを想定していて、そこに向けて蓄えているのです(私の子なので行ってもせいぜいそこくらいと考えている)

その蓄えが終わったら、次は我々夫婦の老後の資金です。

私自身、老いぼれても働く覚悟はしているので、老後の資金の蓄えはまだゆるくなると思っていますから、一部は投資に回しても良いかなと思ったりもしています。

とにかく今は子供の養育費を蓄えるのはマストだと考えていますから、預金は必要です。

家計って難しいですね。

ABOUT ME
たかり〜ぬ
たかり〜ぬ
会社員/娘1人/関西人/趣味:ブログ・筋トレ・ゲーム・娘との時間/ジャンルを問わず日々気付いたことを書いていくブログです。少しでもお役立ち情報を発信出来るように頑張りたいと思います。モンハンが好きでモンハンブログも書いてます(以下のリンクから見れます)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください