子育て

【子供のしつけ】自分が楽をしたくて子供を叱っているだけになってない?

自己中心

以前にイライラ期の子供の対応に悩んでいる時に読むといい本を紹介しました。

ストレス爆発!イヤイヤ期の子供と楽に付き合うため読むべき本

 

この話の続きになるのですが、紹介させて頂いた「子どもの「いや」に困ったとき読む本」にはまだまだたくさんいいことが書かれていて、その中で僕が強く印象に残った考え方があったので、今回はそこを掘り下げて話をしたいと思います。

 

うちの2歳の子供に「しつけ」をする時の話です。

「しつけ」をするにあたり、自分が楽をしたくて子供を叱っているんじゃないか、と思ったわけです。

[adsense]

自分が楽をしたくて子供を叱っているだけ

僕たち親が言うことを子供が聞いてくれないと叱りますよね。

でも、ちょっと待ってください。

叱っている本当の理由について一度真剣に考えてみてください。

 

  • ご飯を食べてくれないから
  • 服を着てくれないから
  • お風呂上がりに体を拭かずに走り回るから

 

などなど、こういった時に叱っており、これらにはきちんと理由がある。

ご飯は健康と成長のために必要だから。

服を着ないと出かけられない・風邪をひくから。

お風呂上がりは早く拭かないと風邪をひくから。

 

こういった理由をきっちりもって叱っていると自分では思っているかもしれませんが、その根底には「言うことを聞いてくれないと、自分がいつまでも子供に構わないといけないから」というような自分が楽になりたいという気持ちが入っていないでしょうか。

 

よくよく考えると、僕自身それはあるかもしれないと思っています。

 

例えば、食事中に遊んでしまう子供に「早くご飯を食べなさい!」というのは、果たして子供の為を思ってのことでしょうか。

「行儀が悪い」とか「食べないと健康に育たない」という理由が真っ先に頭に浮かぶかもしれませんが、実は「早く食べてくれないと片付けができないから」という親の都合によるものになっていないでしょうか。

「さっさと家事を終わらせてゆっくりしたい」という気持ちはないのでしょうか。

僕は、間違いなくあると思います。

 

子供の為ではなく、自分が楽をしたいという気持ちが勝っていないかを、僕たち親は自分自身に問わないといけないと思います。

 

子供が歪んだ考えを持つようになる

子供はすごく単純でわかりやすい考え方をしています。

先程の「ご飯を食べてくれない」の例えでいうと、叱られるからご飯は食べないといけない、と考えるようになってしまうと思うんです。

逆に、叱られなければやらなくてもいい、という考えを持ってしまうと思います。

 

「叱られなければやらなくていい」という言葉ですが、親である僕たち自身も考えてみましょう。

仕事ではどうですか?

上司からうるさく言われなかったらやらない、ということはないですか。

夫婦生活ではどうですか?

妻(夫)から不満を言われなければ、気遣いが足りない行動をしていませんか。

 

大事なことを理解していないから、言われなければしなくてもいい、という甘えが生じるんじゃないでしょうか。

 

本来の意味を教えずに、ただ叱っているだけでは、こんな大人になっていくのかもしれませんね。

 

子供には好きなようにさせてあげよう

僕たち親が思っているほど、子供は言葉を理解していません。

これに関しては、「ストレス爆発!イヤイヤ期の子供と楽に付き合うため読むべき本」という記事で、脳の働きの話も混じえて書いていますので、よかったら参考にどうぞ。

 

言葉で説明しても、子供は理解できないんです。

なので、「なんで言うこと聞いてくれないの!」と怒ったところで、子供にはわからないんです。

 

したがって、僕たち親が子供のためにするべきことは、気持ちや姿勢を見せることだと思います。

あなた自身がだらしがないところを子供に見せない努力をしていれば、子供がそれを見て学ぶと思います。

 

見せることが何よりの「しつけ」になると僕は思います。

 

だから、ご飯中に遊びだした子供に、「お行儀が悪いからやめなさい」と言うのではなく、僕たちは普通に食事を続けていればいいんじゃないかと思います。

 

「ご飯の時間だけど遊びたい」という気持ちを受け入れてみましょう。

あなたはどうでしょうか。

スマホ弄りながらご飯食べてませんか?

新聞読みながらご飯食べてませんか?

気持ちはよくわかるはずです。受け入れましょうよ。(やっていいわけではありませんよ)

 

遊び始めたら叱るんじゃなくて、見守ってみます。

実際やってみると、意外とすぐ食卓に戻ってくるものですよ。

子供は親と同じことをやりたがるものです。

 

[adsense]

まとめ

結局、自分の都合で叱ってしまう根本原因はストレスだと思っています。

子供が思うようにしてくれない苛立ちだと思います。

 

しかし、その苛立ちに関して言うと、

そもそも自分が思う通りに、子供がすることが正しいかどうかもわからないんですよ。

 

それに、先程も言ったとおり、子供は言葉がわからないのです。

子供に教えてばかりせず、自分がやって見せればいいと思うんです。

子供に覚えさせるという考え方をやめて、自分が頑張っている姿を見せるのが一番と考えるだけでいいのかなと、僕は思います。

 

あと、どうしてもストレスを感じて辛いのであれば、

「しつけ」のことを考えるのは一旦置いておいて、いつも通りに振る舞ってさえいれば良いと思ってもいいんじゃないでしょうか。

 

子供にあたるのは一番やってはいけないことです。

そうなってしまうくらいなら、辛い時ぐらい何もしない方がマシだと思えばいいんじゃないでしょうか。

 

関連記事

ストレス爆発!イヤイヤ期の子供と楽に付き合うため読むべき本

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07