子育て

自分の育児方針を子供に押し付ける前にやるべきこと

子育てをしていると、いろいろと考えることがある。

その中の1つに「子供の将来」がある。

どんな人間になってもらいたいか。

親であれば必ず考えることだと思う。

いろいろと考えてみると、僕は「自分と同じ後悔をしてほしくない」というところに重点を置いて考えているところがある。

自分がしてきた後悔とは何か。

それは、「やりたいことを見つけられなかった」ということだと思っている。

僕は大学に行かないと就職ができない、という世間の常識を疑いなく受け入れて大学に進学したし、新卒採用を狙わないと就職が不利になっていくという常識にしたがって、卒業後すぐに就職をした。

それもこれも僕には「やりたいこと」がなく、自分の意思を持てなかったから、常識に従うという楽を選んだんだと思う。やりたいことがないから、とりあえず目標だけは決めた、というスタイルで生きてきた。

それが妻子を持った40歳を前にして、大きな後悔になってしまっている。

子供にはこうはならないで欲しいと強く想っていて、「やりたいこと」を見つけられる人間になってくれることを目指して、僕の中の子育て論があるわけで。

 

そうなってもらうには、どうすればいいのかというのはすごく難しい問題で、はっきり言っていくら考えても答えなんかは出てこない。

遊び方1つにしてもそうで、おもちゃをたくさん与える方がいいのか、最小限しか与えない方がいいのか、というのがある。

妻の両親はうちの子が初孫で、すごく喜んでくれているんだけども、喜びのあまりにどうもおもちゃを買い与え過ぎている、というように僕の目には見えている。

1〜2週間に一度くらいの頻度で、両親はうちの子供と会うんだけど、その度にうちにはおもちゃが増えていく。

僕は、どちらかというと限られた物の中で何をして遊ぶのかを考えて欲しいと思う。

何もないところから何かを生み出すことで、創造力が養われたり、自ら何かをしようとする意欲になると考えている。

それに在り来りな話で、何でも欲しいものが簡単に手に入ると思わないで欲しい。

最後に、モノが有りふれた中で生活をするのではなく、何もない中での生活をデフォルトだと思ってもらいたい。これが何に繋がると思っているかと言うと貧乏への耐性になるんじゃないかと思っている。

僕自身は、ある程度の貧乏であれば楽しめる方だと思っている。学生時代がそうだったので。極貧までいくと経験がないのでわからないけど。

モノがない事に慣れるというのは、すごく大事なことなんじゃないだろうか。

 

と、おもちゃは与えない方がいいという意見を主張してきたけども、実は子供へのそういった甘やかしが気に食わないだけなのかもしれない。

 

うちの子が大人になる頃には、結婚をしないことが当たり前の時代がやってくるんじゃないかと僕は想像している。

そうなるとうちの子(娘)は誰かに養ってもらえる保証はないので、自分の力で生きていける力をつけておく必要がある。

というようなことを考え続けているんだけども、最近ふと「これって僕の考えを押し付け過ぎなのかな」と思うことがあった。

「独りでも生きていける力」を養うことは、間違ってはいないような気がするんだけども、そういう観点で子供に接していると無駄に厳しくしているような気がする時がある。

子供は常にやりたいことをやろうとする。その「やりたい」という気持ちを押さえつけるようなことを僕はしてしまっている気がしてならない。

 

子供の顔を見て、楽しそうにしてるなら、それがその時に子供がすべき行動として最適解であったと考えれば、それでいいのかなという気がする。

親としては心配のあまり、いちいち子供がすることに制限をかけがちだけど、それが正しいという根拠なんてどこにもない。

でも子供の楽しいという気持ちには嘘はないと思う。

子供が楽しそうであれば、それが何よりなのかなと思う。

 

僕の考えを押し付けると、子供は僕のようにしかならない、と考えてしまう。

そもそも考えを押し付けていなかったとしても、僕を見て育つとやっぱり僕のようになるんだと思う。子供はどうやっても親のようになるんだと思う。

 

じゃあ子供に立派になってもらいたければ、どうするのがいいのか。

それは、やはり自分が立派な人間にならなければいけないんだと思う。親として、立派な姿を見せてあげることが、子供を立派な人間にする唯一の方法だと、僕は考える。

親は、子供を立派に育てようなんていうおこがましいことを考えるのではなく、まずは自分が立派な人間にならなければいけない、と気付いた。

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07