働き方

仕事で次のステップ&仕事での慢性的な悩み

悩む女性

 

最近、会社で次のステップへの必須となる試験の勉強をしています。
ビジネスマネジャー検定試験の勉強です。

会社を辞めたいと強く思う今日この頃。それにもかかわらずこの試験を受ける意味があるのだろうか(いや、ない)と思いつつも、今後の自分の為になると思いとりあえず参考書を読むことだけはしています。

僕はビジネス書が好きでたまに読んでいますが、この参考書も個人的には割と興味を持ち読んでいます。が、「試験」という意識があると人間、こうも息苦しくなるもんなんですね…。

どんな内容かというと、管理者の部下へのマネージメントについて書かれているものになります。

僕は今、部下という立場でもあるし、上司という立場でもあります。この本を読んでいると、「ダメな上司とは」という例えが出てくるのですが、「ああ、これってあの人(上司)に当てはまるなぁ」とか、「自分もこれやっちゃうなぁ」とか身近な体験に当てはまることが多く、割と楽しんでいます(笑)

上司はどうすることもできないとして、自分はやめないとなぁと思う。

この本に書いてあることが全てではないと理解するが、あくまでも理想は書かれていて、それとはかけ離れた社内の雰囲気を常々感じていて、今の時代会社や上司には期待するべきではなく、あてにできるのは自分自身でしかないと再認識させられている。

 

話は変わってここ数年の仕事での悩み

またここ数年悩んでいることがある。

それは僕という人間性についてである。僕はここ数年少々天狗になっていると思っています。天狗になる根拠は、周りのほとんどの人達よりも明らかに規模の大きい仕事をしていると思える自信があるからです。

ただ、言い変えると誰もやりたがらないような責任を負う仕事をさせられているとも言える気がする。

そんな気持ちが大きくなり、仕事から逃げ続けてきたようにしか見えない人から、僕にとってプライオリティの低い仕事を押し付けられた日には、とても不快になり反論をし、その雰囲気の中には「あなたは明らかに僕より暇なんだからそっちでやってよ」という感じが出ているのではないか、いや出ていると思っている。要するに僕の言葉には皮肉が込められているのである。

僕はこの性格、人間性を変えたいと思っているが、どうしても周りの人達の言い分を受け入れる許容がないことに悩んでいる。

僕の頭の中では、自分の都合でばかり物を言ってはいけない、相手の都合があることを考えないといけない、でも僕にはそれを受けれる許容がない、でも相手には相手の都合が…というようなことがぐるぐる回っている。これが最後には相手が仕事を手放したいがばかりに一方的に僕に押し付けてきているというふうに変換されるのである。

僕自身は、自分の仕事は自分で片付ける、お願い事は無理のない程度で、どうしても無理を言う時は低姿勢で、と心掛けている。

いろいろ考えていると人間関係に疲れ、自分はもしかしたら社会不適合者ではないかと思えてくる(笑)

これは果たして他の会社に行けば変わるのだろうか?いや変わらないと思う。なぜなら、僕はいろいろと考えた結果、これらの根本原因は僕に余裕がないことだと思うからです。

そういうところからいきついた結論は、「他人へ仕事をうまくお願いできるようにならないといけない」ということ。これが今後の僕の課題になりそうです。

他人へ仕事をお願いすると、僕の手から仕事が手放せて負担が軽減できるので気持ちの余裕が出てくると思う。

というように、こんな僕でもいろいろと悩みを抱えているんですよ…。

 

・・・長くなりそうなので今日はこの辺で。

 

ABOUT ME
Taka
既婚/サラリーマン/投資/ゲーム もうすぐサラリーマンを辞めます。家族もローンも抱えていますが、サラリーマンでなくても生活していけることを証明することをテーマとし、ブログを書いています。人生のキーワードはNRP(悔いのない人生)です(造語)2018-01-07